村上春樹 映画の旅

まもなく開始

Information

 
会期2022年10月1日〜2023年1月22日
会場 早稲田大学演劇博物館
入場料 無料
開館時間 10:00-17:00(火・金曜日は19:00まで)
休館日 10月5日(水)、26日(水)、11月3日(木・祝)、4日(金)、9日(水)、23日(水・祝)、12月7日(水)、12月26日~2023年1月9日(月・祝)、18日(水)
電話番号 03-5286-1829
住所 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
アクセス 演劇博物館は、早稲田大学早稲田キャンパス構内にございます。

・JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅(早稲田口)から 都営バス
(学02系統)「早大正門」行 終点下車 徒歩2分
・東京メトロ東西線 早稲田駅(3aまたは3b出口) 徒歩7分
・都電荒川線 早稲田駅 徒歩5分
(公式HPより)
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.waseda.jp/enpaku/ex/16084/

展示内容・解説

小説家・村上春樹は、そのキャリアを通じて繰り返し映画に言及してきました。村上の小説では、登場人物たちが映画を見たり会話のなかで作品のタイトルを挙げたりすることを含め、映画が作中で重要な意味を持つことがしばしばあります。エッセイなどでも頻繁に話題に挙がるなど、村上にとって映画が身近なものであることは間違いありません。
 早稲田大学在学時の村上は、よく演劇博物館を訪れ、まだ見たことのない映画のシナリオを読んでいたといいます。文字だけのシナリオを読むことを通して、頭の中で映像を生み出し、一つの世界を構築すること。この学生時代の習慣は、作家本人が認めているように、後の小説家としての創作活動に大きな影響を与えたはずです。
 本展では、村上が通っていた映画館や学生時代に読んでいたシナリオ、エッセイや小説のなかに登場する数々の映画、そして小説を映画化した作品、等々に関する数多くの資料を展示します。スチル写真やポスター、台本などの映画関連資料とともに、村上がこれまで見てきた映画をまるで旅の軌跡を辿るかのように振り返る構成となっています。そのような<映画の旅>を通して、村上文学が喚起するイメージの豊かさを改めて発見していただければ幸いです。
(公式HPより)

アーティスト

  • 村上春樹

近隣イベント

TOP