2018/01/28
アート/Art

一度は訪れたい!アメリカ有名美術館14選

一度は訪れたい!アメリカ有名美術館14選

 

現代アートの拠点であるアメリカ、その所蔵量は世界一を誇り、古代ギリシア・ローマの芸術から現代アートの最先端まで干渉することができます。

有名どころから、コアなものまで紹介しています。

まずは現代アートの最先端都市ニューヨークで有名美術館5選を紹介します。

それから各都市の有名どころの美術館を紹介します。

 

ニューヨーク

メトロポリタン美術館・メット・ブロイヤー

近代美術館(MoMA)

グッゲンハイム美術館

ホイットニー美術館

ニュー・ミュージアム

 

ワシントンD.C 

ワシントン・ナショナルギャラリー

 

ボストン

ボストン美術館

 

シカゴ

シカゴ美術館

 

ミルウォーキー(ウィスコンシン州)

ミルウォーキー美術館(アメリカ)

 

カンザスシティ(ミリーズ州)

ネルソン・アトキンス美術館(アメリカ合衆国、ミズーリ州)

 

ロサンゼルス

ロサンゼルス現代美術館 (MOCA)

ザ・ゲッティセンター

 

フロリダ

サルバドールダリ美術館(アメリカ合衆国、フロリダ州)⇒ダリ美術館(スペイン)

 

サンタフェ(ニューメキシコ)

ジョージア・オキーフ美術館

 

 

ニューヨーク

メトロポリタン美術館/メット・ブロイヤー

7e62c1ec438842e3_S

フランスのルーヴル、ロシアのエルミタージュ美術館とともに、世界三大美術館のひとつに数えられるアメリカのメトロポリタン。METとしても知られる メトロポリタン 美術館 は、ニューヨーク最大の美術館です。 コレクションは非常に広範囲にわたり、古代エジプト、中世ヨーロッパの甲冑、ファッション、写真、現代美術等々、300万点以上に及びます。教科書で一度は見たことのある作品を堪能できますが、事前に見たいものをチェックしておいたほうが賢明でしょう。

 

メトロポリタン美術館

住所:1000 Fifth Avenue at 82nd Street New York, New York 10028-0198

電話番号:+33(0)1-4049-4814

開館時間:(日〜木)10:00〜17:30(金・土)10:00〜21:00

休日:休館日:感謝祭、12月25日、元旦および5月第1月曜日

料金:$25

HP:http://www.metmuseum.org

 

  • メット・ブロイヤー

2016年、メトロポリタン美術館の分館としてニューオープンした美術館です。主に現代美術にフォーカスを当て、ミュージアムショップやレストラン、中には日本でも大人気のブルー・ボトルコーヒーなどの新スポットとして注目されています。メトロポリタン美術館から徒歩約10分に位置し、メトロポリタン美術館と同日入館になると無料になるうれしい特典つき!木・金曜日は21:00までの営業になるので狙い目です。詳しくはHP を要確認!

HP : https://www.metmuseum.org/visit/met-breuer

 

 

 

 

  1. ニューヨーク近代美術館(MoMA)

美術好きの方以外にも、聞いたことがあると思います。NY、アート市場の中心でもある美術館、近代美術館、通称MoMA19世紀からの現代までの絵画をはじめ、彫刻、建築、デザイン、写真、映画など幅広いコレクションがあります。人気作家の作品をはじめ、現代アートの“イマ”を実際に見るならまずここは欠かせないでしょう。

 

b91c4359c0fac9d7_S

 

ニューヨーク近代美術館(MoMA

住所:11 W 53rd St, New York, NY 10019

開館時間:10:3017:30(金曜~20:00まで)

休日:休館日:11月の第4木曜日、12/25

料金:€25(毎週金曜日の夕方4時以降はユニクロの協賛で無料)

HP:http://www.moma.org/

 

 

  1. グッゲンハイム美術館

Good_17_sum640_1297631444

世界中に美術館をもつソロモン財団の一つ。カタツムリの中は1階から6階まで吹き抜けになっていて全体が見渡せます。エレベーターで最上階まで昇り、後は螺旋階段をゆっくりおりてくれば展示物がすべて見られるようになっている機能的なつくり。日本人にとってはあの旧帝国ホテルを設計したフランクロイドライト氏と聞けばなんとなく親近感がわくのでは。展示物もモダンな外観を裏切らず、ポップアート、ピカソと言った現代美術から、印象派、ミロ等充実しています。NYを代表する美術館の1つです。

 

グッゲンハイム美術館

住所:Avenida Abandoibarra 2, Bilbao

開館時間:(火~日)10:00~20:00

休日:月曜日(7・8月は開館)、1/1、12/25

料金:$13

HP:www.guggenheim.org

 

 

 

  1. ホイットニー美術館

4502254119577169_S2

 

現代アメリカアート入門者でもファンでも楽しめるアメリカアート専門美術館。アートだけでなくニューヨークの街も堪能できる素晴らしい空間です。

2015年5月、アッパーイーストサイドにあったホイットニー美術館ミートパッキングディストリクトに移転(現在、メット・プロイヤーがある)、リニューアルオープンしました。移転前からホイットニー美術館はアメリカンアート専門として高い評価を受けていましたが、決してニューヨークを代表する美術館ではありませんでした。移転後は美術館としての持ち味がグンとアップ

展示内容は20世紀と21世紀のアメリカンアート限定。美術館は現在では約3000人のアーティストの作品を21000点以上所有しています。ジョージア・オキーフ、エド・ルシェ、などはとくに多くの作品を所有しています。開放的な展示空間、エレベーター内にまで装飾にこだわり、テラスからは市内を一望できる、美術館の多いニューヨークでも他に類を見ない魅力的なスポットになりました。

 

ホイットニー美術館

住所:99 Gansevoort Street, New York, NY 10014

開館時間:(月・水・日曜)10:30~18:00、(木・金・土曜:) 10:30~22:00

休日:火曜日

料金:$22

HP:http://whitney.org/

 

 

  1. ニュー・ミュージアム

800px-New_Museum,_New_York

1977年「新しいアート、新しいアイデア」を提案していくというミッションのもと設立された、マンハッタン唯一のコンテンポラリーアート専門の美術館としてオープンしました。

MoMAが近代アートで、ニューミュージアム現代アートという位置付けです。2007年にはバワリー地区に移動して新しいミュージアムビルをオープン。意表をついた建築デザイン、コンテンポラリーアートへの意欲的なアプローチなどが話題になり、その後、観光客の間でもメジャーな観光スポットとなっています。

また、建物は日本人のSANAA(サナア)によって設計されました。SANAA(サナア)妹島和世(せじまかずよ)と西沢立衛(にしざわりゅうえ)の2人による建築ユニットで、過去に様々な賞を獲得している建築家です。有名なところだと、表参道にあるガラス張りのディオールを設計しています。さらに、現在行なわれている渋谷駅再開発の建築デザインにも起用されており、世界を代表する建築ユニットです。

 

住所:235 Bowery New York, NY 10002

休日:(水) 11:00-18:00、(木)11:00-21:00、(金-日)11:00-18:00

料金:$$12    *毎週木曜日19:00-21:00は無料。 
           (*2011年8月現在)

HP:www.guggenheim.org

 

 

 

ワシントン・ナショナル・ギャラリー

National_Gallery_Washington_05

 

ワシントンD.C.にある国立美術館で。日本では、ワシントン・ナショナル・ギャラリーなどとも呼ばれます。

12世紀から現代に至るまでの西洋美術コレクション約12万点を所蔵する、世界有数の規模と質を誇る美術館です。

ナショナルギャラリーと言えば、ロンドンナショナルギャラリー(The National Gallery, London)を思い出す人が多いと思います。そのロンドンのナショナルギャラリーに触発された“メロン氏”が、ナショナルギャラリーの設立を国に働きかけ、1941年、西館が開館され、1978年には現代美術展示のための新館(東棟)を完成させました。西棟は20世紀初頭までの伝統的な絵画・彫刻作品を展示、東棟は現代美術中心の展示となっており、西棟の西側には彫刻庭園には、ジョアン・ミロロイ・リキテンスタインの作品が展示されています。

 

 住所:6th & Constitution Ave NW, Washington, DC 20565

営業時間:10:00~17:00(月~土)、11:00~18:00(日)
休日:年中無休
料金:無料

HP:https://www.nga.gov/

 

ボストン美術館

Claude_Monet-Madame_Monet_en_costume_japonais

 

アメリカ建国100周年を記念してオープンした美術館で、古典美術、エジプト美術、版画、ヨーロッパやアメリカの美術など収集は多岐にわたり、50万点をこえます。

クロード・モネラ・ジャポネーズ (着物をまとうカミーユ・モネ) 、米国最大規模睡蓮ルーアン大聖堂。その他、ゴーギャンゴッホとそうそうたるメンバーが集結しています。

また、東洋美術、日本美術のコレクションも充実しており、仏画、絵巻物、浮世絵、刀剣など日本美術の優品を多数所蔵し、日本との関係が深いことでも知られ、20世紀の初めには、岡倉天心が在職しており、敷地内には彼の名を冠した小さな日本庭園「天心園」が設けられています。

 

ボストン美術館

住所:465 Huntington Avenue, Boston, Massachusetts 02115-5597

営業時間:10:00~16:45(1/2~12/31)、10:00~22:00(木・金)、10:00~17:00(土~水)

料金:25$(10日間有効)

休日:1/1、4月第3月曜、7/4、感謝祭(11月第4木曜)、12/25、その他休日

HP:http://www.mfa.org

 

 

シカゴ美術館

1024px-Art_Institute_of_Chicago_Lion_Statue_(2-D)

 

NYのメトロポリタン美術館、ボストンのボストン美術館と並んでアメリカの3大美術館にも数えられるシカゴ美術館。シカゴ美術館はメトロポリタンの次に大きく、また印象派のコレクションはフランス国外では最大規模、最高品質を誇ります。日本の浮世絵など東洋コレクションも収蔵されている。

ゴッホ自画像『ファンゴッホの寝室』セザンヌ『リンゴの籠のある静物』ジョルジュ・スーラ『グランド・ジャッド島の日曜日』またジョージア・オキーフの作品が多く、オキーフ作品は、MoMAについでシカゴ美術館が2番目に多く所蔵しており、アメリカの美術館は、オキーフ作品の所蔵数でランクが決まるともいわれています。

 

シカゴ美術館

住所:111 South Michigan Avenue, Chicago, Illinois, 60603-6404

営業時間:10時30分~17時
木曜 20時 冬期は短縮あり。

休日:1/1、感謝祭、12/25

入館料:18$

HP:http://www.artic.edu

 

 

ミルウォーキー美術館

Milwaukee_Art_Museum

ミシガン湖に面したダウンタウンの東に位置する美しい美術館です。シカゴがあるイリノイ州の北部に隣接したウィスコンシン州に位置し、比較的シカゴの近くにあります。

約2万点のコレクションは中世から現代までの美術史を網羅しています。19世紀後半から現代までのコレクションには、ルノアール、ピカソ、ゴーギャン、ミロ、ウォーホルといったその時代を代表するアーティストの作品があり、見ごたえがあります。絵画だけにとどまらず、現代彫刻や室内装飾、写真なども多く展示されており、フランク・ロイド・ライトオフィスデスクティファニーのグラスガレの壺なども揃っています。ミルウォーキーの顔となっているこの建物は、スペインの建築家サンティアゴ・カラトラバ初めてのアメリカの作品として作られました。建物の羽と呼ばれる部分は一日に二度開閉し、とても迫力があります。

 

住所:700 North Art Museum Drive, Milwaukee, WI 53202 

営業時間:(火~水)10:00 – 17:00  (木)10:00 – 20:00 (金~日)10:00 – 17:00

休日:月曜日

入館料:17$

HP:http://mam.org/

 

 

ネルソン・アトキンス美術館

2012010608540618e

アメリカ合衆国の代替中央に位置するミリーズ州。その北部にカンザスシティはあります。ステーキやバーベキューが有名で、今期から日本復帰を果たすヤクルトスワローズの青木宣親選手が所属していたカンザスシティロイヤルズも有名です。

この歴史ある美術館には、世界中から集められた芸術作品が収蔵されており、古代と現代の両方の作品を目にすることができます。「アメリカン インディアン コレクション」(アメリカ先住民族展) でアメリカ先住民族の陶器や宝飾品を鑑賞し、「ジャパニーズ ルーム」(日本の間)屏風や着物をご覧ください。「アンシエント アート コレクション」(古代美術展) には数千年も昔の品が展示されています。アフリカやヨーロッパ、中国やアメリカなど、どの文化に興味をお持ちでも、この美術館ではそのすべてを取り上げているため、どなたでも楽しむことができます。

ウィレム・デ・クーニングやジャクソン・ポロック、アンディ・ウォーホルなどの現代芸術家の作品を集めた「ブロック ビルディング」と、写真の歴史を紹介し、世界的に知られた写真を展示する有名な「ホールマーク コレクション」も必見です

 

 ネルソン・アトキンス美術館

住所:4525 Oak St, Kansas City, MO 64111-1818

営業時間:(木・金)10:00 – 21:00  (土・日・水)10:00 – 17:00 

休日:月・火曜日

入館料:無料

HP:https://www.nelson-atkins.org/

 

 

ロサンゼルス現代美術館 (MOCA)

21-2

アメリカ現代美術のコレクションでは西海岸有数を誇り、ニューヨークのMOMAに対してこちらはMOCAの愛称で親しまれています。1986年にダウンタウンの再開発事業の一環として、建築家磯崎新氏のデザインで建てられました。収蔵品は単なるオブジェや絵画にとどまらない斬新な作品が多いのが特徴です。常設作品はコンテンポラリーアートスター作家の作品であふれていますが、テーマに沿った企画展はいつでもロサンゼルスの人々の間で評判になります。ギャラリーは日本の美術館と違い、観客が思い思いの感想をディスカッションしていて、とてもいきいきと楽しそうです。

 

ロサンゼルス現代美術館 (MOCA)

住所:250 South Grand Avenue Los Angeles, CA 90012

営業時間:(月・金)10:00 – 17:00  (土・日)11:00 – 20:00

休日:火・水曜、クリスマス・元日。独立記念日・感謝祭

入館料:$8 ※木曜日の17:00-20:00 無料

HP:http://www.moca.org

 

 

 

ザ・ゲッティセンター(ロサンゼルス)

800__getty1

 こちらは、ラスベガス北、エストウッドの山の上にある、研究施設、教育機関を持つアート施設です。石油王であるジャン・ポール・ゲッティが個人で収集したコレクションを展示しおり、なんと入場料は無料

主に、1600年代以降のヨーロッパの作品で、年代ごとに分けられた4つのパビリオンから展示されており、1階に彫刻や家具などの立体的な作品、2階に絵画を展示。有名どころだと、ゴッホの名画 「アイリス」レンブラントやゴヤ、モネ、セザンヌなどの作品も数多く展示されています。

また、ザ・ゲッティセンターは、建築家リチャード・マイヤーが設計し、まるで丘の上のモダニスト都市とでもいうような風貌も特徴です。美術鑑賞のあとは、L.Aの、ダウンタウンを眺めながらオープンテラスカフェで一休みしましょう。

 

The Getty Villa Malibu (ザ・ゲッティヴィラ マリブ)

住所:17985 Pacific Coast Hwy, Pacific Palisades, CA 90272

時間:10:00~17:00(木~月曜)、水曜のみオープン時間が日により異なる

休日:火曜

入場料:無料

HP: http://www.getty.edu/

 

 

 

サルバドールダリ美術館(フロリダ)

image

 

世界に名の知れたシュールレアリズムを代表する画家サルバドール・ダリの傑作が、18点ある名作のうちの7点『幻覚剤的闘牛士』『クリストファー・コロンブスによるアメリカの発見』)を所蔵するヨーロッパ圏外最大規模の美術館です。

 

1473465976

 『幻覚剤的闘牛士』

 

フロリダのウォーターフロントにある美術館は、流れていく巨大な泡を連想させる、近代的なガラスのアトリウムがあります。これはン・ウェイマスによる設計ですが、ダリの作品を展示するにふさわしいデザインです。作品は年代順に並べられており、ヒュー ファミリー ウィングには、ビデオ映像、彫刻、製版、創作文学など、絵画以外の様々な芸術的試みの例が展示されており、アーティストとしてのダリの発展が見てとれます

 

The Dali Museum(サルバドールダリ美術館)

住所:1 Dali Blvd, St. Petersburg

時間:12:00 – 17:30(日)、10:00~17:30(木~水・金・土)、10:00~20:00(木)

休日:月曜

入場料:24$

HP: http://thedali.org/

 

ダリ美術館(スペイン)

2013_01_31_148-640x480

ダリ美術館と聞いて思い浮かぶのがこちらの建物!という方もいるかもしれません。

こちらの美術館は、サルバドール・ダリが70歳の時に自らオープンした美術館で、多数の卵が屋根に乗っているユニークなデザインの建物でも有名です。絵画だけでなく、彫刻やさまざまなトリックのあるオブジェも展示されていて、ダリの世界観を体験できます。スペインマドリードにありますが、なんと2017年3月をもって閉館してしました、、、、。

少し入場料は高いですが、フロリダを訪れた際はぜひ、ダリ美術館を訪れたいものです。

 

 

ジョージア・オキーフ美術館(ニューメキシコ)

Georgia-OKeeffe-Museum-Santa-Fe-Architecture-11-e1426889881207-800x476

アメリカのモダニズムの母と謳われ、アメリカの現代美術を代表する女性作家ジョージア・オキーフの美術館です。オキーフ自身が晩年を過ごしたニューメキシコ州、サンタフェにあります。

彼女の作品に登場する、様々なモチーフは、ここサンタフェ(正確には郊外のアビキュー)の自然の中にみつけ、この自然に強く感銘を受けてオキーフの名作が生まれました。美術館の中の作品だけでなく、街や自然の中にオキーフのみた景色をたどるのもきっと楽しいでしょう。

 

ジョージア オキーフ美術館

住所:217 Johnson St, Santa Fe, NM 87501

時間: 10:00~17:00(日~木)、10:00~19:00(金)

定休日:祝日

入場料:13$

HP: https://www.okeeffemuseum.org/

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。聞いたことあるというど定番~最新の美術館まで紹介しました。

前回のヨーロッパ編にも共通しますが、とにかく美術館は大規模のものが多いです。そのため、ある程度見たい作品を絞っていくのをおすすめします。

しかし、美術作品だけでなく、その建築や美術館からみえる絶景など、美術鑑賞以外にも楽しめるスポットはたくさんあるので、旅の合間にふらっと訪れても楽しいかと思います。

最後に、有名どころの美術館はチケットを購入するだけでも長蛇の列…というのはざらにあります。そのような場合は、事前にオンライン予約をしておくとスムーズに干渉することができます。各美術館のHPで購入できますし、大きいところだと日本語訳もついていたりしますので、ぜひチェックしてみてください。なお、学生の方は絶対に学生証を持参することをお勧めします!!!日本語の学生証でも、割引されるところが多いのでお得です!

以上、一度は訪れたい!アメリカ有名美術館14選でした。

関連記事

一度は訪れたい!スペイン有名美術館6選

一度は訪れたい!スペイン有名美術館6選様々な文化が流入・交錯し、育まれたスペインの芸術。宮殿美術家から、戦争やそれぞれの時代の内面を写したメッセージ性のある絵画、さらにはシュルレアリスムの作品までスペインの歴史とともに歩んだ芸術にぜひ触れて

0から学ぶ西洋美術史 ~ヴェネツィア・ルネサンスとマニエリスム編~

 前章ではレオナルド・ダヴィンチをはじめ、ラファエロや、ミケランジェロが活躍したローマを中心にご紹介しました。 ↓前回の記事はこちら↓>0から学ぶ西洋美術史~盛期イタリアルネンス編~ 16世紀ルネサンス芸術のも

都会を一望しながら現代アートを鑑賞!エスパス ルイ・ヴィトン東京

都会を一望しながら現代アートを鑑賞!エスパス ルイ・ヴィトン東京エスパス ルイ・ヴィトン東京ってどんなところ?美術館以外で一流の現代アートが無料で見られる!そんなギャラリーがあったらもちろん訪れたいですよね!エスパス ルイ・ヴィトン東京はそ

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ゴシック芸術~

ゴシック美術西洋美術史には様々なジャンルがあります。 例えば、比較的有名なギリシア美術から、マイナーなマニエスリム美術まで。 今回は、みなさんが『ゴシック調』という言葉でよく聞く、『ゴシック芸術』について簡単に学びましょう。ゴシックとはそも

都内にある大型画材店・文具店まとめ

あなたは普段どんな画材店・文具店を利用していますか?都内には世界堂をはじめ多くの画材店・文房具店があります。 東急ハンズやロフト、itoyaなどにも豊富な文房具が揃っていますね。 制作活動をされている人の中には自分の通い慣れた店で購入される