ゴッホ展—響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年9月18日〜2021年12月12日
会場 東京都美術館
入場料 一般2,000円
大学生・専門学校生1,300円
65歳以上1,200円
※高校生以下無料(日時指定予約必要)。未就学児は日時指定予約不要です。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要)。
※高校生、大学生・専門学校生、65 歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、証明できるものをご提示ください。
開館時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
休館日 月曜日(※ただし9月20日(月・祝)、9月27日(月)、11月8日(月)、11月22日(月)、11月29日(月)は開室 )、9月21日(火)
電話番号 050-5541-8600(ハローダイヤル)
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
アクセス JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://gogh-2021.jp/

展示内容・解説

今日、世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。その世界最大の個人収集家がヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)です。ファン・ゴッホに魅了され、画家がまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年間で、90点を超える油彩画と約180点の素描・版画を収集しました。

本展では、ヘレーネが初代館長を務めたクレラー=ミュラー美術館のコレクションから、選りすぐりのファン・ゴッホの油彩画28点と素描・版画20点を展示します。新印象派の影響を色濃く見せるパリ時代の《レストランの内部》、黄と紫の対照がまばゆいアルル時代の《種まく人》、糸杉を描いたサン=レミ時代の傑作《夜のプロヴァンスの田舎道》などで、その初期から晩年までの画業をたどります。また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどるべく築かれた、ヘレーネの類まれなコレクションをご紹介します。
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP