2018/02/09
アート/Art

一度は訪れたい!南米・アジア有名美術館8選

一度は訪れたい!南米・アジア有名美術館8選

アートの市場はアメリカやヨーロッパが主流でした。しかし、近年になり非欧米諸国の市場の動きが活発化してきています。

その中でも、特に注目を集める5選を紹介しようと思います。

欧米諸国にはない、大自然の中の美術館やその国一大きい美術館など多義にわたります。

今後のアートを動きを知るためにも是非チェックしてみてください!

 

 

メキシコ

  1. Museo de Arte Moderno l 近代美術館(メキシコ)
  2. ソウマヤ美術館
  3. オアハカ現代美術館(el Museo de Arte Contemporaneo de Oaxaca)
  4. MUSA海底美術館

ブラジル

  1. イニョチン(ブラジル)

シンガポール

  1. ナショナル・ギャラリー・シンガポール

イスラエル

ルアビブ美術館

ロシア

エルミタージュ美術館

 

Museo de Arte Moderno 近代美術館(メキシコ)

MAM+baja33

約3,000点もの20世紀メキシコ芸術作品を所有しており、同カテゴリーにおいて世界最大規模のコレクションとなっています。

20世紀初頭の革命下のナショナリズムの強い壁画運動の巨匠作品から、よりコスモポリタニズムの傾向を強め抽象絵画などを展開する1940~60年の ”La generacion de ruptula (断絶の世代) ”の作品、そして21世紀の作品まで、メキシコの近現代芸術を一望できます。

 

Museo de Arte Moderno  近代美術館

住所:Av. Paseo de la Reforma y GandhiI s/n, Miguel Hidalgo, Bosque de Chapultepec I,

開館時間:10:15~17:30(火~日)

閉館日:毎週月曜日

入館料:一般62ペソ(毎週日曜日は無料)

HP:http://www.museoartemoderno.com/

 

 

Museo Soumaya ソウマヤ美術館

Museo_Soumaya_Plaza

大富豪でもあるメキシコ人実業家カルロス・スリム氏のコレクションを展示。

15世紀~20世紀のヨーロッパ芸術家の作品が中心ですが、メキシコの近代・現代芸術家マヨ、シケイロス、リベラ、フランシスコ・トレド等の作品も展示されています。メキシコ人建築家フェルナンド・ロメロによる宇宙戦艦のような建物も必見。

入館料が無料なのも魅力です。

 

 

ソウマヤ美術館

住所:Boulervard Miguel de Cervantes Saavedra 303, Granada, Miguel Hidalgo, 11529 Ciudad de México

開館時間:10:30~18:30(土曜は20時まで)

閉館日:毎週火曜日

入館料:無料

HP:http://www.soumaya.com.mx/index.php/eng/

 

 

 

オアハカ現代美術館(el Museo de Arte Contemporáneo de Oaxaca)

3FCA7EFAF12E49DC91595EC7B80E49CC_L

オアハカ中心部にのびる歩行者天国に位置しており、17世紀の終わりから18世紀の終わりにかけて建てられたコロニアル建築のなかの美術館

展示内容は1階と2階で異なる企画展が催されており、メキシコの伝統的な産業や社会問題を扱った作品が多いことが特徴です。昔は社会運動が多かった為、オアハカの街自体にもストリートアートが多く見受けられます

この美術館の特徴は、その歴史ある壮麗な建築物とアート作品のコラボレーションです。この建物自体が必見の美しさを誇っているのですが、そこにアート作品が加わることによって素晴らしいハーモニーが奏でられています。その共演はとても素晴らしく、近代的なホワイトキューブのなかにアート作品が展示してあるのとは、ひと味もふた味も違います。

 

オアハカ現代美術館

住所:Alcala 202 | Centro HistoricoOaxaca, Mexico

開館時間:10:00~19:00

閉館日:月曜

入館料:57メキシコぺソ

HP:http://mucoinah.blogspot.jp/

 

 

MUSA水中美術館(海底美術館)

article-0-18C5F2AF00000578-804_964x650

 

