Terri Weifenbach : Saitama Notes

会期中

Information

 
会期2022年10月14日〜2023年4月2日
会場 ブリッツ・ギャラリー
入場料 無料
開館時間 13:00〜18:00
休館日 月曜日、火曜日
電話番号 03-3714-0552
住所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-20-29 Blitz-House
アクセス タクシー、お車をご利用の場合
ブリッツ・ギャラリーは、ネパール大使館の2件隣です。ネパール大使館を目指してお越しください。
お車の場合駐車場はございませんので近くのコインパーキングをご利用ください。
・JR目黒駅・山手通り方面より:
目黒通りを清水方面へ、油面交差点を左折、一つ目の信号を右折しネパール大使館手前で下車
・東横線都立大学駅・環七方面より:
目黒通りを目黒駅方面へ、油面交差点を右折、一つ目の信号を右折しネパール大使館手前で下車
交通機関をご利用の場合
・JR目黒駅西口より、大岡山小学校行きバス乗車【目黒消防署】下車徒歩3分
・東急東横線都立大学駅より、目黒駅行きバス乗車【清水】下車徒歩3分
・東急東横線学芸大学駅下車徒歩15分
地図 Google MAPで見る
公式HP http://blitz-gallery.com/exhi_095.html

展示内容・解説

テリ・ワイフェンバック(Terri Weifenbach)は、日常にある何気ない自然風景のカラー作品で知られる写真家です。ピンボケ画面の中にシャープにピントがあった部分が存在する写真が特徴。夢の中にいるような、瞑想感が漂う光り輝く作品には根強い人気があります。

ワイフェンバックは、2020年にさいたま市で開催された「さいたま国際芸術祭2020」に参加。2019年春に同地を訪れ、芸術祭のテーマ「花 / Flower」を念頭に置いて作品を撮影しました。2020年春の開催予定だった芸術祭は新型コロナウイルスの感染拡大により11月に延期されましたが、ワイフェンバックの作品はメイン会場の旧大宮区役所で展示されました。
さいたま市の撮影場所は、市民の森・見沼グリーンセンター、深井家長屋門、氷川女體神社、井沼方公園、見沼通船堀、見沼代用水東縁、見沼代用水西縁、見沼氷川公園、見沼自然公園、見沼臨時グラウンド、武蔵第六天神社、尾島農園、さぎ山記念公園 青少年野外活動センター、芝川第一調節池、田島ケ原サクラソウ自生地など。ワイフェンバックが撮影したことにより、美しい自然を持つさいたま市が間違いなく再発見されるでしょう。

本展では、「Saitama Notes」シリーズから、デジタル・アーカイヴァル・プリント作品による大小様々なサイズの約37点が2回のパートに分けて展示されます。一部の主要作品は重複展示されます。
(公式HPより)

アーティスト

  • テリ・ワイフェンバック

近隣イベント

TOP