境・道・恵―多摩丘陵の3つの顔―

会期中

Information

 
会期2022年3月22日〜2023年3月9日
会場 東京都立埋蔵文化財調査センター
入場料 無料
開館時間 9:30~17:00
休館日 年末年始(12月29日から1月3日まで)、および10/28(金)、11/25(金)、1/31(火)
住所 〒206-0033 東京都多摩市落合1-14-2
アクセス ○京王相模原線「京王多摩センター駅」東口  徒歩約5分
○小田急多摩線「小田急多摩センター駅」東口 徒歩約5分
○多摩モノレール「多摩センター駅」     徒歩約7分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.tef.or.jp/maibun/exhibition/2022.html

展示内容・解説

平野の果てに現れる複雑に入り組んだ丘や谷。
多摩丘陵は、東京と神奈川を隔てる境界にあたっています。

丘陵は人々を隔てる境界=「境」となっていますが、人々は時にそこに交通路=「道」を見出して離れた地域をつなぎ、またそこに秘められた豊富な資源=「恵」を求めて集うこともありました。

多摩丘陵が見せる3つの顔に人々はどのように向き合い、関わってきたのか。
本展示では多摩ニュータウン地域を中心にその多様なあり方を探ってみたいと思います。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP