2017/08/01

インテリア絵画
MAGAZINE

プレゼントにも喜ばれる|かわいい猫モチーフの絵画・アート特集

プレゼントにも喜ばれる|かわいい猫モチーフの絵画・アート特集

8b229f324338f720a63fee67e1bc64d0_s

普段から私たちを魅了してやまないにゃんこ。

歌川国芳、藤田嗣治、竹内栖鳳、ピエール・ボナール、などの絵画で知られるように、猫は昔から多くの画家の絵のモチーフとなってきました。

今、空前の「猫ブーム」と言われるように、世間では様々な猫コンテンツ、グッズが生まれています。

お家で猫を飼っている方も、これから飼おうか悩んでいるあなたも。

様々な形で生活に猫グッズを取り入れたい、と考えている方も多いのでは無いでしょうか。

今回は、そんな魅力溢れる、猫がモチーフの絵画・アートをご紹介します。

猫好きの友達に贈るプレゼントに悩んでいる、という方も、ぜひ猫のアートを贈ってみてはいかがでしょうか。

不機嫌な表情が可愛いブサカワにゃんこの絵画・アート

108140

「クルミの樹の下」ノリコ

木漏れ日の下からこちらを見つめるにゃんこ。

「ブサカワ」といった可愛いの新ジャンルを開拓したのも猫の影響が大きいのでは無いでしょうか。

うつろうつろとした表情がなんとも猫らしくて、見ているこちらも癒されますね。

模様のように散りばめられた深緑の葉の影が、お洒落な雰囲気を醸し出しています。

ユーモアの世界で描き出す、猫モチーフの絵画・アート

76121

「キャンディーひとり占め (1/20)」開楽智治

106029

「カモメと猫のいるUFO」開楽智治

物語の一ページのような、ユーモアに溢れた2作品

何でもないような風景にさりげなく描かれた猫に「ん?」と思わず目が行ってしまいますね。

不思議な世界観が魅力的です。

夢の中にいるような、空想の物語の中に引き込んでくれる作品。

100084

「ピアノふんじゃった猫」nodau

ブルーのピアノの上にさりげなく描かれた猫。

こちらを見つめるブサカワな猫の表情が笑いを誘います。

水彩の滲んだ柔らかい表情と、マットなエメラルドグリーンで描かれた背景のコントラストが作品全体をお洒落に演出しています。

118714

「猫ボーイは魔法使い☆」

118713

「猫王子は魔法使い☆」

猫をキャラクター的に描いた、童話の挿絵のような2作品

ぱっちりおめめの可愛らしいにゃんこたち。ステッキを持って宙に浮かぶ様子がとってもメルヘンで可愛らしいですね。

2枚を左右に並べて楽しみたい作品です。

カフェなどのインテリアに最適な猫モチーフの絵画・アート

78564

「本猫02」スタジオレオン

こちらはカフェ書店にぜひ飾って欲しい一枚。

真剣に本を読む猫のユーモラスな表情が何とも言えません。

リビングだけでなく、子供部屋に飾っても良さそうですね。

108123

「時の流れを憂うねこ」KYOKO

こちらを見上げる猫のに吸い込まれそうな作品。

輪郭線の強弱で、猫の柔らかい体の特徴がきちんと表現されています。

パステルカラーで構成された柔らかい画面は、見ているだけで癒されますね。

119329

「ドライブドローイングにゃごら」ゆるり

117676

「のびミケ」ゆるり

猫と言えば、やっぱり「三毛猫」ですよね。

1枚目は子猫の瞳から目が離せない油絵。

2枚目は伸びをする三毛猫。こちらはパステルで描かれています。ピエール・ボナールの作品を彷彿とします。

身近でよく目にする猫の姿を、愛情を持って描く画家の姿勢が伝わってきます。

まとめ

今回は猫をモチーフとした絵画・アートをご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

あなたのお気に入りの猫アートは見つかりましたか?

画家によっても描き方はそれぞれ。

絵画の中だからこそ描ける猫の姿をご堪能いただければ幸いです。

意外な一面を描いた作品もあったのではないでしょうか。

ぜひ猫の絵画、アートを部屋に飾って、あなたも癒されてみてくださいね。

 

関連記事

「北方ルネサンス」とは?有名な画家と代表作品について分かりやすく解説

北方ルネサンスとは? 15世紀後半、イタリアで花開いたルネサンスはヨーロッパ全土に波及しました。 アルプスより北のルネサンス運動は北方美術と呼ばれますが、そのうち15~16世紀にネーデルラントで活動した芸術家とその作品群を「初期

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を詳しく解説!モデルの女性は誰?

青いターバンと真珠の耳飾りを身に付け、こちらを向く少女。 オランダの画家・フェルメールの作品といえば、「真珠の耳飾りの少女」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 印象的なモチーフと表情が繊細に描かれた傑作として、今なお世

「最後の晩餐」とは?ダヴィンチの名作の意味やすごい点・裏切り者の謎を徹底解説!

レオナルド・ダヴィンチの名作「最後の晩餐」。 イエス・キリストの処刑前夜に、使徒12人と食卓を囲む様子が描かれたこの作品は、美術史に残る傑作であると言われています。 アートにあまり興味がない人も、必ず知っている作品ですよね。

ミレーの「落穂拾い」とは?農民の姿を描いた絵画を解説

制作年 1857年 作品サイズ 83.5 cm × 110 cm 所蔵 オルセー美術館(パリ) 広々とした畑で3人の農婦が腰をかがめて農作業に勤しんでいる「落穂拾い」は、フランスの

有名な浮世絵師11人とその代表作を解説

浮世絵といえば、世界的な画家であるゴッホも心酔し、自らの作品にも取り入れた絵画。みなさんはそんな浮世絵についてどのくらい知っていますか? 江戸の時代に、多くの庶民の娯楽として親しまれた「浮世絵」。浮世絵師が人気の人物や話題の場所な

TOP