大木裕之

会期よりずっと前

Information

 
会期2022年10月29日〜2022年12月23日
会場 gallery αM
入場料 無料
開館時間 12:30〜19:00
休館日 日月祝 ※12月20日、21日、22日
電話番号 03-5829-9109
住所 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビルB1F
アクセス ○都営新宿線[馬喰横山]A1出口より徒歩2分
○JR 横須賀線・総武快速線[馬喰町]西口2番出口より徒歩2分
○東京メトロ日比谷線[小伝馬町]2、4番出口より徒歩6分
○都営浅草線[東日本橋]より徒歩6分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://gallery-alpham.com/exhibition/project_2022/vol4/

展示内容・解説

全ては平等に。その呼びかけは、平等であるために過度なまでの正しさを私たちに求める。しかし正しさとはそもそも何だろう。それはときに一つの原理へと向かい、小さな個別の差異を見えなくしてしまうだろう。いうまでもなく、平等である ことは同じであることを意味しない。同じでないものを等しいというとき、私たちは尺度を一つにして、個々についてのそれ ぞれの評価や判断を手放さなければならないのだろうか。そうではなく正しさを超えて区別し、言葉を与えようとするこ と。それには、私たちが手垢のついた言葉自体を作り直す必要がある。美術と呼ばれるものが少なくとも造形に関わる行 為であるならば、その造形=言葉を練り、拠り所にすることで、尺度自体について問い、判断自体を創造的に作ることが できるのではないだろうか。独りよがりになることなく、普遍的な外部をもつものとして。

私の判断が普遍性をもつかどうかは他者の判断に賭されている。私の判断を支えるものとして、私の外部を召喚すること。そこで想定されるのは、予め同じ尺度を持たないもの、置き換えできないものであり、その困難な対話が新たな言葉と批評を開く可能性の種となる。

1年の企画をとおして、それぞれの作家とともに判断の尺度について考えてみたい。これまでの尺度を手放して作り直す。この造形=言葉による判断は、世界を測る尺度となる。だからこの行為は、静かに深く政治的でもある。
(公式HPより)

アーティスト

  • 大木 裕之

近隣イベント

TOP