生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年7月30日〜2022年10月16日
会場 アーティゾン美術館
入場料 ■ウェブ予約チケット
一般 1,600円(クレジット決済のみ)
大学生・専門学校生・高校生 無料(要予約)
障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名 無料(要予約)
中学生以下の方 無料(予約不要)

■当日チケット
一般 1,800円
大学生・専門学校生・高校生 無料
障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名 無料
中学生以下の方 無料

※ウェブ予約チケット:各入館時間枠の終了10分前まで販売
※当日チケット:ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売
開館時間 10:00~18:00(9月23日を除く金曜日は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
電話番号 03-5777-8600
住所 〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
アクセス ○JR東京駅(八重洲中央口)
○東京メトロ銀座線・京橋駅(6番、7番出口)
○東京メトロ・銀座線/東西線/都営浅草線・日本橋駅(B1出口)から徒歩5分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.artizon.museum/exhibition/detail/543

展示内容・解説

青木繁と坂本繁二郎は、日本の洋画が成熟へと向かう時代の流れのなかで、独自の作風を探求しました。青木は若くして注目され、その代表作《海の幸》(1904年)は明治浪漫主義絵画として位置づけられています。しかし、華々しいデビューとは対照的に、晩年は九州各地を放浪し、中央画壇への復帰も叶わず短い生涯を終えました。一方、坂本は青木に誘われて上京し、数年遅れてデビューします。留学後は、87歳で亡くなるまで長きにわたって、馬、静物、月などを題材にこつこつと制作に励み、静謐な世界観を築きました。作風も性格も異なるふたりですが、互いを意識して切磋琢磨しました。それぞれの画業を紹介し、ときにふたりの生涯を交差させながらご紹介します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 青木 繁
  • 坂本 繁二郎

近隣イベント

TOP