シャガール・コレクション展 オデュッセイア2

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年12月7日〜2022年2月6日
会場 高知県立美術館
入場料 一般 370円(290円)
大学生 260円(200円)
高校生以下 無料

*( )内は20名以上の団体料金。
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知市及び高知県長寿手帳所持者は無料。
*年間観覧券所持者は無料。
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 1月17日(月)~28日(火)
電話番号 088-866-8000
住所 〒781-8123 高知県高知市高須353-2
アクセス ○「はりまや橋」からとさでん交通路面電車「ごめん」、「領石」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車徒歩5分
○とさでん交通バス「高知医大線」・「県立美術館前」下車徒歩5分
○とさでん交通バス「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車徒歩5分
○高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車徒歩約16分
○車・タクシーをご利用の場合はJR高知駅から約20分、高知龍馬空港からは30分、高知自動車道南国インターから15分、高知インターから10分。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://moak.jp/event/collection/post_439.html

展示内容・解説

リトグラフによる版画集「オデュッセイア」は、シャガールの晩年に制作された、82点からなる大規模な作品です。トロイア戦争を題材にした、古代ギリシアの詩人ホメーロスの叙事詩につけられた挿絵は、80代後半の老画家の手になるとは思えないほど、鮮烈な色彩と自由な描線で描かれています。

トロイアとの戦争をギリシア方の勝利に導いた知将オデュッセウスは、妻ペーネロペイアが待つ故国へ帰ろうとしますが、ひょんなことで海の神ポセイドーンの怒りを買い、長らく諸国を放浪することになります。ギリシア神話に名高い魔女キルケーやニンフのカリュプソー、怪物セイレーンたちとのエピソードが語られた後、ようやく故国に辿り着いたオデュッセウスでしたが、美貌の妻ペーネロペイアには40人もの求婚者が言い寄り、宮廷を蹂躙していました。剛腕のオデュッセウスは得意の弓矢で求婚者たちを皆殺しにして再び王座につき、物語は大団円を迎えます。

古代神話ならではの凄惨な記述は、シャガールの円熟の手腕で牧歌的な描写に昇華され、最晩年に到達した逸楽の境地を窺わせます。巨匠が挑んだ、西洋の知の源である古典の世界をご堪能ください。
(公式HPより)

アーティスト

  • マルク・シャガール

近隣イベント

TOP