広重と国貞 ~二人の絵師が描いた東海道五十三次~

会期中

Information

 
会期2022年9月13日〜2022年11月13日
会場 静岡市東海道広重美術館
入場料 一般520円(410円)/大学生・高校生310円(250円)/中学生・小学生 130円(100円)

※未就学児は無料
※( )は20名以上の団体料金
※市内に居住する70歳以上の方は無料
※子どもカードもしくは身分証明書等の提示により、市内に居住し、又は通学する小学校の児童及び中学校の生徒並びにこれらに準ずる方は無料
※障害者手帳等の掲示により、本人及び同伴者1名様は無料
開館時間 9:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12/28〜1/4)
住所 〒421-3103 静岡市清⽔区由⽐297-1
地図 Google MAPで見る
公式HP https://tokaido-hiroshige.jp/exhibition/next.html

展示内容・解説

誰もが知っている歌川広重の『東海道五拾三次之内』(保永堂版)。この保永堂版東海道を背景に使った別の絵師が描いた「東海道五十三次」をご存じでしょうか。本展では歌川広重の『東海道五拾三次之内』と、歌川国貞の『東海道五十三次之内』、またその二人の合作の『雙筆五十三次』の3シリーズをご紹介します。江戸後期の歌川派を代表する二人の絵師が描いた「東海道五十三次」をお楽しみください。
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP