桐生織の「伝統工芸士展 ~伝統と創造~」

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年4月16日〜2022年5月23日
会場 群馬県立日本絹の里
入場料 ・一般:200円(160円)、 企画展期間中 400円(320円)
・大学生・高校生:100円(80円)、 企画展期間中 250円(200円)
・中学生以下及び身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※( )内は20名以上の団体料金です。
開館時間 9:30〜17:00
休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、臨時(各企画展示前3日間)、年末年始(12/27〜1/5)
住所 群馬県高崎市金古町888番地の1
アクセス ◆JR前橋駅からバスで30分、「日本絹の里」バス停下車徒歩1分
◆JR高崎駅からバスで30分、「金古四ツ角」バス停下車徒歩20分
◆関越自動車道前橋ICから車で20分
◆伊香保温泉から車で25分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.nippon-kinunosato.or.jp/exhibition/6227/

展示内容・解説

桐生市は、昔から「西に西陣(京都)、東に桐生」と称されるほど絹織物が盛んであり、織物の町として日本の織物産業を支えてきました。昭和52(1977)年には、国の伝統的工芸品に指定されています。本展では、桐生織の伝統工芸士の「匠」の技をご覧いただき、歴史や技術の変遷、伝統工芸品「桐生織」の素晴らしさを紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP