カメラと動画 -動画 126年の歴史-

会期中

Information

 
会期2021年10月19日〜2022年1月30日
会場 日本カメラ博物館
入場料 一般 300 円
中学生以下 無料
団体割引(10名以上)一般 200 円
開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日) および年末年始など当館が定める休館日
電話番号 (03)3263-7110
住所 〒102-0082東京都千代田区一番町25番地JCII一番町ビル
アクセス 東京メトロ◎半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1 分
東京メトロ◎有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 (四谷駅 – 半蔵門 – 日比谷 – 銀座四 – 晴海埠頭)」
都営バス「宿75 (新宿駅西口 – 東京女子医大前 – 四谷駅前 – 半蔵門 – 三宅坂)」
半蔵門停留所下車 徒歩 4 分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.jcii-cameramuseum.jp/museum/2021/08/17/30369/

展示内容・解説

カメラの動画機能向上は、映像表現の発展と大衆化をもたらしました。かつては高性能かつ高額な業務用機材でなければ撮影できなかった映像が、一眼レフやミラーレスカメラなどの動画機能でも撮影可能となりました。さらに、動画投稿サイトや各種SNSなどの普及により動画は広く共有され、現在では動画の撮影も個人層にまで浸透しています。

この特別展では、「シネマトグラフ」や「エジソン キネトスコープ」など最初期の映画機材や、映画や 報道に使用された35ミリ、16ミリカメラのほか、家庭でも動画を楽しめるようにした8ミリカメラなどの小型撮影機、各種映写機などのアマチュア向け機材を中心に、フィルム時代の動画機材を展示するとともに、動画機能に特色のあるデジタルカメラも併せて展示し、身近なコンテンツとして現代人の生活に溶け込んでいる「動画」について、過去と現代の比較を交えて紹介します。

このほか、初期のアニメーションビューワーなど、アニメーションの原点となる資料も一部で紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP