2020/12/28

MAGAZINE

二〇二一年「アートの初売り」人気ペーパークラフト作家・大村洋二朗の新作を、元旦からthisisgalleryで限定販売!

二〇二一年、thisisgalleryでは今年の干支「丑」にちなみ、ペーパークラフト作家・大村洋二朗による「牛」のハンティングトロフィー作品をthisisgalleryで限定販売致します。

 

販売・受注制作受付開始

 

 2021年1月1日(金)

 0:00より順次販売・受注制作受付開始

 

*こちらの商品は【完全受注制作】です。

制作に時間を要するため、ご注文が複数重なりますとご購入からお手元に届くまで1カ月以上のお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

ハンティングトロフィー<大>

「巨大なバッファローの頭部は花々に覆われる」

サイズ:高さ35㎝×横幅76㎝×奥行27㎝

重さ:500g以内

素材:木製パネル・クリアパネル・光沢写真用紙

受注制作:限定3作品

(パネル背面にエディションナンバーを記載いたします)

価格:42,000円(税抜)

商品詳細・ご注文はこちら

*商品ページは2021年1月1日0:00以降に公開開始となります。

 

「巨大なバッファローの頭部はサイケデリックに覆われる」

サイズ:高さ35㎝×横幅76㎝×奥行27㎝

重さ:500g以内

素材:木製パネル・クリアパネル・光沢写真用紙

受注制作:限定3作品

(パネル背面にエディションナンバーを記載いたします)

価格:42,000円(税抜)

商品詳細・ご注文はこちら

*商品ページは2021年1月1日0:00に公開開始となります。

 

ハンティングトロフィー<小>

「バッファローの頭部は花々に覆われる」

サイズ:高さ25㎝×横幅65㎝×奥行25㎝

素材:木製パネル・クリアパネル・光沢写真用紙

重さ:500g以内

受注制作:限定5作品

(パネル背面にエディションナンバーを記載いたします)

価格:26,000円(税抜)

商品詳細・ご注文はこちら

*商品ページは2021年1月1日0:00に公開開始となります。

 

「バッファローの頭部はサイケデリックに覆われる」

サイズ:高さ25㎝×横幅65㎝×奥行25㎝

重さ:500g以内

素材:木製パネル・クリアパネル・光沢写真用紙

受注制作:限定5作品

(パネル背面にエディションナンバーを記載いたします)

価格:26,000円(税抜)

商品詳細・ご注文はこちら

*商品ページは2021年1月1日0:00に公開開始となります。

 

作家コメント|ペーパークラフト作家・大村洋二朗

今回、thisisgalleryの新年初企画のご提案を頂き、ペーパークラフト技術を用いて実在するバッファローの写真をもとに立体化した、ハンティングトロフィーの多面化写真彫刻を制作しました。

限定3点の大サイズ作品は、全長76㎝ほどになります。小サイズ作品でも全長65㎝ほどになりますので、こちらもかなり大型の作品になります。

試作を何度も重ねて完成した洗練された造形に仕上がっております。

 

大村洋二朗

2015年ごろにペーパークラフト技法を用いた写真を立体的に組み上げるという独自の彫刻「多面化写真彫刻」を開発。

以後、多面化写真彫刻作家として活動を続け現在に至る。

>>作家詳細はこちら

 

thisisgalleryでも新作発表後、毎回すぐに完売となる人気作家の年始限定作品です。

新年初のアート作品購入に、ぜひご検討ください!

 

作品詳細・ご注文に関するお問い合わせはこちら

info@thisisgallery.com

関連記事

知っておきたい世界の有名画家40人と代表作品を分かりやすく解説

  あなたは「画家」と聞いて、誰が思い浮かびますか? ピカソやゴッホなど画家の名前は知っていても、彼らがどんな作品を残し、作品のどこがすごいのか「実はよくわからない...」という人も多いのでは。 「作品の見方、感じ方は人

「抽象表現主義」とは?有名な画家と代表作品を分かりやすく解説

抽象表現主義とは? 1940年代後半から50年代にかけてニューヨークを中心に広まった抽象表現主義は、その名の通り具体的なモチーフを持たず、巨大なキャンバスに描かれ、感情を表現したスタイルです。 「ザ・ニューヨーカー」誌が1945

ゴッホの「ひまわり」全7作品を解説!日本で見れる作品&美術館も紹介

  ゴッホの代表作の一つ「ひまわり」。 ゴッホの筆遣いや色合いの特徴が大きく現れているひまわりシリーズは、現在も多くの人の心を魅了していますよね。 実は、ゴッホが描いたひまわりは連作で、全部で7作品あります。その中には日

ルノワールとは?代表作品や画家の人生を分かりやすく解説!

幸福の画家ルノワール 印象派を代表する画家、ピエール=オーギュスト・ルノワール。 日本でも大変な知名度を誇るため、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 その明るく穏やかな画風から「幸福の画家」と称賛されるルノワ

山下清とは?日本のゴッホと呼ばれた画家の人生や代表作品を解説!

緻密で色鮮やかな作風のちぎり絵で名を馳せ、「日本のゴッホ」と称された画家・山下清。 テレビドラマ「裸の大将放浪記」のヒットにより、坊主頭にランニングシャツと半ズボンの出立ちで全国を放浪した画家という印象が強いですが、ドラマでは描かれな

TOP