2018/02/09

イギリスロンドン美術館   
   特集    

イギリスのおすすめ美術館6選

古典から現代アートまで
美術の最先端を行く ロンドンの美術館

ホテルの部屋に飾られた絵画や、街じゅうで見つけることができるギャラリーやアート。
イギリスでは日常生活の中でアートに親しむ文化が根づいているように感じます。

身近なところで言えばイギリスのコイン(小銭)。
実はジグソーパズルのようになっていて、6種類のコインを並べると盾が浮かび上がるという遊び心のあるデザインが取り入れられています。

また、イギリスのアートシーンを切り取る上で外せないのがストリートアート。
ロンドンの街を歩けば、至るところでびっくりするほど完成度の高いストリートアートに出会うことができます。ストリートアーティストのバンクシーは、イギリス出身のアーティストとしてあまりにも有名です。

今回は、そんなロンドンのおすすめ美術館6選をご紹介。
イギリスに行く前に、行きたい美術館をチェックしておきましょう。

 

 

1.デザイン・ミュージアム

 

世界初のデザインミュージアム

デザイン・ミュージアムは、モダニズム以降のデザインを収蔵する目的で1989年に開館した、世界ではじめてのデザインを専門とするミュージアムです。

モダンなインテリアショップやレストランなどを手がけ、イギリスのライフスタイルに革命的な変化を起こしたテレンス・コンランがオープンし、2016年末ケンジントンに移転しました。

近代から現代までのあらゆるプロダクト・デザインをコレクションした、世界でも珍しい美術館で、デザインに興味がある人に特におすすめのスポットです。

19世紀の工業製品から、現代におけるデジタル化や大量生産の歴史など、デザインの変遷に関する資料と貴重な展示が魅力。

建築やファッション・家具・アナログ・デジタルのグラフィックなど、デザインのあらゆるジャンルをカバーし、レトロな電話からタイプライター、ベスパ、ソニーのウォークマンまで、時代を知ることができるアイテムの実物と歴史を知ることができます。

デザイン・ミュージアム(Design museum)

住所 224-238 Kensington High Street, London, W8 6AG

開館時間 毎日 10:00 – 18:00/最終入場 17:00(第一金曜日~20:00)

休日 12/25.26

料金 無料(有料の特別展もあり)

公式HP https://designmuseum.org/

 

 

2.ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

 

ファッションや工芸に
興味がある方におすすめ

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(通常V&Aと省略)は、芸術とデザインを専門分野とし、そのコレクションの質と内容の豊富さにおいて世界に並ぶものがないと言われている美術館です。

陶磁器・家具・衣装類・ガラス細工・宝石・金属細工・写真・彫刻・織物・絵画など、3000年余りにおよぶ世界文明の遺物が蒐集されています。

ファッションや工芸に興味のある方には特におすすめの美術館。

ファッションデザイナーやファッションフォトグラファーの展示も定期的に開催。
有料になってしまいますが、ぜひこちらも合わせて見てみてください。

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)

住所 Cromwell Road London SW7 2RL,

開館時間 10:00~17:45(金~22:00)

休日 12/24.25.26

料金 無料(有料の特別展もあり)

公式HP https://www.vam.ac.uk/

 

 

3.ナショナルギャラリー

 

ロンドンに行くなら
必ずチェックしたい美術館

ナショナルギャラリーは、ロンドンを訪れる際には必ず押さえておきたい美術館です。

日本では、ゴッホの『ひまわり』が収蔵されていることでも有名な美術館ですが、他にも13~20世紀初頭のヨーロッパ絵画コレクションを中心に、ダヴィンチ・フェルメール・モネ・セザンヌといった世界的に有名な画家の作品が多数展示されています。

日本語の音声ガイドも利用可能なので、ガイドを活用しながらじっくりと美術館賞を楽しんでくださいね。

ナショナルギャラリー(National Gallery)

住所 Greater London, WC2N 5DN

開館時間 (火~日) 10:00~20:00

休日  月曜日(7・8月は開館)1/1、12/25

料金 €13

公式HP Foursquare.com

 

 

4.テート・モダン

 

世界の美術館(ヨーロッパ~)_ページ_35_画像_0001
ソース

ロンドンで現代アートを楽しむ

ロンドンで現代アートを楽しむなら、必ずチェックしたいのがテート・モダンです。

テート・モダンは、2000年にロンドンにある火力発電所だった建物を改装して作られた美術館。

発電機のあったタービン室が吹き抜けエントランス・ホールになっており、入ってすぐその広い空間に圧倒されます。

3階と5階は無料で入れる常設展示室になっていて、「現代アートはちょっと苦手」という人でも気軽に足を運べます。

国際的にも有名作家の展覧会を多数開催しており、2012年には草間彌生もここで回顧展を開催しました。

2016年には、新らしい分館「スイッチ・ハウス」がオープン。
無料展望台も併設していて、現在ロンドンで1番熱いアートスポット言っても過言ではありません。

テート・モダン(Tate Modern)

住所 Bankside, London SE1 9TG,

開館時間 (火~日) 10:00~18:00(金・土~22:00)

休日  12/24~26

料金 無料

公式HP http://www.tate.org.uk/modern/

 

 

5.ホワイト・キューブ

 

ロンドンで世界最先端の
コンテンポラリーアートを楽しむ

ロンドンだけでなく、世界のコンテンポラリーアートのトップを走る有名ギャラリー「ホワイト・キューブ」

その新スペースとして2011年にオープンした「ホワイトキューブ・バーモンドジー」は、ギャラリーとしての規模を超えた美術館のような広さの展示空間を備えています。

コンテンポラリーアートの企画展を多く行っており、真っ白の壁で構成された空間には映像や写真、もちろん絵画など空間を贅沢に使って作品が展示されています。

他のロンドン中心部に位置する大きな美術館に比べると混み合う事も少ないので、落ち着いて作品を鑑賞することができます。

テート・モダンの近くに位置しているので、現代アートをもっと楽しみたい!という方は、こちらも合わせて足を運んでみてくださいね。

ホワイト・キューブ(White cube)

住所 Bermondsey Street, London SE1 3TQ, England

開館時間: (火~土)10:00~18:00(日12:00~18:00)

休日 月曜日

料金 無料

公式HP http://whitecube.com/

 

 

6.サーペンタイン・ギャラリー

 

ロンドンで現代建築を楽しむなら

サーペンタイン・ギャラリーは、ロンドンの公園内にある小さな美術館です。

ここでは主に、現代美術・近代美術の企画展が開催されています。

美術館に隣接した場所には夏季限定で、毎年異なる現代建築家によって設計されたカフェ併設の休憩所「サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン」が建てられ、普通の建築物とは違った、コンテンポラリーなアート空間を体感することができます。

また、美術館から7分ほど歩いた先には、ザハ・ハディドが設計した「サーペンタイン・サックラーギャラリー」があるので、こちらも建築好きには見逃せないスポットとなっています。

サーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Gallery)

住所 Kensington Gardens, London W2 3XA

開館時間  (火~日))10:00~18:00

休日 月曜日

料金 無料

公式HP http://www.serpentinegalleries.org

 

 

関連記事

一度は行きたい 日本全国のおすすめ美術館25選

現在、急激な進化を遂げる 日本の美術館 あなたはいつもどんな美術館に行きますか? アメリカ、ドイツに次いで世界で3番目に美術館の数が多いと言われる日本。 最近では地方の有名な美術館も雑誌やテレビで大きく取り上げられ、海外から

オランダのおすすめ美術館10選

有名画家ゆかりの地を巡る オランダの美術館 フランスやイタリア、イギリスに次いで美術館が豊富な国オランダ。 チューリップや風車のイメージの強いオランダですが、実は、ゴッホ、レンブラント、フェルメールといった画家のゆかりの国とし

メキシコのおすすめ美術館7選

独自の文化と最先端のアートを楽しむ メキシコの美術館 長い植民地支配の歴史を持つメキシコは、独自の民族文化と芸術が発達した国です。 そんなメキシコの美術館では、日本や欧米諸国では見られない異色感の強い作品を見ることができます。

アメリカのおすすめ美術館15選

NYだけじゃない! アートの発信地アメリカの美術館 現代アート市場のトップを走るアメリカ、そのコレクション数は世界一を誇り、古代ギリシア・ローマの芸術から最先端の現代アートまで、世界的に有名な作品をアメリカで見ることができます。

国立新美術館への行き方・周辺のグルメスポット

ソース 休日は美術館へ行こう 国立新美術館の楽しみ方をご紹介 2007年1月にオープンした、日本で5つ目の国立美術館、国立新美術館。 場所は東京の六本木、東京ミッドタウンの向かいにあり、気軽にアートを楽しめるスポットとして人気が