映画
CULTURE

【2021年最新版】アクション映画 の人気おすすめランキング20!映画好きなら必ず見るべき名作をご紹介

私たちを爽快な気分にしてくれるアクション映画。

しかしアクション映画と一言で言っても、昔ながらのアナログチックなアクション映画から、最先端のCGを利用したアクション映画までさまざまですよね。

そのため今回の記事では、懐かしの名作から最新の作品まで、迫力あるアクションを楽しめる映画を、ランキング形式でご紹介します。

 

アクション映画ランキング20

20位 ジェイソン・ボーン(2016)

記憶をなくした元CIA捜査官である、マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンが、彼を取り巻く陰謀と戦いながら、記憶を取り戻していく大人気アクションシリーズの最新作。
シリーズ最新作である本作は、前作までで全て明らかになったと思えた謎から、さらにまた新たな謎が浮かび上がってきます。

\ ここがおすすめ /

マット・デイモンのスピード感あるアクションと共に、新たな謎が次々とひもとけていく展開にはハラハラさせられます。
かつてボーンシリーズでタッグを組んだグリーングラス監督とマット・デイモンが、9年ぶりにタッグを組んで挑む、手に汗握るアクションは見逃せません。

 

「ジェイソン・ボーン」を視聴する

 

19位 三国志 趙雲 無双伝(2020)

後漢末期の群雄割拠の時代における、歴史を築いた男たちの生き様を描いた映画です。
劉備の配下にいる武将「趙雲」が、後に歴史に刻まれる「長坂の戦い」に至るまでを描いています。

激動の時代を生きた男たちの生き様は激しく、観ているあなたをまるで本当に三国志の世界にいるかのような錯覚さえ与えてくれます。

\ ここがおすすめ /

槍を用いた迫力ある戦闘シーンは、見応え抜群です。
特に三国志好きにはもちろんのこと、アクション映画好きを唸らせることは間違いないです。

 

「三国志 趙雲 無双伝」を視聴する

 

18位 ソナチネ(1993)

「凶暴な男、ここに眠る」のキャッチコピーで人気を博した、やくざ映画。
本作は、北野武が監督を務める四本目の作品として高く評価されています。
特に1994年にはカンヌ映画祭やロンドン映画祭などに上映され、その人気はヨーロッパにまで知れ渡りました。

本作では、やくざたちが仲間たちと過ごす安寧の時間に、突如ふりかかる暴力とのギャップが強烈な印象を残します。

\ ここがおすすめ /

北野武監督作品の中でも、最も繊細で美しい作品といわれています。
美しい映像美に触れながら、いつどこで誰が死ぬかわからない展開に、作品の終わりまでドキドキさせられっぱなしになるはずです。

 

「ソナチネ」を視聴する

 

17位 ミッション・インポッシブル フォールアウト(2018)

トム・クルーズが主演を務める、大ヒットスパイアクションシリーズの第6弾。
本シリーズはなんと言ってもトム・クルーズが演じるイーサン・ハントが、ノンスタントでしているアクションシーンが特徴的です。

上空からの大ジャンプや激しいバイクチェイスシーンに加えて、アクションをマンネリ化させない手に汗握る心理戦が詰め込まれている本作。
さまざまな想いが交錯する中、最後に何がイーサンを待ち受けているのかはあなたの目でご確認ください。

\ ここがおすすめ /

本作ではトム演じるイーサンがビルからビルに飛び移るシーンがありますが、そのシーンもノンスタントでおこなっています。
実はそのシーンで、トムは骨折してしまいますが、骨折しながらもそのまま撮影は続行。
骨折しながらも演じ切った、トムの役者魂は当時話題になりました。

 

「ミッション・インポッシブル フォールアウト」を視聴する

 

16位 スパイダーマン ファー・フロム・ホーム(2019)

マーベルスパイダーマンシリーズの2作目となる本作では、「アベンジャーズエンドゲーム」を観ていない方からしたら、とんでもないネタバレが序盤に待ち受けているので、鑑賞する際には注意してもらいたいです。
そして最後に待ち受ける敵が、まさか”あの人”だとは誰も予想がつかないはずです…

