「フィリップ・コルバート展」‐ようこそロブスタープラネットへ 

会期中

Information

 
会期2022年11月19日〜2023年5月28日
会場 軽井沢ニューアートミュージアム
入場料 一般:2,000円、高大生:1,000円、小中生:500円         
※20名以上の団体で来館の場合、上記各観覧料の200円引き         
※未就学児無料、障がい者無料(付添いの方1名は半額)
開館時間 10:00~17:00
※入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
電話番号 0267-46-8691
住所 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
アクセス 鉄道で
JR東日本・しなの鉄道「軽井沢駅」から徒歩8分
お車で
碓氷・軽井沢ICから20分(専用駐車場あり)
地図 Google MAPで見る
公式HP https://knam.jp/exhibitions/2022/%e3%80%8c%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b1%95%e3%80%8d%e2%80%90%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%9d%e3%83%ad%e3%83%96%e3%82%b9/

展示内容・解説

本展覧会はイギリス人アーティスト、フィリップ・コルバート(1979年生)の日本で初めての大規模な展覧会となります。
同氏は形式や素材にこだわらない柔軟な制作スタイルで新しい芸術表現を切り開いているアーティストの一人です。その活動分野は絵画、彫刻にとどまらずデジタル作品、ファッション、音楽、家具、パフォーマンスアートといった広範囲に及びます。 作品はカラフルでポップなものが多く、一見するとエンターティメント性の強い表現と思われがちですが、作品内には美術史上の重要な図像や著名な芸術家のイメージが随所に引用されていることに気づきます。
コルバートは自らの分身としての“ロブスター”を頻繁に作品中に登場させ、美術史の案内人でありながら同時に著名な作品を新たに解釈し、美術の歴史にその姿を刻んでいます。不条理な現代社会の状況やさまざまな事物がフラットに並ぶコンピュータやスマートフォンの画面上の世界から、さらにはメタバース空間、そしてNFTといった最先端のアイデアも取り込みながら、まさに“現在進行形のアート”と言える作品を次々に作り出しています。

この機会に世界のどこにもない最先端でカラフルな展示をご覧ください。
(公式HPより)

アーティスト

  • フィリップ・コルバート

近隣イベント

TOP