パリに生きた画家たち  マルケ、ユトリロ、佐伯祐三、荻須高徳が見た風景

会期中

Information

 
会期2022年10月28日〜2023年2月26日
会場 ヤマザキマザック美術館
入場料 一般:1,300円(10名様以上1,100円)
小・中・高生:500円
小学生未満:無料

※各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者1名は1,100円
※音声ガイド無料サービス
開館時間 平日 午前10時から午後5時30分
土日祝 午前10時から午後5時
(最終入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日 ※1月9日(月)は開館、1月10日(火)、年末年始(12月29日~1月4日)
電話番号 052-937-3737
住所 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1-19-30
アクセス 名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.mazak-art.com/index.cgi?mode=schedule_view&submode=next

展示内容・解説

パリを愛し、パリを描き続けた画家たち、アルベール・マルケ(1875-1947)、モーリス・ユトリロ(1883-1955)、佐伯祐三(1898-1928)、荻須高徳(1901-1986)。

パリやその近郊は、マルケ、ユトリロにとっては慣れ親しんだ愛着のある街、佐伯、荻須にとっては、「絵を描こうとする喜びをよびさます」憧れの街で、尽きることのない創造の源泉でした。  

この展覧会は、愛知県美術館、稲沢市荻須記念美術館、名古屋市美術館、BBプラザ美術館、ポーラ美術館、四日市市立博物館、個人御所蔵家の所蔵作品に、ヤマザキマザック美術館所蔵のマルケ《パリ、ルーヴル河岸》、ユトリロ《サノワの風車》、《マルカデ通り》、フランス美術の収集によってヤマザキマザック美術館の礎を築いた初代館長(ヤマザキマザック株式会社 前会長)山崎照幸の旧蔵品である荻須高徳《風景》を合わせ、マルケ作品7点、ユトリロ作品10点、佐伯作品8点、荻須作品27点、合わせて52点の作品をご紹介いたします。

19世紀フランスの邸宅を思わせる当館の展示室に20世紀初頭から1970年代にいたるまでのパリやその近郊を描いた作品を展示。

4人の画家たちそれぞれの作品の魅力を堪能して頂けるのはもちろんのこと、1人の画家が時を違えて同じ場所を描いた2点の作品の表現の違い、異なる画家が同じ場所を描いた作風の違いも楽しんで頂けます。

また、荻須が山崎照幸夫妻に送った書状も併せて展示し、画家とコレクターの交流の一端もご紹介いたします。
(公式HPより)

アーティスト

  • アルベール・マルケ
  • モーリス・ユトリロ
  • 佐伯祐三
  • 荻須高徳

近隣イベント

TOP