\ ここがおすすめ /

エンドゲームからの続編でもある本作では、アベンジャーズからの展開を継承しながらも、スパイダーマン特有の軽快なスパイダーアクションが楽しめるようになっています。

 

「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」を視聴する

 

15位 少林サッカー(2002)

少林拳×サッカーというまさかの組み合わせで、当時大ヒットを記録したサッカーアクション映画です。
少林拳による超人的な香港アクションを、サッカーと組み合わせることによって展開するストーリーには、アクション好きのみならず、サッカーファンまで虜にしました。

なお本作は、日本のサッカー漫画の金字塔「キャプテン翼」にインスピレーションを得た作品としても知られています。

\ ここがおすすめ /

本作はワールドカップを超える、まさに「究極のサッカー」が体感できます。
中でも主人公演じるチャウ・シンチーが放つ、CGを駆使した迫力あるシュートシーンは、圧巻です。

 

少林サッカーを視聴する

 

14位 ワンダー・ウーマン1984(2020)

超人的な身体能力を持ち合わせた一族の王女ダイアナが、世界を救うスーパーヒーロー「ワンダー・ウーマン」として活躍する、スーパーヒーロー映画です。
2作目となった本作では、スーパーヒーローとしてあるべきか、一人の女性としてあるべきか悩むダイアナを中心に、物語はスピーディーに展開していきます。

そして女性スーパーヒーローならではの、しなやかさを持ち合わせた、数々のアクロバティックなアクションは必見です。

\ ここがおすすめ /

本作では80年代のアメリカが舞台になっています。
そのためアクションシーンはもちろんのこと、80年代特有の雰囲気も楽しめるのは魅力的です。

 

「ワンダー・ウーマン1984」を視聴する

 

13位 マトリックス(1999)

SF×アクションで、当時の映画界を一世風靡したマトリックスシリーズの第1弾。
本作の最大の特徴は、そのアクションシーンにあります。
従来のCGアクションにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムと呼ばれる技術をVFXで融合することによる映像は、当時「映像革命」として話題になりました。

運命に翻弄されるキアヌ・リーブス演じるネオが、苦悩の果てに才能が覚醒するシーンは鳥肌ものです。

\ ここがおすすめ /

当時話題を呼んだ映像技術は、公開当時のアカデミー賞にて視覚効果賞や音響賞を獲得。
まさに映像革命にふさわしい作品として評価されました。

 

「マトリックス」を視聴する

 

12位 ザ・ロック(1996)

侵入も脱出も不可能と言われている、アルカトラズ島の刑務所「ザ・ロック」を舞台に、アメリカ海兵隊のテロリストと、特殊部隊の鬼気迫る攻防を描いた作品です。
刑務所のような狭い舞台だからこそ表現できる緊張感と、雨の中での迫力あるアクションシーンには目が離せません。

\ ここがおすすめ /

作中の主人公のうちの一人であるメイソンを演じるショーン・コネリーは、かつてスパイ映画の金字塔である007でジェームズ・ボンドを演じていました。
そんな彼だからこそできる演技が本作にはちりばめられています。

 

「ザ・ロック」を視聴する

 

11位 燃えよドラゴン(1973)

カンフーアクション映画のパイオニアといえば、本作をあげる方が多いのではないででしょうか。
本作の主人公が持っている静かな闘志を原動力とした戦いには目が離せません。
そしてブルース・リーの本格的なアクションで脚色された本作は、いつまで経っても色あせることのない不朽の名作です。

\ ここがおすすめ /

本作の主人公であるブルース・リーが披露するアクションシーンには、彼が本当にジークンドーの達人として武芸に励んでいたからこその重厚感が伝わってきます。

 

「燃えよドラゴン」を視聴する

 

10位 ヒート(1995)

犯罪組織のボスを務めるロバート・デニーロと、その組織を追う刑事を務めるアル・パチーノの対決を描いた、クライムアクション映画です。
ハリウッド映画だからこそできる派手な銃撃戦と、そのシーンを彩るキャストたちの緊迫感ある表情は、非日常を体感させてくれます。

\ ここがおすすめ /

白昼堂々とおこなわれる銃撃シーンは、なんと12分にも及びます。
その12分の銃撃シーンは、あなたを「ヒート」の世界に没入させてくれます。

 

「ヒート」を視聴する

 

9位 ワイルド・スピード MEGA MAX(2011 )

大人気カーアクション映画シリーズの第5弾。
過去作に引き続き、誰もが知っている伝説の名車や、高級車が惜しげもなく使われたカーチェイスシーンに、痺れたファンも多くいたはずです。

本作では、過去作で主人公たちと協力関係を結んでいた人物が数多く登場し、ワイルド・スピードファンにはたまらない展開が待っています。

\ ここがおすすめ /

多彩なキャストで展開する、チーム一丸となった怒涛の逃走劇は迫力満点です。
もちろんカーチェイスも迫力満点で素晴らしいものですが、本作ではロケットランチャーやマシンガンを使用した過激な銃撃戦も魅力の一つです。
そのため車好きの方のみならず、ガンアクションが好みの方も楽しめる作品に仕上がっています。

 

「ワイルド・スピード MEGA MAX」を視聴する

 

8位 るろうに剣心 京都大火編(2014)

ハリウッドにも負けず劣らず、迫力ある殺陣を披露してくれた本作。
特に原作に沿った京都を舞台にしたストーリー展開には、ファンも納得の仕上がりだったはずです。

激しい殺陣の数々に目が離せない本作ですが、特に圧巻であったのが主人公を演じた佐藤健の殺陣です。
燃え盛る京都で殺陣をこなしながら駆け巡るその姿は、まさに原作の主人公である緋村剣心と瓜二つでした。

\ ここがおすすめ /

普段はおとなしい主人公が、戦いの時に見せる鬼気迫る表情のギャップには注目です。
特に普段の一人称は「拙者」などとおどけた雰囲気を醸し出しますが、戦闘の際には一人称が「俺」に変わり、人斬り抜刀斎としての人格が蘇る様子はまさにギャップを感じるはずです。

 

「るろうに剣心 京都大火編」を視聴する

 

7位 ダイ・ハード ラストデイ(2013)

第1作目から25年が経過した本作も、ブルース・ウィリス演じるマクレーン刑事のしぶとさは健在です。
本作ではマクレーン刑事に加えて、彼の息子も前線で一緒に戦うことになりますが、テンポの良い親子同士の掛け合いには、真剣な場面であっても思わず笑ってしまうことがあります。

\ ここがおすすめ /

本作はシリーズのなかでも、屈指のアクションシーンが連発します。
そのため展開に飽きることなく、手に汗握りながら観賞し続けられるはずです。

 

「ダイ・ハード ラストデイ」を視聴する

 

6位 七人の侍(1954)

娯楽映画の最高傑作として、現代まで語り継がれた本作。
黒澤映画のなかでも、屈指の名作とも言われています。
本作は日本の戦国時代を舞台として、用心棒として雇われた侍たちの野望を描いた作品です。

\ ここがおすすめ /

映像技術に頼ることができない時代に生まれた映画でありながらも、当時あった機材やアイデアをもとに、迫力あるアクションシーンを撮影しました。
中でもクライマックスの豪雨での決戦シーンはダイナミックで、モノクロでありながらも、あなたを釘付けにするはずです。

 

「七人の侍」を視聴する

 

5位 ターミネーター2(1991)

人類とサイボーグのギリギリな戦いを描いた、大ヒットSFアクションシリーズの第2弾です。
前作では、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるサイボーグが敵役として立ち回りましたが、今作では主人公たちを守る味方として登場します。

鍛え抜かれた体を惜しげもなく見せるアーノルドの肉体美は、味方としては頼もしい限りです。

\ ここがおすすめ /

本作では、本格的なSFアクションが魅力的です。
そのため本作を観ているあなたは、次々と展開するSFアクションに、息つく間もなくエンディングまで迎えることになるはずです。

 

「ターミネーター2」を視聴する

 

4位 ダークナイト(2008)

DCコミックスの人気ヒーロー「バットマン」と、同コミックスの中でも屈指のヒールキャラクター「ジョーカー」との対決を中心に繰り広げられるアクション映画です。
人気アメコミを再現した世界観は、思わずファンも興奮してしまいます。

\ ここがおすすめ /

第81回アカデミー賞に8部門もノミネートされた本作は、コミックが原作になっている映画の中でも一線を画す作品と言っても過言ではないです。
ヒーロー映画でありながらも、リアリズムを追求した本作の重厚感のあるアクションは、映画好きであれば見逃せません。

 

「ダークナイト」を視聴する

 

3位 レオン(1994 )

ジャン・レノ演じる孤高の殺し屋レオンと、若き日のナタリー・ポートマン演じるマチルダとの交流と復讐を描いた本作。
老獪なテクニックで、次々とターゲットを殺していくレオンの頭脳とアクションのバランスは観なければ損です。

\ ここがおすすめ /

日本で公開された当時のキャッチコピーは「凶暴な純愛」。
幼き頃から殺し屋をしていたレオンの無骨な愛情表現と、純真無垢なマチルダのピュアな愛情表現を表すには、うってつけのキャッチコピーだと言えます。

 

「レオン」を視聴する

 

2位 バイオハザード・リトリビューション(2012)

バイオハザードシリーズ第5弾となった本作ですが、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる、主人公アリスの華麗なアクションシーンはもちろん見どころですが、やはり本作といえばアンデッドの不気味さも見どころです。
特に迫りくるアンデッドの数の多さには、血の気が引いてしまうかもしれません…

\ ここがおすすめ /

本作は、シリーズ屈指の豪華キャストが過去作から集結しています。
そのためシリーズの中でも、秀逸な作品として知られています。

 

「バイオハザード・リトリビューション」を視聴する

 

1位 アベンジャーズ エンドゲーム(2019)

世界映画歴代興行収入で堂々の第2位を獲得している本作は、アベンジャーズシリーズの完結作としてふさわしい内容です。
ヒーローたちの前に立ち塞がる強大な敵、「サノス」との壮絶な戦いを描いています。
ラストバトルでの集結したヒーローたちのアクションシーンには、興奮せざるを得ません。

\ ここがおすすめ /

本作最大の見どころといえば、やはり「あのヒーロー」によるラストシーンです。
まだご覧になっていない方は、ぜひ自身の目で確かめてみてくだい。

 

「アベンジャーズ エンドゲーム」を視聴する

 

まとめ

ここまで歴代屈指のアクション映画をランキング形式でご紹介しました。

アクション映画と言っても、ジャンルはさまざまで、何を観たらいいか迷ってしまうかもしれません。

しかしさまざまなジャンルから選べるのが、アクション映画の良いところです。

ぜひ今回のランキングを通して、あなた好みのアクション映画を探してみてくださいね。

 

映画のおすすめ記事

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

映画「ゴッホ ~最期の手紙~」6万枚の油絵で描かれたアニメーション制作の裏側

  DATA   原題  『Loving Vincent』   監督  ドロタ・コビエラ       ヒュー・ウェルチマン   制作   2017,イギリス・ポーランド合作  日本公開 2017年11月3日

東京都内のおしゃれな図書館8選

ソース おしゃれで機能的! 図書館で贅沢な休日を 子供の頃はよく図書館に通っていたけど、最近は滅多に行かなくなってしまった…なんて方も多いのではないでしょうか。 しかし、都内にはたくさんの本が置いてあるだけでなく、フリーWi-F

安藤忠雄の建築作品を解説!国内・海外の代表作13選

建築好きなら一度は見るべき! 安藤忠雄の代表作について徹底解説 日本が誇る世界的建築家、安藤忠雄。 安藤氏はプロボクサーから独学で一級建築士の資格を取得し、建築家に転職したという異色の経歴の持ち主です。 国内だけでは

カーラッピングとは?種類や基礎知識・DIYをするコツを解説!

車をお持ちの皆さんは「カーラッピング」をご存知ですか? カーラッピングとは、車のボディにカッティングシートやフィルムを貼ってルックスを刷新することです。 ボディ全体にラッピングするのはもちろん、ボンネットやルーフなど部分的にラッ

谷崎潤一郎のおすすめ代表作品・謎に包まれた人生を解説

大正から昭和にかけて活躍し、芸術性の高い作品が国内外で評価を受ける文豪・谷崎潤一郎。 「痴人の愛」「春琴抄」などから、女性崇拝やフェティシズムのエロティックで情緒的な作品のイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。 実は谷崎の

TOP