『沖縄』 -本土復帰50年-

会期中

Information

 
会期2022年7月22日〜2022年10月19日
会場 桑原史成写真美術館
入場料 大人300円(200) 中・高校生150円(100) 小学生100円(80)
※障害者手帳又は療育手帳持参で本人とその介護者1名無料
( )内の数字は、20名以上の団体金額
開館時間 9:00 ~ 17:00
休館日 木曜(8/11は開館)
住所 699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田71-2
公式HP https://www.town.tsuwano.lg.jp/kuwabara_photo/

展示内容・解説

桑原史成写真美術館の今回の展示は「沖縄」を展示します。
 今年5月15日、沖縄が本土に復帰して50年の節目を迎えた。
 沖縄は、かつて独立国の「琉球王国」であった。薩摩藩が琉球に侵攻したのは1609年で、それ以降は薩摩支配下に置かれた。徳川幕府から明治に移り、1879年に「沖縄県」の設置で「日本国」となったのである。
 その後、日本が辿る米国との戦争と戦禍の歴史に「沖縄」が引きずり込まれる苛酷で余りにも悲劇的な運命をたどった。日本が敗戦する1945年8月15日より約2ヶ月前の6月23日に、兵士と民間人を合わせて20万人余の死者を出して、沖縄戦は終戦した。
 その沖縄の本土復帰は、日本の終戦から27年を経た1972年である。在沖縄の米軍基地の敷地面積は、日本全土に存在する米軍基地の70%を超え、沖縄本土の15%を占めている。沖縄が「基地の島」と言われる所以でもある。
 私は1967年以来、「基地の沖縄」の撮影で幾度か訪れ、その現状を垣間見た。
 しかし、人々がおかれた苦境の全てを記録(撮影)している訳ではないが、その片鱗を見て頂けるものと考える。
 
                                    報道写真家 桑原 史成

(公式HPより)

近隣イベント

TOP