絵になる風景

会期中

Information

 
会期2022年8月11日〜2022年11月6日
会場 ボーダレス・アートミュージアムNO- MA
入場料 一般300円(250円) 高大生250円(200円)
※中学生以下無料、障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金
開館時間 11:00~17:00
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は、その翌平日)、年末年始、展覧会入れ替え時
住所 滋賀県近江八幡市永原町上16(旧野間邸)
公式HP https://www.no-ma.jp/202208exhibition

展示内容・解説

風景は人によって異なる現れ方をします。その土地に生まれたのか、旅行者なのか、懐かしいふるさとなのか、いつまでも見ていたい、そんな眺めなのか―その人の出自や思い出の数だけ異なった形で、風景はそれぞれの心の内に現れます。
また、風景は留まることがありません。日々、町並みは変わっていきますし、天災や戦争が一瞬にして景観を奪うこともあります。それらは、建物や自然環境の物質的な変化であるだけでなく、その風景に接した人々が寄せてきた思いや、蓄積してきた記憶といった心情の変遷や喪失でもあります。風景を描くこと。それは変化したり、失われたり、忘れられたり、うつろっていく世界を、絵という画角の中に留めていく作業といえます。風景の描き手は、外の景観を心の内に捉え、自らの身体と画材を通して、再び外に放出するという、往復を繰り返します。その中で、描き手の内と外は分けがたく混じり合い、混合や融和の果てに、風景は絵になっていきます。
風景を描くということを誰もが一度はしたことがあるはずです。またそれは、美術の歴史の中でもずっと昔から続く営みです。人間にとって、大切な画題である風景。本展では「絵になる風景」をテーマに7名のアーティストの作品を展示します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP