漫画少年 大展覧号―幻の雑誌 完全揃い101冊―

会期中

Information

 
会期2022年7月7日〜2022年10月16日
会場 豊島区立トキワ荘マンガミュージアム
入場料 無料
開館時間 午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)※7月7日(木)は午後2時から6時
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
住所 〒171-0052 東京都豊島区南長崎3-9-22
地図 Google MAPで見る
公式HP https://tokiwasomm.jp/exhibition/2022/06/-101.php

展示内容・解説

「おもしろくてためになる」をコンセプトに「のらくろ」や「冒険ダン吉」などマンガを多用して、戦前に『少年倶楽部』の黄金時代を築いた編集長・加藤謙一。
戦後、加藤は公職追放されながら、その編集方針を貫き、戦前からの人気作家たちや家族の協力を得て興した学童社から『漫画少年』を創刊します。その足跡を、トキワ荘グループ「新漫画党」の創設メンバーでもある永田竹丸氏から寄贈いただいた当館収蔵資料を中心に展示いたします。
『漫画少年』の特徴は、読者の少年・少女たちに投稿を呼びかけ、彼らとの交流にページを割いたことです。
その投稿マンガの入選常連者らが同人誌グループを作るなどの活動も始まり、学童社編集部の紹介で手塚治虫が初めにトキワ荘に入居。『漫画少年』の投稿作品の選者を、次に入居した寺田ヒロオが手塚から受け継ぐなど、まさにトキワ荘はマンガ家を目指す若者たちにとってあこがれの場所になっていきました。その後、藤子・F・不二雄、藤子不二雄Ⓐ、石ノ森章太郎、赤塚不二夫など後に日本を代表するマンガ家たちが続々と入居したことは言うまでもありません。
 また、マンガ家に限らず、『漫画少年』に投稿・入選歴のある多くの偉大なクリエイターは数え切れず、同誌が後世に遺した功績は語り尽くせません。
 国立国会図書館にも数冊しかないといわれる『漫画少年』全号101冊が、本展では展示室ウォールケース内に一堂に会します。
 そして、トキワ荘に集った多くのマンガ家たちの『漫画少年』投稿時代の作品や、同誌でのデビュー作品なども是非ご覧ください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP