お出かけ動物千葉
ART

絵を描くゾウさん「ゆめ花」が描く絵がとにかく可愛い!!

とにかく可愛い!
絵を描くゾウさん「ゆめ花」

千葉県市原市にある「市原ぞうの国」

国内最大の象の飼育数を誇るこの動物園には、絵を描くゾウ「ゆめ花」がいます。

今回は、そんな絵を描くゾウさんについて詳しくご紹介!

みなさんもぜひ本物のゆめ花に会いに行ってみてください。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

「ゆめ花」

アジアゾウ

2005年5月3日生まれ

体重110kg

体高94㎝

 

日本で初めて「自然保育(人間の力を借りず、直接母ゾウの手で育つこと)」で育ったアジアゾウの「ゆめ花」

名前には「夢が花開く」という意味が込められています。

2歳から絵や文字を書き始め、テレビなどでも紹介されました。

絵を描くゾウが生まれる確率は200頭に1頭とも言われています。

絵だけでなく、フラフープ回しも大の得意。

小柄で可愛い仕草と愛嬌で、同園でアイドル的存在で親しまれています。

 

そんなゆめ花の絵を描く様子がこちら↓

 

 

ゆめ花はこれまでにも様々なアーティスト活動を行なっています。

 

2014年 横浜にある「象の鼻テラス」で初めての個展を開催

 

「ゆめ花 絵画展」

http://www.zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=244

 

絵を描く日本生まれのアジアゾウ「ゆめ花」の世界初となる絵画展。

生まれて初めて描いた作品から、今回の為に描いた新作まで、貴重な作品を集めた初めての個展です。

幼い象「ゆめ花」がお鼻を使って一生懸命描いた作品を、どうぞお楽しみ下さい。

引用:象の鼻テラス

 

こちらが実際の展示の様子。

おはなで描かれたゆるーいタッチのゾウさん。

これを描いてるのがゾウさんというところが何というか、とても心がほっこりしますね。

2015年 24時間テレビのチャリTシャツにスマイルマークを提供

 

ゆめ花×森田剛

 

様々な有名人、アーティスト、著名人、職人といった様々なジャンルの人々によるコラボデザインとなった2015年24時間テレビのチャリTシャツ。

そこでゆめ花はなんとV6の森田剛とコラボしました!!

ゆめ花が描いたスマイルマークはなんと、目がハート♡

女の子らしい可愛い作品に仕上がりました。

 

「ゆめ花」LINEスタンプ

「ゆめ花出産プロジェクト」の一環として販売されているLINEスタンプ。

ゆめ花を雄ゾウのいる動物園に滞在させ、妊娠後に市原ぞうの国で出産を迎えるというプロジェクト。

このプロジェクトにかかる費用は、およそ 2,000 万円。 

このスタンプの売上の一部がプロジェクトの支援金になります。

スタンプは第一弾第二弾がありますので、興味のある方はぜひ購入してあげてください!

 

「ぞうのゆめ花が描いたスタンプ」

https://store.line.me/stickershop/product/1349156

 

「ぞうのゆめ花が描いたスタンプ2」

https://store.line.me/stickershop/product/1356992

 

園内でゆめ花の描いた絵が購入できる?

ゆめ花が描いた絵を園内で購入できます。

タイでは「ゾウが描いた絵は幸せを呼ぶ」とも言われているそうです。

訪れた際にはぜひお気に入りの一枚を購入してみたいですね。

 

市原ぞうの国でゾウと触れ合おう

市原ぞうの国には10頭の象がいます。

ゾウと触れ合えるイベントがいっぱいの動物園です。

中でも特におすすめのイベントがこちら↓

 

ゾウさんショー

ここではタイなどのアジア諸国で見るような本格的なショーを見ることができます。

サッカーボールやフラフープを器用に使ったショーや、実際に絵を描く「ゆめ花」の姿もここで見ることができます!

この素晴らしいフラフープ捌き!!

 

ゾウさんライド

ゾウさんライドでは、ゾウの背中に固定されたベンチに乗ってお散歩ができます。

ゾウの背中からの眺めは最高!ゾウのゆったりとした足取りが背中から直に伝わってきて心地良いです。

訪れた際にはぜひ乗ってみてください!

 

ゾウさんリフト

こちらはなんと、ゾウさんの鼻にぶら下がってリフトができるというイベントです。

ゾウの背中に乗れる場所は他にもありますが、鼻にぶら下がれるチャンスはなかなかありません。

子供だけかと思いきや、なんと大人もOK!

大丈夫?鼻痛くならない?と心配になりますが、それほどゾウの鼻って力が強いんですね。

ショーの終了後にはゾウさんにおやつをあげれる「ゾウさんのおやつタイム」があります。

バナナを皮ごと食べちゃうゾウさんですが、実はバナナの木の幹も丸ごと食べちゃうとっても力の強い動物なんです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は絵を描くゾウ「ゆめ花」ちゃんについてご紹介しました。

おはなで描くゆる〜いタッチの「おはなアート」

子供の絵のような、独特の良さがあるんですよね。また色彩も豊かです。本当にゾウが描いてる?と思ってしまうくらいです。

あなたもぜひ本物を見に行ってみてください。

 

「市原ぞうの国」基本情報

HP:http://www.zounokuni.com/

所在地:〒290-0521 千葉県市原市山小川937

連絡先:0436-88-3001

アクセス:JR内房線五井(ごい)駅乗り換え、小湊鉄道 「高滝駅」より無料送迎バス
     (要事前予約TEL:0436-88-3001)約10分

開園時間:終日9:00〜17:00(12〜2月の間は平日のみ10:00〜開園)

休園日:毎週木曜日

入園料:大人1,800円、シニア(65歳以上)1,440円、小学生900円、幼児(3歳以上)500円、2歳以下無料

関連記事

戦争画とは?「アッツ島玉砕」などの有名作品・戦争時代を生きた画家について詳しく解説

  戦時中において、美術作品は身分の高い人物の肖像画や戦争の記録などを描くことでプロパガンダとしての役割を担うことが少なくありませんでした。 日本では古来から戦争を描いた絵画が存在し、主に戦争賛美や記録の目的で描かれたと言わ

バンクシーファンが注目する「WCP」とは?バンクシーの複製画・リプロダクション作品について解説

世界中の壁や橋などを舞台に、神出鬼没に活動する匿名アーティスト、バンクシー。 社会問題をクリティカルかつダークユーモアに溢れた数多くのステンシル作品は、現れるたびに、世界中の注目を浴び、数千万から億単位で取引され、オークションでも

遺族が企画したバスキアの回顧展「King Pleasure」がNYで開催中!初公開作品や遺品も多数

故ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の遺族が企画した回顧展「King Pleasure」が、現在ニューヨークで開催されています(〜2022年6月30日終了予定)。 遺族によって企画された初の回顧

「アボリジナルアート」とは?その魅力を詳しく解説

アボリジナルアートは、オーストラリアの先住民アボリジニの人々により描かれたアートのことです。 英語では「Aboriginal Art」といい、正式名称はアボリジニアートではなく「アボリジナルアート」。 (「アボリジニ」には差

運慶 快慶とは?仏師の生涯と代表作品・2人の関係について分かりやすく解説

運慶と快慶といえば、東大寺南大門の「金剛力士立像」を造った人物として日本史上とても有名な仏師です。 日本の仏像彫刻に大きな功績を残した両者ですが、2人の作風には明らかな違いがあり、独自の様式を確立していたことが知られています。

TOP