竹久夢二

夢二竹久        
1884年-1934年
https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/takehisayumeji.jpg
国籍
日本
 
アーティスト解説
竹久夢二は明治末期から大正初期にかけて数多くの美人画を残した、大正ロマンを代表する画家です。
夢二は岡山県で生まれましたが、実家の酒屋が破産したため一家で福岡へと転居します。しかし、幼い頃から絵が得意だった夢二は画家を目指して家出、東京へ上京し早稲田実業学校へ入学します。そして新聞や雑誌に自分の絵を寄稿していた夢二は、情緒あふれる独特な美人画で、一躍流行画家へとのぼりつめます。
夢二は「大正の浮世絵師」などと呼ばれることもあり、彼の描く女性は「夢二式美人画」といわれています。夢二によって日本画の技法で描かれた女性たちは、ゆるやかなS字ラインのポーズをとり、女性の美しさや色気がさりげなく表現されています。そして長いまつげと大きな目、伏し目がちで憂いを帯びた表情は、抒情的な美しさを醸し出しています。
夢二は女性のさりげないしぐさ、表情、手の動き、着物のきこなし、色、といった女性の美しさを、独特な表現で描き続けたのです。
また、書籍の装幀や日用雑貨、浴衣などのデザインも手掛けていた夢二は、グラフィックデザインの草分けともいえる人物です。さらに、夢二の活躍は画家だけにとどまらず、詩人としても有名で、詩「宵待草」には曲が付けられ、全国的な愛唱曲として知られています。
経歴

    1884年 岡山県邑久郡本庄村に、代々酒造業を営む家に父菊蔵・母母也須能の次男として生まれる。

    1899年 叔父を頼って神戸中学に入学するも、家庭の事情により8カ月で中退。同年12月には一家で福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転居。

    1902年 家出し上京、早稲田実業学校専攻科に入学。

    1905年 『中学世界』に応募した『筒井筒』が第一賞入選し、初めて“夢二”の筆名を使う。早稲田実業学校専攻科を中退する。

    1907年 岸たまきと結婚、読売新聞社に入社し時事スケッチを担当する。たまきをモデルに“夢二式美人”が生まれる。

    1909年 たまきと戸籍上離婚。最初の著作『夢二画集 春の巻』を刊行し、ベストセラーとなる。

    1912年 雑誌『少女』誌上に、“さみせんぐさ”の筆名で『宵待草』原子を発表する。

    1918年 東京に戻る。バイオリニスト多忠亮が『宵待草』に曲をつけ、セノオ楽譜から発刊され、全国的にヒットする。

    1931年 新宿三越で「竹久夢生展覧会」を開催する。5月横浜を出港しホノルルを経由してアメリカへわたる。

    1933年 ヨーロッパへと渡り、ドイツ・チェコ・オーストリア・フランス・スイスを巡りベルリンに滞在したのち、神戸に帰国した。渡欧中に日本の雑誌に寄稿し、多くのスケッチを残した。11月帰国後、結核を患う。

    1934年 長野県八ヶ岳山麓の富士見高原療養所に入院し、「ありがとう」の言葉を最後に49歳で亡くなる。

関連作品