収蔵コレクション展「日本の四季」

会期中

Information

 
会期2023年3月1日〜2023年7月23日
会場 長谷川町子美術館
入場料 一般 900(800)円、65歳以上800(700)円、大学生・高校生 500(400)円、
中学生・小学生 400(300)円
※()内は20名様以上の団体、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者
※美術館・記念館の両館をご覧いただけます。
開館時間 10時~17時30分(受付締切16時30分)
休館日 月曜日(ただし、7月17日(月・祝)は開館、7月18日(火)は休館 )
電話番号 03-3701-8766
住所 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-30-6
アクセス 東急田園都市線 桜新町駅下車 徒歩7分
東急バス 桜新町1丁目下車 徒歩1分
・目黒駅←→弦巻営業所(黒07)
・都立大学駅北口←→弦巻営業所(都立01)
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.hasegawamachiko.jp/art-museum/

展示内容・解説

長谷川町子美術館は、2022年11月28日(月)~2023年2月28日(火)の間、改修工事のためにしばらく休館いたします。改修工事後の初の展覧会は、収蔵コレクション展「日本の四季」と題して、当館収蔵作品788点の中から春・夏・秋・冬のそれぞれのテーマの作品を選りすぐり、日本の四季のすばらしさをご紹介いたします。
春は、東山魁夷の白い馬シリーズの一つ「春を呼ぶ丘」、福島県三春の滝桜を描いた三栖右嗣「爛漫」をはじめ桜の銘品がそろいます。夏は、草いきれのこもる緑の道を描いた北野治男「夏に」、夏の夜空を彩る花火を描いた伊藤深游木「夢」。秋は、紅葉の中にたたずむ野生の鹿たちを描いた平子真理「秋映ゆる」、空高く飛ぶ鳥を銀杏の枝葉越しにとらえた三橋楊子「そらへ」。冬は白銀の世界を描いた加山又造「雪」「雪ノ林道」、雪原の中でたくましく生き抜く動物たちを描いた小山硬「釧路」「釧路湿原」など、日本だからこそ味わえる四季特有の空気感を、これらの作品を通じて感じていただければ幸いです。
昨今、地球の温暖化により、日本の季節感もその色合いを確実に変化させてきています。世界に誇れる「日本の四季」を過去のものとしてしまわないように、未来へむけて大切に育んでいきたいものです。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP