2017/05/03

ワークショップ子供   
   News    

家族で美術館へ!子ども向けのアートワークショップおすすめ9選

Photo credit: 藍川芥 aikawake via VisualHunt /  CC BY-NC-ND

「うちの子も大きくなってきたし、そろそろ美術館でも静かにできるかな、、?」

「一緒に美術館に行きたい」
「子どもにアートを教えたい」

でも正直、「どの美術館に行くのが正解?」「どんな展示に行けば良いの?」「自分自身、アートについてよくわからない・・・」など、悩まれることも多いのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、親子で楽しめる子ども向けワークショップをご紹介します。

休日はぜひお子さんと一緒に、美術館へ足を運んでみてください。

 

 

東京都美術館

 

「とびらボード」

 

東京都美術館では中学生までの子どもを対象に、磁気式のお絵かきボードを配布しています。

作品を見ながら自分で好きにお絵かきができるので、このお絵かきボードをきっかけに子どもたちも作品を集中して見ることができます。

何度も描いたり消したりができますし、服も汚れないので、子どもに「作品を静かに鑑賞する習慣を身につけて欲しい」「じっくり作品を見て、鑑賞できるようになってもらいたい」といった親御さんの要望にも沿ったアイテムではないでしょうか?

これをきっかけにお家でもお絵かきや工作をしたり、物を「見る」力が身につきそうですね。

 

「とびらボード」に描いた絵は、最後ポストカードに「ぬりえ」として印刷し、その場で色をつけて持ち帰ることができます。

 

 

美術館内にはこのような看板が立ててあるので、安心して絵を描くことに集中できますね。

 

 

「Museum Start あいうえの」

 

「あいうえの」は、東京都美術館と東京芸術大学がタッグを組んで運営する教育普及活動チームです。

上野にある9つの文化施設(上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館)が、共に子どものミュージアム・デビューを支援し、独自の教育プログラムを提供しています。

 

全プログラムが「子ども無料」(小学1年〜高校3年生が対象)となっており、ミュージアム・ツアーやワークショップを開催しています。

 

公式ホームページでは、これまでの活動や今後のイベント情報も多く掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

動物園に科学館、図書館、美術館、博物館、と。どれを子どもが選んで取り組んでいくか、選択の幅が広いのは複数の文化施設が集まる上野ならではの魅力ですね。

親や学芸員、学生、たくさんの人と関わりながら子どもの文化教育ができるのは、親御さんにとって心強いのではないでしょうか。

 

東京都美術館 

公式HP http://www.tobikan.jp/

住所 東京都台東区上野公園8-36

営業時間 9:30~17:30

定休日 毎月第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

お問い合わせ 03-3823-6921

託児サービス あり(主に展覧会会期中の土日)

授乳室・おむつ替えスペース あり

ベビーカー貸し出し あり

 

森美術館

 

おやこでアート「ファミリーアワー」

 

森美術館では、開館前の美術館を小さいお子様(0歳〜6歳が対象)連れのお父さんお母さん、現在妊娠中のプレママ向けに貸切オープンしています。

通常と同じ入場料で、周りを気にすることなく子どもとゆっくり作品鑑賞ができます。

パパ友、ママ友を作るきっかけにもなるかも。

「休日はちょっと早起きして親子で美術館」なんて素敵ですね。

 

展示によっては美術館スタッフによる作品解説もあり、いつもの美術館とは違った楽しみ方ができます。

開催時間は9:15~10:30、期間は開催中の展覧会により異なるので、公式サイトでチェックしましょう。

 

 

「キッズ・ワークショップ」

 

森美術館では、開催中の展示に合わせた子ども向けワークショップも開催されています。

中には世界的に有名なアーティストが手がけるワークショップも!

ワークショップを通じて子どもの意外な一面を発見したり、新しい友達ができたり。貴重な成長の場になることでしょう。

 

展覧会によってもワークショップの内容は様々。中には普段あまり縁のない「哲学」をテーマにしたワークショップも。アートの最先端を発信する森美術館ならではのエディケーションプログラムが充実しています。

 

森美術館

公式HP http://www.mori.art.museum/

住所 東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズタワー53F

営業時間 10:00~22:00、火曜日のみ10:00~17:00

定休日 会期により異なる

お問い合わせ 03-5777-8600

託児サービス 六本木ヒルズ内にあり

授乳室・おむつ替えスペース 六本木ヒルズ内にあり

ベビーカー貸し出し あり

 

国立新美術館

 

 

「アーティスト・ワークショップ」

 

国立新美術館でも定期的に、開催中の展示に合わせたアーティスト・ワークショップが開催されています。

ワークショップの講師には、アート・デザインの専門家や有名アーティストが講師として参加することも。

対象年齢も幅広く、専門的な分野を学べるものから体験型までジャンルにも幅があるので、お子さんの興味のあることからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

国立新美術館

公式HP http://www.nact.jp/

住所 東京都港区六本木7丁目22−2

営業時間 10:00~18:00

定休日 火曜日(火曜日が祝日または振替休日に当たる場合は、翌平日が休館)、年末年始

お問い合わせ 03-5777-8600

託児サービス あり(毎月第2木曜・第3日曜、および第4月曜)

授乳室・おむつ替えスペース あり 

ベビーカー貸し出し あり

 

世田谷美術館

 

「キッズイベント」

 

世田谷美術館では、開催中の展示に合わせたワークショップや、コンサート、読み聞かせといった子ども向けイベントを行っています。

会期中の毎週土曜日に開催されている「100円ワークショップ」では、展示ごとに合わせた簡単な工作ができ、作ったものを持ち帰ることができるので、美術館に来た際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、世田谷美術館は砧公園の中にあるので、美術館に行ったら今度は外で遊んだりと親子で一日中遊べるスポットです。

 

世田谷美術館

公式HP https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

住所 東京都世田谷区砧公園1-2

営業時間 10:00~18:00

定休日 月曜日(祝休日の時はその翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)

お問い合わせ 03-3415-6011

託児サービス なし

授乳室・おむつ替えスペース あり

ベビーカー貸し出し あり

 

横浜美術館

 

子どものアトリエ「親子のフリーゾーン」

 

横浜美術館は「子どものアトリエ」という館内に子どもの工作のための広いスペースを提供しています。

毎週日曜日は「親子のフリーゾーン」としてこのスペースを解放。

12歳以下の子どもを対象として、子どもたちが自主的に「つくる」ための場として、「ねんど」「えのぐ」「かみ」の3つの素材ごとに分かれたスペースで親子で自由に工作することができます。

 

毎週日曜日は、朝10時からこのイベントを楽しみに並ぶ親子で長蛇の列ができています。

以前は当日参加が可能でしたが、近年アトリエに通う親子が急増!2016年からは事前の申込が必要になりました。

それだけこのアトリエを気に入って通い続けるお子さんが多いということですね。

お申し込みは横浜美術館の公式ホームページから可能です。

 

 

「えのぐのコーナー」

 

 

「えのぐのコーナー」は建物内の広い中庭にあり、晴天の日には太陽の下で思いっきりお絵かきができます。

自由にお絵かきができる大きな紙が中庭中に貼ってあったり、建物のガラスに直接絵を描いたり、色水を作って飾ったり、どこを汚しても大丈夫。

お家ではできないようなことがたくさんできるスペースなので、子どもにとっては絶対楽しい場所です。

 

 

子どものアトリエ「ワークショップ」

 

子どものアトリエでは、様々なテーマでワークショップを開催しています。

幼稚園・保育園の年長さんから小学校高学年まで、年齢に合わせた講座があるので選びやすく、子どもの成長に合わせた内容を選択できます。

ここから未来の「アーティスト」が生まれる可能性も?

 

横浜美術館

公式HP http://yokohama.art.museum/

住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号 

営業時間 10:00~18:00

定休日 木曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

お問い合わせ 045-221-0300

託児サービス あり(実施期間は展示により異なる)

授乳室・おむつ替えスペース あり

ベビーカー貸し出し あり

 



関連記事

お家でカフェ気分|北欧風のインテリア絵画・アート特集

お家でカフェ気分|北欧風のインテリア絵画・アート特集 いまだに根強い人気の「北欧インテリア」ブーム。 日常でも「IKEA」の青いバッグを持った人を頻繁に見かけますね。 みなさんも一度は「IKEA」や「フライングタイガー」といった、

キュビズムとは?西洋美術史入門

キュビズムとは? キュビズムとは、20世紀初めのパリで、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって生み出された、新たな美術表現の試みのことです。 一つの対象を固定した単一の視点で描くのではなく、複数の視点から見たイメージを、一

一人暮らしのインテリア実例50選【テイスト別】

ソース ワンルームの一人暮らし、狭くてもお洒落に快適に暮らしたいですよね。 ワンルームのインテリアを成功させるコツは、ひとつには暮らしやすいレイアウトの工夫、そしてもうひとつはテーマを決めて統一したテイストでコーディネートすることで

象徴主義とは?西洋美術史入門

象徴主義とは? 象徴主義とは、19世紀後半にフランスとベルギーで起こり、ヨーロッパ全土とロシアに波及した芸術運動です。 この運動は文学から始まり、音楽、そして美術と広範に及びました。 「象徴主義」という言葉は、フランスで活動し

新古典主義とは?西洋美術史入門

新古典主義とは? ギリシャやローマの古典芸術の復興ともいえる「新古典主義」は、18世紀半ばから19世紀初めにローマを中心にヨーロッパ全土で興った美術や建築の潮流です。 新古典主義が広まる前には、ルネサンス後の16〜17世紀にバロ