2020/10/28

お絵かきデッサン画材美大趣味   
   デザイン    

デッサン用鉛筆のおすすめ10選!種類と選び方を初心者にも分かりやすく解説

「これからデッサンを始めたいけど、どの鉛筆を買えばいいの?」「何から集めればいいのだろう?」…なんてお悩みではありませんか?

デッサンをするにあたって、鉛筆の選択は非常に重要です。硬度はもちろんのこと、ブランドによっても描き心地は異なるので慎重に選びたいところ。

今回は、デッサン用鉛筆の選び方のコツを5つの観点から掘り下げていきます。おすすめ商品も10個紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

デッサン用鉛筆の選び方

デッサン用鉛筆は通常の鉛筆と比べてそれぞれ目的などに合わせて種類が異なります。形状や硬さのほかブランドなど、それぞれ特徴やメリットが異なりますので、しっかりと把握して自分にとってぴったりなアイテムをみつけましょう。

描き心地や性能などと合わせて詳細にまとめましたので、ぜひ購入の際には参考にしてみてくださいね。

 

メーカー・ブランドで選ぶ

デッサン用鉛筆はメーカーやブランドによって特色が異なります。

描き心地や仕上がりにも影響が出てくるので、それぞれの特徴を捉えておきましょう。コスパや柔らかさなど理想とする使用感に近いものを探してみてください。

製造のこだわりなどもメーカーによって異なります。ここでは主に「ハイユニ」「ユニ」「ステッドラー」の三つをまとめました。メリットや向いている人について詳しく掘り下げていきますよ。

 

滑らかな書き心地の三菱鉛筆「ハイユニ」

ソース

まず「ハイユニ」はなめらかな描き心地が特徴的な鉛筆です。芯の折れにくさというのはデッサンにおいて重要ですよね。

書いている最中に折れてしまうと作品の出来にも影響を与えますし、何よりもモチベーションが下がってしまいます。

三菱鉛筆のハイユニはなめらかで心地の良い滑り具合と、折れにくいことで親しまれています。

集中力も持続されますから、扱いやすく折れにくいものを探している方はこちらをチェックしてみてください。

次に紹介するユニとの大きな違いは「芯の材質」です。通常、鉛筆は黒鉛と粘土を合わせて作られるのですが、ハイユニでは不純物を極限までカット。また、粒子も均一なため滑らかな描き心地を実現しているのです。

 

コスパに優れた三菱鉛筆「ユニ」

ソース

こちらも三菱鉛筆から登場しています。「ユニ」はハイユニに比べてコスパがよく、初心者の方は試しに使ってみたい方にもおすすめです。こちらもやわらかめで折れにくいという特徴があります。

ユニはスタンダードなモデルなので、ハイユニと比べると描き心地はやはり劣ります。ユニとハイユニの値段には50円の差もあるので当然ですね。

本格的にデッサンを始める前に、とりあえず練習で使ってみたいときやそれぞれ使い心地を確かめたいときはユニを選んでみてもいいですね。

 

固めの書き心地が魅力「ステッドラー」

ソース

固めの描き心地で繊細な作品を描く方におすすめなのが「ステッドラー」です。製図用など細かい描写を目的としているならばステッドラーの方が向いています。芯が硬めに作られているので折れにくく紙への色の乗りも抜群です。

また細くしなやかな線が描けることでも愛されています。細かい作品を書きたいときはステッドラーを検討してみましょう。

 

鉛筆の「硬さ」で選ぶ

デッサンで使用する鉛筆はそれぞれ硬さが異なります。描き心地や仕上げたい作品によって使い分けたり、自分が表現したい作品の理想に合わせて硬さを選びましょう。

それぞれ鉛筆の方の特徴や、注目ポイントについて詳しくご紹介いたします。選ぶ基準をしっかりと把握しておいてくださいね。

 

硬さは「10H〜10B」まで!
豊富なバリエーション

 

まずデッサン用の鉛筆の種類は薄くて硬い10Hから濃くて柔らかい10Bまであります。

それぞれの硬さで得意とする表現が違いますので、複数揃えるのが一般的です。デッサンの序盤では柔らかい2B程度、濃く表現したい部分には4B以降、デッサンの終盤に細かいタッチを加える時には2Hなどと使い分けましょう。

 

「2H〜4B」までは揃えておくと◎

初心者や鉛筆デッサンに慣れていない方は、まずは2Hから4Bの間くらいでそろえておきましょう。デッサン用の鉛筆には全部で22種類ありますが、すべて揃える必要はありません。

初めのうちは2Hから4Bくらいが揃っていれば十分です。力の入れ方や陰影の特徴などのスキルを身につけていきましょう。

 

モチーフや表現に合わせて硬さを買い集めよう

ある程度鉛筆デッサンに慣れてくると、自分が表現したい構図や欲しい鉛筆の硬さなどがわかってきます。

描きたい表現によって鉛筆を変えてあげると、より細かで立体的なデッサンができるようになるでしょう。

「もう少し細かいところを書き込める硬い鉛筆が欲しい」「濃い鉛筆で影を表現したい」など自分の目指す表現に合わせて他の硬さを購入し、試してみてください。

 

セット内容(本数・バリエーション)で選ぶ

デッサン用の鉛筆はそれぞれセットで販売されていることもあります。

初心者用にセットになっているものや、使いやすくケースが付いたものなどさまざまです。鉛筆の硬さと一緒にセット内容にも注目しましょう。

すべてを自分で揃えるよりもセットになっているものの方がお得ですし、いろいろな濃さの鉛筆が試せますよね。セット商品を選ぶ際には内容をしっかりとチェックしておいてください。

 

【初心者におすすめ】色々な硬さの鉛筆が入ったセット

初心者の場合はどの硬さが自分に合っているのかまだわかりませんよね。そんな方には最初から複数の硬さが入ったセットを購入するのがおすすめです。

セット商品はバラ売りよりもお得な価格で販売されていることも珍しくありません。

結果として使わない硬さのものが出てくるかもしれませんが、色々な表現を模索するにはぴったりです。なるべく幅広い硬さの鉛筆が入っているものを選びましょう。

 

持ち運びに便利!ケース付きのセット


ソース

セット商品によっては専用のケースやペン入れなどが付属していることもあります。

たくさんのデッサン鉛筆を持ち歩くのはなかなか大変です。とくに学校などで使う場合には、ケースなどがついていると便利ですよね。

持っている鉛筆の管理もしやすくなりますし、ぜひケースにも注目して探してみてください。ケースにはプラスチックや金属製のハードケースや、布の巻き型などあります。

 

形状や持ちやすさで選ぶ

デッサン用の鉛筆を選ぶ際には、軸の形状にも注目しましょう。

軸の形状によって使い心地や持ちやすさは変わります。通販などではなかなかわかりにくい部分ではありますので実際に持ってみるのが一番でしょう。

比較的握りやすいと言われているのは六角軸です。円形や多角形などの種類別に見たデッサン鉛筆の特徴をまとめました。

 

円形・多角形など様々

デッサン鉛筆に限ったことではありませんが、鉛筆はそれぞれ形状が異なります。普通の鉛筆であっても円形から多角形などがありますよね。

もっともポピュラーなのは六角軸。ユニやステッドラーもこの形状です。

多角形型の鉛筆のメリットは、芯が削りやすい点です。デッサンではカッターで鉛筆を削りますが、多角形の山の部分を削るようにすると均等に芯を削ることができます。デメリットとしては、力を込めて描く場合にペンだこなどができやすいことでしょう。

一方で丸型の鉛筆は強く持っても手が痛くなりにくいです。芯は多少削りにくいですが、長い時間持っても痛くなりにくいのは大きなメリットですよね。

 