少し前にネットでも話題になりました。メキシコを訪れた際はぜひ訪れてみたい美術館のひとつ、MUSA水中美術館(海底美術館)。名前の通り、水中にある美術館です。

場所は、メキシコが誇る常夏のリゾート、カンクン。もともとはカンクン国立海洋公園が、珊瑚礁を守るプロジェクトの一環として始めました。年間750,000人もの観光客の訪れるカンクンでは、珊瑚の破壊が深刻な問題になっており、この美術館へ観光客を引き寄せることで、野生の珊瑚に休息を与えることと、美術館そのものが、海の環境へ寄与するように考えられているようです。

イギリス人作家ジェイソン・カイリース・テイラー氏が手がけた石像約400体が海底に沈められており、海中生物にやさしい素材で作られた石像にサンゴが付着していく自然現象は、計算されて造られた海中のアート作品です。体験ダイビングで参加もできるので、ぜひ訪れてみてください。

 

taylor-Vicissitudes-Ring

 

MUSA /Underwater Museum of Art (カンクン海底美術館)

住所:Blvd. Kukulcan Km. 15.3、La Isla, Zona Hotelera、77500 Cancún, Q.R,Mexico

料金・開館時間:ツアーによって異なります。

HP:http://musamexico.org/

 

 

イニョチン【INHOTIM】 ( ブルマジーニョ・ブラジル)

inhotim1

広大な屋外現代美術センターといったら良いのでしょうか。

ここには元農場だという池あり、丘ありの広大な敷地に、21のギャラリーと23の屋外アートアート作品、また敷地には4500種もの植物が植えられていて、自然とモダンアートが融合した特別な空間なのです。

ブラジル・ミナスジェライス州の州都ベロオリゾンチにあるコンフィンス国際空港から、車で山の中を目指して約1時間半ブルマンジーニョという小さな街に、イニョチンがあります。その広大な土地は1日かけても廻りきれないほどの広さで、移動用のカートも用意されるほどです。野外作品には、草間彌生の作品もあります。

 

イニョチン(Inhotim)
住所:Rua B 20, Brumadinho, State of Minas Gerais

営業時間: 9:30~16:30(火~金)、9:30~17:30(土日、祝)

休日:月曜

入場料:火曜日無料(祝日除く)、水曜、木曜: R$20、金~日曜祝日:R$30

HP:http://www.inhotim.org.br/

 

 

 

ナショナル・ギャラリー・シンガポール

Former-Supreme-Court-Balcony_1_Photo_credit_National_Gallery_Singapore_Fotor

東南アジアの経済・貿易の中心都市であるシンガポールですが、ここ最近は、アジアの現代アートの発信地として、世界に注目を集めています

というのも、2006年には「シンガポール・ビエンナーレをはじめ、初のアート地区ギルマン・バラックス――元イギリス軍施設の広大な土地を、10カ国から集まった13ギャラリーのほか、アーティストスタジオや芸術研究センター、飲食店などが並ぶアート地区(日本からは、小山登美夫ギャラリー・Mizuma Gallery・オオタファクトリーが参加)――、

2015年には「ピナコテーク・ドゥ・パリの分館が当地にオープン。政府がアートにとても力を入れているんですね。

そのような背景から2016年に開館された、世界最大級の美術館ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、総床面積、約6万4千平方メートル。館内には、シンガポールをはじめとする東南アジアのモダンアートを中心に世界中から集められた絵画、彫刻、映像など8千点以上のコレクションを有しています

 

ナショナル・ギャラリー・シンガポール

住所:1 ST. ANDREW’S ROAD,SINGAPORE 178957

営業時間:10:00~19:00(日曜~木曜、祝祭日)、10:00~22:00(金曜・土曜・祝前日)

入館料:20シンガポールドル

HP:https://www.nationalgallery.sg/

 

 

  1. ルアビブ美術館(イスラエル)

世界の美術館(ヨーロッパ~)_ページ_51_画像_0001

イスラエルを代表する美術館。1932年開館の旧館と2011に完成したアメリカ人建築家スコット・コーエンによる設計の新館との2館あります。

旧館ではピカソやヘンリームーア、マティス、ルノアールなど誰でも知っているような有名作家の作品が充実しており、旧館入ってすぐにある巨大なポップ・アートリキテンシュタイン「Museum」が飾られています。

新館は大胆なカッティングデザインの建物自体がもはやアート作品ですが、館内ではイスラエル人によるアート作品を主に展示しています。

個性的なイスラエル人の作品はここでしかお目にかかれないものも多く、有名作品よりむしろ必見かもしれません!期間限定のイベントなど見どころも多く、観光客にも案内が分かりやすいのも魅力です。

 

ルアビブ美術館

住所:Sderot Sha’ul HaMelech 27, Tel Aviv-Yafo, 

開館時間:(月・水・土) 10:00~18:00、(火・木) 10:00~21:00、(金) 10:00~14:00

休日:日曜日

料金:50NIS

ホームページ:http://www.tamuseum.org.il/

 

 

  1. エルミタージュ美術館

世界の美術館(ヨーロッパ~)_ページ_50_画像_0001

世界三大美術館1エルミタージュ美術館

ロシア最も美しい街と称されるサンクトペテルブルグの中心に建つエルミタージュ美術館は、それ自体が旅の目的になるほど魅力的な観光スポットです。エルミタージュを構成する、宮、小エルミタージュ旧エルミタージュ新エルミタージュ劇場エルミタージュ五つの建物は、19世紀から約百年かかって完成されました。

古代エジプトピカソやマティスの初期作品フランス近代絵画をはじめとした膨大なコレクションもさることながら、ロシア帝国の繁栄を物語る豪華絢爛な宮殿は見ているだけでため息が出るほどの美しさですが、あまりにも広大な敷地のため迷子に注意が必要です!

 

エルミタージュ美術館

住所:Palace Square, 2, Sankt-Peterburg,

開館時間: (火・木・土・日)10:30~18:00(水・金~21:00)

休日:月曜日

料金:700RUB

ホームページ:http://www.hermitagemuseum.org/wps/portal/hermitage/?lng=ja

 

まとめ

今まで世界各地の有名美術館を紹介してきました。

いかがでしたか?旅の途中でぜひ寄ってみてください。

日本では最近、東京都現代美術館(清澄白河)がリニューアルオープンするなど今後の国内での美術館動向もチェックですね。

 

関連記事

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~新古典主義~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『新古典主義』です。新古典主義新古典主義は、18世紀中頃から19世紀初頭にかけて、西欧で建築・絵画・彫刻など美術分野で支配的となった芸術思潮のことです。それまでの装飾的・官能的なバロック、ロココの

アート初心者さんにもおすすめ!東京都内のギャラリー21選

あなたはどんな時ギャラリーに足を運びますか? 好きな作家さんが個展をやっていたり、ふと目についた絵が気になって入ってみたり、「休日は東京のギャラリーを梯子する」という人もいるのではないでしょうか。 一般的には「敷居が高くて入り辛い」

現代アートを楽しむために!知っておきたいアーティスト40人

もっと現代アートを楽しむために あなたは何人の現代アーティストを知っていますか? 美術経験は人それぞれ。「古典絵画から現代アートまで、どんなジャンルでも任せて!」そんな人も居れば、「美術館にはたまに行くけど、印象派や具象絵画以外はよ

0から学ぶ西洋美術史 ~北方・ルネサンス~

15.16世紀、イタリア美術とは違う独自の発展を遂げたアルプス以北の国々の美術を総称的に北方美術といいます。 国ごとに発展した芸術を紹介しますが、 なかでも15世紀にその舞台となった、フランドル(現ベルギー/フランダース(仏語)の方

イケメン画家 エゴン・シーレが描くエロス

ソース   第一次世界大戦前にクリムトと並んで活躍した、初期表現主義を代表する画家・エゴン・シーレ。 20世紀初頭のポートレイト絵画で最も影響力のある人物です。   まだタブー化されていたヌードを大胆な構図