北方ルネサンス

Northern Renaissance

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/5ed2c340b35da44ef310ce86739c0478.jpg

イタリア・ルネサンスと区別するため、ヨーロッパにおけるイタリア以外の国でのルネサンス運動を「北方ルネサンス」と呼びます。より狭い意味では、ベルギーやオランダといった北ヨーロッパにおけるルネサンス運動を北方ルネサンスと呼ぶこともあります。

ルネサンスは14世紀にイタリアで始まった文化運動で、ギリシアやローマ時代の文化を復活させようというもの。イタリアを起点として各国に広まり、アートに関するルネサンス運動をルネサンス美術と呼び、その作品はルネサンス絵画やルネサンス彫刻と呼ばれています。

イタリア・ルネサンスにはない北方ルネサンスの大きな特徴は、初期のキリスト教の価値を復活させようとして、教会の権威への反発活動が起こったこと。プロテスタントとローマ・カトリック教会との対立が長期にわたって続き、この活動はのちの宗教改革へとつながります。

ルネサンス期の画家たちは、自然主義に基づいた写実的な絵を描いています。国によって多様な芸術運動が展開されたため、それぞれを区別するために、ドイツ・ルネサンス、フランス・ルネサンス、イングランド・ルネサンス、ネーデルラント・ルネサンス、ポーランド・ルネサンスといったように、国名や地名で呼ぶことも。
北方ルネサンスの代表的な画家には、ドイツのアルブレヒト・デューラー、スペインのエル・グレコ、オランダのピーテル・ブリューゲル、フランドルのヤン・ファン・エイクなどがあげられます。

関連アーティスト
ヤン・ファン・エイク,ロベルト・カンピン,ヤン・ファン・エイク,ロヒール・ファン・デル・ウェイデン,アルブレヒト・デューラー,ヒエロニムス・ボス,ピーテル・ブリューゲル

関連記事

北方ルネサンスとは?【初期フランドル派編】西洋美術史入門

初期フランドル派とは? 15世紀後半、イタリアで花開いたルネサンスはヨーロッパ全土に波及しました。 アルプスより北のルネサンス運動は北方美術と呼ばれますが、そのうち15~16世紀にネーデルラントで活動した芸術家とその作品群を「初