自分の手にフィットするものを選ぶ

デッサン鉛筆を選ぶとき一番いいのは実際にその鉛筆を握ってみることです。実際に握ってみると手とのなじみ具合や触り心地のほか、フィット感がはっきりとわかるでしょう。

持ち方のくせや筆圧によっても握りやすいと感じる形状は人それぞれです。特にデッサン初心者の方は実際に触れてみた方がわかりやすいでしょう。慣れてくればこだわりの鉛筆を選べるようになりますよ。

 

芯の材質で選ぶ

デッサン鉛筆には芯の素材にも種類があります。使い心地だけではなく、描き上げた時の仕上がり具合も変わってきますから自分好みの素材を選ぶのが大切ですね。

主なデッサン用鉛筆の芯の種類は「グラファイト」と「カーボン」です。それぞれの特徴をまとめました。使い勝手のいいものを使いましょう。

 

滑らかで光沢感がある「グラファイト」


ソース

「グラファイト」はなめらかな質感と光沢感があるのが特徴的です。三菱鉛筆の「ユニ」や「ハイユニ」で使われている素材で光沢感のある仕上がりが目指せます。つや感を得たい方にぴったりです。

自分が描きたい作品のイメージに合わせて使い分けてもいいでしょう。使い心地もいいので初心者にも向いている素材です。

 

マットで木炭のような質感の「カーボン」


ソース

「カーボン」はマットな仕上がりになる特徴があります。木炭のような質感の素材で、木炭デッサンに近い作風になるでしょう。「ステッドラー」の鉛筆はこちらのカーボンの芯が使用されています。

木炭デッサンを経験したことのある方が、カーボン素材のデッサン鉛筆を使用してデッサン作品を書き上げることもあります。マットな仕上がりですので使い慣れるまで少しコツが必要です。

 

デッサン・スケッチ用鉛筆のおすすめランキング

デッサンやスケッチ用の鉛筆の中で人気がありぜひ一度試していただきたいおすすめのアイテムをご紹介いたします。ランキング形式で見ていきましょう。それぞれの特徴やおすすめポイントをまとめました。

 

三菱鉛筆 「ハイユニ アートセット 22本入」

3,090円 (税込)

デッサン鉛筆の名作とも言われているハイユニの鉛筆です。22本セットになっているので自分にとってぴったりな鉛筆を見つけることができるでしょう。10Bから10Hまであり硬度の幅も広いです。

一般的な鉛筆に比べると芯が細かい微粒で均一なため、よりキレイに黒く描くことができます。デッサンやスケッチだけではなく製図やクラフトなどにもぴったりです。滑らかで濃い描写ができますよ。

三菱鉛筆 「ユニ uni プラケース入り12本入り」

646円 (税込)

プラケースがついているので気軽に持ち運びができます。9Hから6Bまでの12本が展開されていますので、よく使う硬度のものをまとめ買いする時におすすめです。軸はスタンダードな六角軸なので手にフィットしやすいでしょう。

本商品の難点は、1つのケースには1つの硬度しか入っていないところ。複数人での共同購入などに向いていますが、個人の場合はバラ売りで買った方がいいかもしれません。

ステッドラー 「鉛筆 ルモグラフ 製図用 12硬度セット 缶ケース」

1,336円 (税込)

プロのユーザーからも愛されていて信頼され続けている鉛筆です。純度が高くそろった粒子がしっかりと紙に定着してくれます。また消字性が高くて、かつ芯減りが少ないので長らく愛用できるでしょう。

プロのデザイナーからアーティスト、美大生など幅広く活用いただけます。日本で発売されている一般的な鉛筆に比べて若干硬めの硬度です。製図だけではなくクロッキーデッサンなどにも向いています。絵画教室に通う学生さんなどからも支持されているデッサン鉛筆です。

ファーバーカステル 「9000番鉛筆アートセット 」

1,600円 (税込)

8Bから2Hまでが揃った12本セットです。手軽なデッサンからプロのアーティストまで幅広く愛されています。さまざまなコントラストや描写を描くことができますので練習にもぴったりでしょう。

芯と木軸を全面装着した折れにくいSV式です。折れにくく、そして使いやすいので長らく愛用できます。環境にも優しい水性塗料が軸につかわれています。

北星鉛筆 「鉛筆 アートセット 描画用」

838円 (税込)

デッサンには欠かせない4Hから6Bまでの鉛筆を書く1本ずつセットになっています。高品質で描き心地にも満足できますよ。北星鉛筆は「大人の鉛筆」にて日本文具大賞を受賞しました。実績と人気のある鉛筆です。

シンプルかつ使いやすさにこだわって作られています。余分なものをすべて取り除いたシンプルなデザインの鉛筆セットですから、これから始める人にもおすすめです。もち運びにも便利ですね。

ARTEZA「プロフェッショナルデッサン用鉛筆12本セット」

3,030円 (税込)

プロ品質のデッサン用鉛筆で特別なブリキ製の保護用ギフトボックスに入っています。

細かいディティールからイラストのほか、写真画、スケッチなどさまざまな場面で活躍してくれるでしょう。6Bから4Hまで揃っているので、墨入れからテクスチャーの描写まで全てに対応できますよ。

特別な結合によってより芯が強度になり、長持ちしてくれるのも見逃せません。先端の強度が高くなり描きやすさを感じますよ。

ストレスを感じにくく削りやすさと消しやすさが抜群です。また環境のことを考えて無毒で優しい鉛筆に仕上がっています。

ステッドラー 「鉛筆 ルモグラフ ブラック 」

955円 (税込)

デッサン仕様に改良されたステッドラーの鉛筆です。その特徴はまさに鉛筆と木炭のいいとこ取り。鉛筆の手軽さ×木炭の濃さを両立しています。紙への定着力も抜群で、フィキサチーフいらずです。

テカリが少なく、書き心地は独特のザラザラ感があります。きっちりタイトな描写をしたい方にはぴったりでしょう。

セット内容は6硬度・6本が入っています。持ち運びにも便利な感ケース入りで出先でのスケッチにもおすすめですよ。

SANFORD「プリズマカラー 12本」

4,555円 (税込)

なめらかに心地よく線を描くことができます。初心者の場合少々扱いづらさを感じることもありますが、慣れている方やプロのアーティストなどからは支持されています。ブリキの容器に入っているので持ち運びにも苦労しません。

陰影を表現するのにぴったりで慣れてくればさまざまな描写を行うことができるでしょう。紙への定着がよく、それでいて消しやすいのでストレスを感じにくいです。

カランダッシュ「グラフウッド 15本筒缶」

4,752円 (税込)

プロやアーティストの描写用に作られた鉛筆です。プロが使いやすくより自在に表現できるように設計されています。かわいらしい筒型の缶に入っているのでカバンにもしまっておきやすいですね。4Hから9Bまでの15硬度がセットになっています。

太軸の鉛筆で握りやすく手にフィットしやすいです。描いたときは色味が少し銀色っぽさがありますので、その色味を利用して表現することもできるでしょう。柔らかめで滑りが良い芯は快適な制作活動をサポートします。

ダーウェント 「グラフィックペンシル ソフト 12種セット」

2,485円 (税込)

イギリスの最高品質ブランドから発売されている鉛筆です。9B〜Hの12本とハードケースがセットになっており気軽にデッサンが始められますね。はっきりとした細かい描写から柔らかく繊細な陰影まで表現できます。

まずはいろいろな描写を試したい方にぴったりです。柔らかめの鉛筆をメインにセットとなっているので、紙を傷つけることもありません。
イギリスが生んだ最高品質で歴史も古く多くの国で愛される鉛筆をぜひお試しください。

あると便利!鉛筆以外のデッサン用具3選

鉛筆デッサンで使用する画材は鉛筆がメインです。…が、鉛筆だけではデッサンをすることはできません。

綺麗に消すための消しゴムや、柔らかい表現を助ける擦筆などがあれば、より理想に近いデッサンをすることができるでしょう。 今回は、鉛筆を買う時に一緒に揃えておきたいアイテム3つをご紹介します。

 

