鎌倉時代黎明期 文学で読むはじめてのはじまり

会期中

Information

 
会期2022年4月16日〜2022年7月3日
会場 鎌倉文学館
入場料 一般500円(350円)/小中学生200円(140円)
※( )は20人以上の団体料金
※鎌倉市内在住の方は無料(住所のわかるものをご提示ください)
※市内の小・中学生と高等学校の在学生および教員は無料
※身体障害者手帳などの交付を受けた方と付き添い1名は無料
開館時間 9:00~17:00(入館は30分前まで)
休館日 4月18日(月)、25日(月)、5月9日(月)、 6月13日(月)、20日(月)、27日(月)
住所 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3 
アクセス JR鎌倉駅、JR・小田急藤沢駅で江ノ電に乗換、「由比ヶ浜駅」下車、徒歩7分。
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.kamakurabungaku.com/exhibition/index.html

展示内容・解説

12世紀末、源頼朝が鎌倉に幕府を開き、はじめて武士が表に立ち政権を担う新しい時代が幕を開けました。激動の鎌倉時代のはじまりは、当時の歴史書や随筆、和歌、日記などに書かれ、そこから物語が生まれ、室町から江戸時代には能、歌舞伎、戯作などが書かれました。そして明治から現代においても、劇的なはじまりは創作者を刺激し多くの作品に描かれています。本展では、鎌倉時代の黎明期を「平家物語」「吾妻鏡」などの古典から坪内逍遥、太宰治、永井路子ら近現代までの作品でたどります。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP