2019/06/06

インテリア北欧玄関   
   News    

北欧風の玄関を作るには?インテリア実例・アイデア・雑貨

ナチュラルテイストに癒される
「北欧風」玄関の作り方

お家にお客様を招いたとき、まず1番初めに目に入るのが玄関です。

お家の顔とも言える玄関のイメージはとても大切ですよね。

今回はそんな玄関を北欧風にアレンジするときの作り方をご紹介いたします。

基本を押さえることで誰でも簡単に北欧テイストが作れるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

[cot]

 

北欧玄関のDIY実例・アイデア

「マスキングテープ」を使って

マスキングテープは色々な場所に貼って剥がせる便利グッズです。

玄関のドアや壁紙、シューズクロークなどのちょっとしたアクセントに使うのがポイント♪

写真のアイテムはファッションブランド「ミナ ペルホネン」のマスキングテープです。

ミナ ペルホネンでは他にも個性的なマスキングテープが豊富に取り揃えられているので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

「ウォールステッカー」を使って

壁紙の広範囲に使いたい場合はウォールステッカーがおすすめです!

貼ってはがせるタイプなら何度でも使えるので、納得がいくまでしっかり調整することができます♪

種類によって表面が柔らかい素材やつるっとした素材など色々な特徴があるので、気分によって模様替えをするのも◎

写真はミナペルホネンの世界観が伝わる可愛いちょうちょのデザインです。

 

「フロアシート」を使って

シンプルな北欧風玄関にワンカラー加えたい…なんて時にオススメなのがフロアシートです!

フロアシートには防水や消臭機能がついていたり、ハサミで切ってすぐに取り付けが可能な手軽さも嬉しいポイントです♪

ホワイトベースな玄関はオレンジや紺などのアクセントカラーを加えることで北欧風にグッと近づけることができますよ。

 

100均・セリアを活用して

お手軽なお値段でおしゃれな北欧風玄関が作りたい方にオススメなのが百均・セリアです。

お大掛かりなイメチェンをしなくても、ちょっとした百均・セリアの北欧グッズを置くことでふんわり北欧テイストをつくりだすことができます♪

白×グレーのマグカップに花を添えたり、シンプルな色合いのフォトフレームに北欧ポスターを入れてみたり、柔らかい雰囲気のガーランドを飾ってみるのもかわいいです!

 

「北欧カラー」を使った玄関の実例・アイデア

白・ホワイト

王道の北欧カラーといえばシンプルで清潔感のある「ホワイト」です。

その他にも薄いベージュなどのナチュラルカラーや、黒・グレー・ホワイトのモノトーンカラーなどをメインにすることで北欧らしさを演出することができます♪

 

青・ブルー

ベースのカラーにブルーをアクセントとして入れると、少し大人な北欧テイストが作れます♪

ブルーの色合いを明るめにすれば優しい印象に、暗めにすればクールな印象にアレンジすることができるので自分の好みに合わせて加えてみてください。

 

緑・グリーン

日本人が最も安心すると言われているグリーンカラー。

ベースのホワイトやベージュにグリーンなどの自然な色味を加えることでナチュラルな優しい空間を作ることができます♪

 

黄色・イエロー

光を感じさせるイエローは空間を明るく暖かな印象にしてくれます。

またイエローの濃さや明るさを変えることで、落ち着いた印象も、パッと華やかな印象も作ることができるので、他のインテリアの色味との調和を楽しんでみてくださいね♪

ただし、イエローは主張の強い色なので、入れすぎには注意です!

 

「北欧雑貨」を使った玄関の実例・アイデア

「ムーミン」のファブリック・雑貨

フィリピン生まれの北欧キャラクター「ムーミン」

シンプルな色合いと、愛らしいムーミンたちがとてもキュートで女性にも大人気ですよね!

玄関などの少し狭い空間では小さなマスコットの置物や、ウォールステッカーなどがオススメ♪

こちらの商品は組み立て式の木製ポストカードです。板の正面にはメモも残すことができるので機能性もバッチリです◎

 

「マリメッコ」のファブリック・雑貨

「マリメッコ」は優れたデザイン性を持つ実用品として多くの人に愛されている、フィンランドのファブリックブランドです。

シンプルな北欧テイストにマリメッコグッズをアクセントとして加えることで、一気に空間をおしゃれにアレンジできます♪

玄関に飾るなら場所を取らないファブリックパネルがオススメです。

野菜や草花、果物など個性的でありながら、ナチュラルでかわいいデザインが楽しめます!

 

「リサ・ラーソン」のファブリック・雑貨

ライオンをはじめとする動物シリーズが大人気の北欧ブランド「リサ・ラーソン」

ついつい集めてしまいたくなるような動物たちのキーホルダーや、オブジェなど可愛すぎるグッズがたくさん!

他にも女性らしいデザインが特徴的なデザインの「ドレス」や「スカート」といったワードローブを花瓶として使うのもおしゃれです♪

 

「ミナペルホネン」のファブリック・雑貨

日本人の皆川 明が立ち上げた北欧風ブランド「mina perhonen(ミナペルホネン)」

時の経過とともに愛着を増すような、飽きの来ないデザインが特徴です♪

写真はフリーハンドで描かれた曲線と優しい色合いが特徴の「pudding ラグ」

足元にちょっとしたアクセントを加えたいときにぴったりのアイテムです!

 

「北欧ポスター」を使って

北欧雑貨と言えば絶対に外せないのが「北欧ポスター」です。

1枚飾るだけでもおしゃれですが、2枚、3枚と並べて飾るとインパクトを与えつつさらにスッキリした雰囲気を作ることができます♪

写真はコペンハーゲンのおしゃれなエレクトショップ「STILLEBEN(スティルレーベン)」で売られているポスターです。

場所を取らずにおしゃれを取り入れることができるので、スペースに限りがあるお家でも安心です!

 

「ニトリ」の北欧・クリスマス雑貨

派手すぎず、大きすぎず、玄関にちょうどいいクリスマスグッズを飾りたい方にオススメなのが「ニトリ」です!

シンプルで統一感のある色合いなので、ホワイトベースの北欧テイストにしっかりマッチしてくれます♪

小さなツリーや星のガーランド、オーナメントなど少しのスペースでクリスマスを楽しめるアイテムが豊富に揃えられています。

 

「北欧風の家具」を使った玄関の実例・アイデア

「IKEA(イケア)」の北欧風家具・雑貨

玄関の白壁にかけられているのは、黒い小枝をイメージしてデザインされたイケアのハンガーです。

飾り方も左右で段差を作ることでよりおしゃれに見えますね♪

他にも北欧スウェーデン発のIKEAだからこそつくれるシンプルで、かつお洒落なアイテムが豊富に取り揃えられています。

安くて機能性抜群の北欧インテリアをぜひ活用してみてくださいね!

 

「無印」の北欧風家具・雑貨

シンプルなデザインと豊富な商品アイテムが特徴的な「無印良品」

北欧好きに限らず愛用している方も多いと思いますが、無印良品の洗練されたデザインは北欧との相性が抜群◎

写真の商品は壁を傷つけることなく、簡単に取り付けられる戸棚です。

スペースが取りにくい玄関ですが、壁に取り付けるのでスペースを取らず、簡単にオリジナルの飾り付けができます。

自分だけのアレンジを楽しんでくださいね♪

 

「ミナペルホネン」の北欧風家具・雑貨

ぬくもりと素朴な温かさを合わせ持ち、北欧好きの方から高い人気を誇る「ミナペルホネン」

写真の商品は京都・宇治の家具店enstol(エンストル)のオリジナル椅子とミナペルホネンファブリックのコラボ商品です!

ブランドの定番である「タンバリン」柄が用いられており、シンプルでホッと和むようなっています。

他にも、花や木々、小鳥や蝶など色々なモチーフを使って鮮やかにデザインされたインテリアがたくさん揃っているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は玄関という限られた空間での北欧テイストの作り方をご紹介しました♪

北欧テイストはシンプルながら温かみのある優しいデザインが魅力です。

基本の色味を押さえたら、もっと色々なアレンジも楽しんでみてくださいね!



関連記事

「ムンク展」の特別チケット・前売券・当日券の購入方法

いよいよ10月27日(土)から上野の東京都美術館で開催する「ムンク展-共鳴する魂の叫び」 ムンクの代表作「叫び」の初来日とあって、開催前から大きな話題となっています。 開催期間は来年の1月20日まで。年越しを挟むので、12月〜1月の

一点物のアートはどこで買える?|インテリアに絵を飾る

普段、あなたはどんな基準で絵を選びますか? 部屋のインテリア、もしくはお店の内装として絵を飾る、 といった場合、あなたはどんな基準で絵を選びますか? 第一に価格の事を考えてしまいますが、安さを重視してしまうと、 どうしてもポスタ

バンクシーの正体はあのミュージシャン?制作中の姿を激写!

ついに明かされる!? バンクシーの正体 世界が注目するグラフィティアーティスト、バンクシー。 彼はその作品だけでなく、正体を公にしていないことでも有名です。 現在に至るまで一切素性を明かさず、人目に触れることなく世界に作品を

オーダーメイド絵画を取り入れて自宅のインテリアをおしゃれに!

出典   日本は欧米に比べてインテリアへの興味、こだわりを持つ人が少ないと言われています。   例えば、 "子供が小さいから、片付けても一向に綺麗にならない" "ついつい無駄な物を買ってしまう" &nb

油絵の道具と選び方を徹底解説【油絵入門】

初心者のための油絵入門 油絵の道具と選び方を解説 「中学・高校時代に美術の授業で絵を描くのが好きだった」という人も、大人になってから絵を描く機会は案外少ないものです。 中でも油絵や日本画といった専門的な絵画は、絵画教室に通わずに独

 

TOP