ヌーベル「ヌーベルイレーザー (ネリ消しゴム) 3個入り」

529円 (税込)

デッサンの時に使用する消しゴムは練り消しを使うのが一般的です。こちらのヌーベルの練り消しゴムは柔らかめで消しやすいのが特徴。

各練り消しにはチャック付きの袋がついているので、保管中に埃がつくことも防げます。あえて難点を挙げるならば、消した後にざらつきが残りやすいこと。しかし、薄めに色を乗せていけばそこまで気にならないでしょう。

コストパフォーマンスも使い勝手も抜群の安定の練り消しゴムです。

トンボ「消しゴム MONO モノゼロ 丸型 つめ替え消しゴム付き 」

550円 (税込)

練り消しでは消しづらい細かい部分を消したい…そんな時に活躍するスティック状の消しゴムです。
「デッサンの後半に綺麗に輪郭を整えたい」「ハイライトを綺麗に入れたい」…なんてことありますよね。しかし、練り消しだとふわっとしてしまう。消したくないところまで消してしまう…などなどストレスが溜まってしまいます。

そんな時に、ピンポイントで消すことができるのがトンボのMONOZERO!狙った場所をしっかりと消せて、持ち運びも場所をとりません。ぜひ、鉛筆と一緒に購入してみてください。

AGPTEK 「22点 擦筆セット」

1,599円 (税込)

デッサンの最中、ぼかしたい場所がある時に便利な擦筆のセットです。
8種類の太さの擦筆が各2本、短くなった鉛筆を延長するのに役立つ鉛筆補助軸1本、消しゴムが2個、紙やすりが2個、そして全てを収納するためのペンケースが1個の合計22個のセットなります。

繊細な部分をぼかしたいとき、ティッシュでは限界がありますよね。そんな時にも、擦筆があれば細部までこだわって作品制作をすることができます。手も作品も汚すことなく、美しい仕上がりにするには必須のアイテムですよ。

まとめ

デッサン用鉛筆はプロのアーティストだけではなくデザイナー、学生などさまざまな人が愛用するアイテムであり絵画の学習においては欠かせません。一般的な鉛筆よりも濃さが幅広いだけではなく専門性にこだわって作られています。

これから始める方は10本や20本などいろいろな濃さの鉛筆がセットになっているものがおすすめです。選び方やメーカーの特徴などをふまえて、自分にぴったりなものを探してみませんか。

関連記事

子供部屋のインテリアに!絵画のオーダーメイド

子供部屋のインテリア、あなたはどんな所にこだわっていますか?   子供がある程度大きくなってくると、   "子供ための可愛い部屋を作りたい"   と思う方も多いのではないでしょうか。 &nbs

日本の名建築16選 全国の有名建築を解説

ソース 伝統が織りなす、日本の建築美を味わう 近年、日本の建築に注目が集まっています。 東京・六本木の森美術館で開かれた「建築の日本展」が開幕2カ月で20万人を動員したことも大きな話題となりました。   建築は単なる建物として

賃貸でもOK!おしゃれな壁インテリアのアイデア【実例つき】

  「おしゃれな部屋に住みたい」「インスタ映えする家具をそろえたい」でも、「実際何から始めるべきか分からない。。。」そんな人も多いのではないでしょうか。 そんなとき、まず着手したいのが「壁のインテリア」です。 壁は部屋の

一人暮らしのキッチン収納!おしゃれなキッチンをつくるポイントを解説【実例つき】

ソース 一人暮らしを始めて、本格的に自炊を始めたという方も多いのではないでしょうか? 友達を家に呼んで食事を楽しんだり、お気に入りのキッチン雑貨や調理機器を揃えたりしていると、あっという間にキッチンに物が溢れてしまいますよね。 せ

似顔絵をプレゼント!オーダーメイドするならthisisgallery

誕生日や結婚記念日、還暦祝い、カップルの記念日など、誰かの記念日に    似顔絵を贈りたい   と考えている方も多いのではないでしょうか。   いつもの記念日とはまた違った特別なプレゼントを贈り

 

TOP