谷崎潤一郎をめぐる人々と着物 ~事実も小説も奇なり~

会期中

Information

 
会期2021年10月2日〜2022年1月23日
会場 弥生美術館
入場料 一般 1,000円
大・高生 900円
中・小生 500円
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要です。
※2つの美術館は同じ建物内で見学ができ、上記料金で2館併せて鑑賞できます。
※団体20名様以上は100円割引
開館時間 10:00~17:00 (最終入館時間 16:30)
休館日 月曜日
電話番号 03‐3812‐0012
住所 〒113-0032 東京都 文京区弥生2-4-3
アクセス 地下鉄千代田線「根津駅」1番出口より徒歩7分
地下鉄南北線「東大前駅」1番出口より徒歩7分
JR「上野駅」公園口より徒歩25分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

展示内容・解説

谷崎潤一郎は「もう少し長生きしたら、文学ノーベル賞を受賞した」と言われ、世界的に評価の高い小説家です。

「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、谷崎はその生涯自体が、まさに波瀾万丈で驚愕のエピソードに満ちています。実生活の出来事は作品に反映され、主要な登場人物は実在した人々をモデルに造形されました。

本展では、小説家・中河與一が谷崎潤一郎の生涯を書いた作品「探美の夜」に添えられた田代光の挿絵(初公開原画数十点)を用いて、谷崎の人生を辿りつつ、谷崎文学の登場人物のモデルになった人々に焦点を当て、紹介していきます。彼等が着用した着物や装飾品の数々も合わせて紹介します。

さらに、彼等をモデルとして創作された作品の登場人物の装いを、アンティーク着物で再現しました。谷崎は着物にこだわりの強い作家で、衣裳は登場人物たちのキャラクター表現の一端を担っています。

社会の枠におさまりきらず、世間から非難と好奇の目で見られることも多かった谷崎の、生涯、モデルになった人々、そして悪魔的な文学の魅力を、着物と挿絵で堪能いただきます。
(公式HPより)

アーティスト

  • 谷崎 潤一郎
  • 田代 光

近隣イベント

TOP