大英博物館 ミイラ展

会期中

Information

 
会期2021年10月14日〜2022年1月12日
会場 国立科学博物館
入場料 一般・大学生2,100円
小・中・高校生600円
※未就学児は無料。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日、12月28日(火)~1月1日(土・祝) ※ただし12月27日(月)、1月3日(月)・10日(月・祝)は開館
住所 〒110–8718 東京都台東区上野公園7–20
アクセス ・JR「上野駅」(公園口)から徒歩5分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」(7番出口)から徒歩10分
・京成線「京成上野駅」(正面口)から徒歩10分
※敷地内に駐車場および駐輪場はございません
地図 Google MAPで見る
公式HP https://daiei-miira.exhibit.jp/

展示内容・解説

歴史の殿堂として知られるイギリスの大英博物館は、古代エジプト文明の研究でも世界を牽引してきました。その研究成果を紹介する本展は、6体のミイラを選りすぐり、CTスキャンを用いた画像解析によって、外側からはうかがい知ることのできないミイラの謎を解き明かし、古代エジプト人の生き様や文化を紹介します。

王家の所領を管理する役人、代々続く名家の神官、既婚女性、幼い子ども……展示される6体のミイラは、年齢や性別、社会的立場や暮らしていた時代も様々です。彼らはどのような人生を送ったのちにミイラとして残ったのか―? CTスキャン画像をもとにした高精度の映像や、「食」「健康」「音楽」「家族」などのテーマに沿った展示物を交え、各ミイラの6つの物語を展開します。神々の像やミイラ作りの道具は、古代エジプトの信仰や死生観を垣間見せる一方、女性の装身具や子どものおもちゃなどは、今も昔も変わらない人々の暮らしを伝えています。

2019年に日本の調査隊が発見し、現在も調査が続いているサッカラ遺跡のカタコンベ(地下集団墓地)を実寸大の部分模型で再現するなど、日本独自の展示も行います。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP