開館50周年記念 特別展 Back to 1972 50年前の現代美術へ

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年10月8日〜2022年12月11日
会場 西宮市大谷記念美術館
入場料 一般1,200(1,000)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
*( )内は前売料金(いずれも税込価格)
*11月3日(木・祝)は無料開館日
*1972年生まれの方は入館無料(要証明書呈示)
*前売券はローソンLoppi(Lコード52182)で取り扱い、または当館にて販売(前売り券の販売は10月7日(金)まで)
*西宮市内在住の一般の方は1,000円(要証明書呈示)
*西宮市内在住65歳以上の方は500円(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 水曜日
電話番号 0798-33-0164
住所 〒662-0952 西宮市中浜町4-38
アクセス 阪神電車
(大阪方面から)「西宮」で普通電車に乗り換え、次の駅「香櫨園」下車。「香櫨園」より南西へ徒歩6分。
(神戸方面から)「御影」または「芦屋」まで特急に乗車、普通電車に乗り換え「香櫨園」下車。「香櫨園」より南西へ徒歩6分。
JR
JR神戸線「さくら夙川」下車。国道2号線を西へ向かい、夙川沿いを南に下り、南西へ徒歩15分。
阪急電車
阪急神戸線 特急に乗車、「夙川」下車。夙川沿いを南に下り、南西へ徒歩18分。
地図 Google MAPで見る
公式HP http://otanimuseum.jp/exhibition_221008.html

展示内容・解説

「西宮市大谷記念美術館」は1972年11月3日に開館し、今年で開館50周年を迎えました。まさにその時期から、全国各地に美術館が開館し、多くの人々が美術への渇望を抱き、美術館へと向かいました。豊かさの中で美術が求められ、美術鑑賞が日々の暮らしの中に溶け込んでいったのです。
一方、現代美術もまた、様々な展開を見せていました。美術とは何かを根本的に問い直し、物質そのものよりも観念を重んじる傾向が、1970年代にも続いていきます。そしてその作品の主題や制作方法は、敏感に時代を映し出しています。
本展では、1972年に制作された主に関西の現代美術作品を、〈「1972年」という時代〉〈「1972京都ビエンナーレ」と関西のアートシーン〉〈具体美術協会の変遷〉〈現代美術の点景〉〈版画の躍進〉の5つのテーマに沿って紹介します。「美術館」はどのような時代に開館したのでしょうか。
さあ、1972年の美術の世界へと旅立ちましょう。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP