ドキュメンタリー映画美術史
ART

アート・美術にまつわる映画まとめ!画家の人生や作品について学べる映画をご紹介

ゴッホやフェルメールなど有名画家たちの人生を、あなたはどれくらい知っていますか?

画家たちがどのような場所で、どんな人生を送っていたか、楽しく学べる映画が世界にはたくさんあります。

美術館に足を運べなくても、家で気軽に画家や作品について知ることができるのが映画のメリットです。

映画を通して、画家の人生や作品の制作過程を追体験してみませんか?

今回は、画家たちの壮絶な人生を描いた伝記映画と、アートについて詳しく学べるドキュメンタリー映画をご紹介します。

 

画家の人生を描いた伝記映画

ゴッホやフェルメールといった有名画家の人生を描いた作品をご紹介します。

作品が描かれた時代背景や画家の人生について、視覚的に学ぶことでより深い作品鑑賞ができるようになります。

美しい映像とともに、ぜひ芸術作品を味わってみてください。

 

華麗なる激情 (1965)

ソース

「システィーナ礼拝堂天井画」「最後の審判」などで知られるイタリア ルネサンス期の彫刻家ミケランジェロを描いた作品。

ユリウス2世の命でシスティーナ礼拝堂の巨大な天井画に挑むミケランジェロの苦悩と情熱が描かれています。

\ ここがおすすめ /

足場に登り、首を折り曲げながら何時間も制作しなければならなかったという壮絶な天井画制作。画面いっぱいに天井画が広がる制作シーンは必見です!チャールトン・ヘストン演じるミケランジェロと、レックス・ハリソン演じるユリウス2世の掛け合いもまた魅力的。

「華麗なる激情(DVD)」を視聴する

 

アンドレイ・ルブリョフ (1971)

ロシアのイコン画家アンドレイ・ルブリョフの半生と、中世ロシアの背景を忠実を描いた作品。

「映像の詩人」ともいわれるアンドレイ・タルコフスキー監督作品であり、叙情的な美しい映像がみどころです。

\ ここがおすすめ /

イコンとは、イエスや聖人の姿を描いた聖画像のことをいいます。ロシア・イコンの歴史は長く、アンドレイ・ルブリョフはそのロシア・イコンを完成まで導いた人物。全10章の物語の中で、中世ロシアの信仰について知ることができる壮大な作品です。

「アンドレイ・ルブリョフ(DVD)」を視聴する

 

真珠の耳飾りの少女 (2003)

オランダ バロック期の画家フェルメールと、いまだに謎の多い代表作「真珠の耳飾りの少女」のモデルを巡る架空の物語を描いた作品。

フェルメールの家に下働きとして入る少女グリートがフェルメールに見出され、芸術に目覚めていく過程が描かれています。

\ ここがおすすめ /

純金と同等に高価であったと言われる顔料「ウルトラマリンブルー」を惜しげもなく使った「真珠の耳飾りの少女」。映画では、グリートがフェルメールに教わり、絵の具を作るシーンが描かれています。当時の画家の制作をリアルに感じられる貴重なシーンです。

 

「真珠の耳飾りの少女(字幕版)」を視聴する

 

ターナー、光に愛を求めて (2014)

印象派にも影響を与えたロマン主義の画家ターナーを描いた作品。

インスピレーションを求めて彷徨うターナーの後世が描かれています。

\ ここがおすすめ /

ターナーの美しい光の作品を思わせる映像が魅力的な映画。作品や映像美に対し、愛情を求めて不器用に振舞ってしまうターナーの生き様のコントラストが面白いところ。

 

「ターナー、光に愛を求めて(DVD)」を視聴する

 

ルノワール 陽だまりの裸婦 (2013)

印象画の巨匠ルノワールの晩年を描いた作品。

老年のルノワールと後に仏映画界の巨匠となる息子のジャン・ルノワール、モデルのアンドレが織りなすドラマや、代表作「俗女たち」に秘められた事実について知ることができます。

\ ここがおすすめ /

ルノワールの明るい色彩を体現したかのような美しい映像が見どころ。晩年、病に冒されながらも震える手で制作を続けるルノワール。「私の絵には暗い色はいらない」というセリフが響くラストです。

 

「ルノワール 陽だまりの裸婦(字幕版)」を視聴する

 

セザンヌと過ごした時間 (2016)

「近代絵画の父」と称されるセザンヌを描いた映画。

死後に評価された不遇の画家セザンヌと、小説家として成功を収めたエミール・ゾラ。

共に夢を語り合いながらも分かたれていく二人の友情について描かれています。

\ ここがおすすめ /

当時は異端だった印象派グループの一員だったセザンヌ。今日の確立された評価とは裏腹に不遇な日々が続きます。ゾラとの溝は深くなるばかりですが、セリフの随所にゾラへの信頼を感じられる感動的な作品です。

 

「セザンヌと過ごした時間(字幕版)」を視聴する

 

炎の人ゴッホ (1956)

後期印象派の画家ゴッホの生涯を描いた作品。

ゴッホが後期印象派のグループに力を得て情熱的に制作を行う様子や、「耳切り事件」に至るまでの過程。

ゴッホの生涯を余すことなく知ることのできる作品です。

\ ここがおすすめ /

ゴッホについてとにかく知りたいという方におすすめの教科書的作品。ゴッホの最期については、映画でも解釈が分かれるところ。この作品をベースに、ゴッホを描いた他の映画と比較してみるのも面白いかもしれません。

「炎の人ゴッホ(字幕版)」を視聴する

 

ゴッホ ~最期の手紙~ (2017)

ゴッホの死の謎を、全編油絵風のアニメーションで解き明かしていく異色のサスペンス映画。

ゴッホが弟テオに宛てた「最期の手紙」を巡って物語が展開されていきます。

総勢125名の画家が制作した油絵がアニメとして動き出す、迫力満点の作品です。

\ ここがおすすめ /

「動く油絵」ともいえるアニメーションがゴッホの世界に存分に浸ることのできる作品。「星月夜」や「夜のカフェテラス」など、ゴッホの重要な作品を舞台に展開していくサスペンスに、没入すること間違いなしです。

 

「ゴッホ ~最期の手紙~(字幕版)」を視聴する

 

永遠の門 ゴッホの見た未来 (2019)

ゴッホのアルル時代を描いた映画。

同じく後期印象派の画家ゴーギャンに導かれ、南フランスのアルルにたどり着いたゴッホ。

ゴッホがアルルの途方もない風景に見出した美が、映像で再現されています。

\ ここがおすすめ /

ゴッホがアルルの「黄色い家」で過ごした日々を、一人称視点の映像を交えながら表現した作品。ゴーギャンとの友情や精神病に打ちひしがれながらも、画業を貫いたゴッホ。黄色く曇った視界と美しい風景が錯そうするラストシーンは見どころです。

 

「永遠の門 ゴッホの見た未来(字幕版)」を視聴する

 

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅 (2018)

ゴッホとともに後期印象派を代表する画家、ポール・ゴーギャンを描いた作品。

困窮しフランスから南太平洋の辺境タヒチへと拠点を移すまでと、ゴーギャンがタヒチに見出した楽園の姿が描かれています。

\ ここがおすすめ /

当時はフランスの植民地であったタヒチ。理想の地を求めてパリからタヒチへと移ったゴーギャンですが、ゴーギャン自身はフランスの出身であるという事実から逃れられない哀しいストーリーです。序盤のパリの風景とタヒチの風景の色や光の違いが面白い作品。

 

「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(字幕版)」を視聴する

 

エゴン・シーレ 死と乙女 (2016)

20世紀初頭 オーストリアで活躍した早逝の画家エゴン・シーレを描いた作品。

伝統的な美術アカデミーから抜け出し、時代の寵児となったシーレ。

激動の時代に翻弄される画家の半生と、モデル制作の葛藤が描かれています。

\ ここがおすすめ /

第一次世界大戦下、スペイン風邪の流行という時代の中、常に死を意識しながら生きた画家とモデル。シーレの代表作が「男と乙女」から「死と乙女」へ書き換えられた経緯を考えてみると、とても興味深いです。

 

「エゴン・シーレ 死と乙女(DVD)」を視聴する

 

赤い風車 (1953)

19世紀末 フランスの画家ロートレックの生涯を描いた作品。

名門に生まれながらも貧乏であり、また身体も不自由だったロートレックがキャバレーの踊り子たちを描き、心を通わせていく様子が描かれています。

\ ここがおすすめ /

幼少期の事故のために、脚の成長が止まっていたロートレック。名門の出にも関わらず、キャバレーの踊り子たちを生き生きと描いたのは、ロートレックの中に深い共感があったからでしょうか。踊り子たちと過ごした時間が蘇るラストにはとても感動します。

「赤い風車(字幕版)」を視聴する

 

モンパルナスの灯 (1958)

モンパルナスで活動したエコール・ド・パリの画家 モジリアニを描いた作品。

重い病と貧困に悩み、36歳で早逝した画家の苦悩に満ちた人生について描かれています。

\ ここがおすすめ /

モジリアニ役のジェラール・フィリップの演技が魅力的な作品。奇しくもジェラール・フィリップはこの翌年、モジリアニと同じ36歳でこの世を去っています。モジリアニの哀しい最期に注目。

 

「モンパルナスの灯(DVD)」を視聴する

 

FOUJITA (2015)

エコール・ド・パリの画家 藤田嗣治の半生を描いた作品。

フランスで称賛を受けた藤田が、フランスでは知られなかった戦争画を描くまでがほの暗く描かれています。

\ ここがおすすめ /

フランスでは享楽的な作品で称賛を受けた藤田。戦争画とは似ても似つかない藤田の作風が戦争を経て変化していく様子が印象的です。定点の静かな映像から、当時の日本の空気感が伝わってきます。

 

「FOUJITA」を視聴する

 

百日紅 ~Miss HOKUSAI~ (2015)

北斎の娘で同じく浮世絵画家として活躍した葛飾応為(お栄)を描いた物語。

お栄の生活を、江戸の風俗と日本の四季を通して表現されています。

原作は江戸風俗研究家でもある杉浦日向子の漫画「百日紅」。

\ ここがおすすめ /

個性豊かな登場人物が魅力的な作品。太い眉とサバサバとした声はまさにお栄の豪胆さを表しているよう。お栄の声は女優の杏が務めています。

 

「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」を視聴する

 

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代 (2006)

19世紀末のウィーンを代表する画家クリムトを描いた作品。

クリムトと、同じくウィーンの画家シーレの没後100年に合わせて制作されました。

ウィーン黄金期という時代から、画家の制作に秘められた背景に迫る作品です。

\ ここがおすすめ /

ハプスブルク家の滅亡から第一次世界大戦、スペイン風邪の流行。当時の時代背景を克明に映し出した作品。ウィーン分離派の画家たちがなぜ「死」というテーマに強く惹かれたのか。クリムトやシーレといった画家を理解するのに不可欠な作品です。

 

「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代(吹き替え版)」を視聴する

 

サバイビング・ピカソ (1996)

キュビズムの画家パブロ・ピカソを描いた作品。

ピカソの晩年と、特にピカソに影響を与えたフランソワーズ・ジローの自立を描いています。

\ ここがおすすめ /

アンソニー・ホプキンス演じるピカソがお茶目で魅力的な作品。ピカソというとその破天荒な生き方に注目されますが、フランソワーズやマティスといったピカソの周囲の人物もまた魅力的です。

「サバイビング・ピカソ(DVD)」を視聴する

 

フリーダ (2002)

メキシコの画家フリーダ・カーロの生涯を描いた作品。

生死を彷徨ったバス事故を機に絵画に目覚めた画家の人生が、鮮烈な映像と音楽で表現されています。

\ ここがおすすめ /

フリーダの波乱万丈な人生を余すことなく知ることができます。色彩豊かなアニメーションや音楽から、フリーダの故郷メキシコの文化を感じることができるのもまた魅力。

 

「フリーダ(字幕版)」を視聴する

 

ポロック 2人だけのアトリエ (2000)

「アクション・ペインティング」で知られる20世紀アメリカの画家ジャクソン・ポロックの半生を描いた作品。

独自の絵画表現で瞬く間にスターとなるが、スランプに陥り自暴に走るポロック。

自身も芸術家でありながら、ポロックを献身的に支えるリー・クラズナーとの関係が描かれています。

\ ここがおすすめ /

ポロックに惚れ込んだエド・ハリスが、構想に15年かけたという初監督作品。エド・ハリス自身が主演を務め、なんと作中の絵画も自身で描いています。ポロックの作品の筆致、身体の動きを追体験できる制作シーンは見どころです。

 

「ポロック 2人だけのアトリエ(字幕版)」を視聴する

 

ジャコメッティ 最後の肖像 (2017)

20世紀末スイスの彫刻家アルベルト・ジャコメッティを描いた作品。

友人であり作家でもあるジェイムズ・ロードに肖像のモデルを依頼し、ジャコメッティが最晩年の作品を制作する過程が描かれています。

\ ここがおすすめ /

針金のように細く引き伸ばされた彫刻で知られるジャコメッティ。実は初めから細長いのではなく、「見える通りに」作れば作るほど細長くなってしまうそう。そんなジャコメッティの制作の行方と、ちょっぴり面白いラストに注目。

 

「ジャコメッティ 最後の肖像(字幕版)」を視聴する

 

カミーユ・クローデル (1988)

フランスの女性彫刻家カミーユ・クローデルを描いた作品。

ロダンの弟子として、ロダンを触発し続けた天才カミーユの葛藤について描かれています。

\ ここがおすすめ /

カミーユ役のイザベル・アジャーニの演技が見どころの作品。才気に満ち溢れた若き日のカミーユから一転、狂気に陥り面影がなくなっていく晩年は圧巻の演技です。

 

「カミーユ・クローデル(字幕版)」を視聴する

 

バスキア (1996)

80年代のニューヨークで活躍した画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を描いた作品。

ニューヨークのアートシーンを背景に、バスキアの制作やアンディ・ウォーホルとの交流を描いています。

 監督はバスキアの親友でもあり、この記事でも紹介した「永遠の門 ゴッホのみた未来」を手掛けたジュリアン・シュナーベル。

\ ここがおすすめ /

素朴な制作活動から、ウォーホルに絵を買われ羽ばたいていくバスキアのサクセスストーリー。周囲の人々に愛されたバスキアの生涯を余すことなく知ることができます。

「バスキア(字幕版)」を視聴する

 

ある画家の数奇な運命 (2018)

現代美術の巨匠ゲルハルト・リヒターをモデルにしたフィクション作品。

ナチス・ドイツの時代背景と、時代を背負いながら生きる画家の宿命を描いています。

\ ここがおすすめ /

「真実はすべて美しい」と残し、安楽死政策の犠牲になった叔母の言葉が最後まで作品を貫いています。リヒターをモデルにしながらも、あくまでフィクションとして語られる物語の中で何が真実か。考えてみると面白い作品です。

 

「ある画家の数奇な運命(字幕版)」を視聴する

 

アートをテーマにしたドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画はアーティストやコレクター、様々な視点からアートへの向き合い方を教えてくれます。

アートについて自分なりの考えを持ってみるきっかけになるかも。

 

ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人 (2010)

素人アートコレクターの姿を描いた作品。

アート作品をコツコツと収集する郵便局員ハーブと図書館司書ドロシー夫妻に、アメリカ国立美術館から寄贈の依頼が舞い込むドキュメンタリーです。

続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」もチェック。

\ ここがおすすめ /

アートコレクターというと富裕層の人々をイメージする方が多いのではないでしょうか。この夫妻はそんなイメージとは真逆の堅実な老夫婦。そんな夫妻のアートに対する向き合い方を見ると、アートを見る目も変わりそうです。

 

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人(DVD)」を視聴する

 

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ (2011)

アメリカを拠点に活動する覆面アーティスト バンクシーの初監督作品。

素性を明かさないバンクシーとの接触に成功した映像作家ティエリーが、

バンクシーに仕立てられアーティストになるまでを描いたドキュメンタリーです。

\ ここがおすすめ /

バンクシーに接触しようとしたカメラマンが、バンクシーにアーティストとしてデビューさせられてしまう。終始一貫バンクシーの遊び心が活きている作品です。皮肉の利いたオチにも注目。

「イグジッド・スルー・ザ・ギフトショップ(字幕版)」を視聴する

 

バンクシー・ダズ・ニューヨーク (2016)

バンクシーがニューヨークで開催した、一か月間に渡る「展示」を記録したドキュメンタリー。

ニューヨーク市内に、ゲリラ的に立ち現れるバンクシーの作品を探そうと右往左往する「バンクシー・ハント」の様子が描かれています。

\ ここがおすすめ /

過去最高25億円で売れたバンクシーの絵を路上で60ドルで売ってみたり、自分の名前を作品に書いて便乗する人が現れたり。とにかくカオスな作品。どこまでが作品でどこからイレギュラーなのか。考えてみるととても面白いです。

 

「バンクシー・ダズ・ニューヨーク(字幕版)」を視聴する

 

アイ・ウェイウェイは謝らない (2013)

中国の現代芸術家アイ・ウェイウェイの制作を追ったドキュメンタリー。

言論統制の強い中国で、政府に立ち向かい作品を生み出し続けるアーティストの姿が描かれています。

\ ここがおすすめ /

2008年に起きた四川大地震による校舎倒壊で亡くなった5000人以上の児童の死について調査を進めていたアイ・ウェイウェイ。調査のため中国政府と対立し、警察に暴行を受けるなどの被害を受けます。それでもなお声を上げ続けることが重要だという彼の姿勢にアートが社会にできることは何か?と考えさせられる作品です。

 

「アイ・ウェイウェイは謝らない(字幕版)」を視聴する

 

あえかなる部屋 内藤礼と、光たち (2015)

豊島美術館「母型」などで知られる現代美術家 内藤礼の制作を追ったドキュメンタリー。

「母型」を巡る5人の女性の内面を通して、内藤礼の作品について知ることができます。

\ ここがおすすめ /

「母型」の制作ドキュメンタリーと思いきや、作者自身の取材が不可能となってからは5人の女性の物語を通して進んでいきます。普遍的な5人の女性と自分の物語を重ね合わせながら見てみると、不思議と作品に親近感がわきます。観た後は自然と美術館に足が向かうような作品です。

 

「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」を視聴する

 

バスキア、10代最後のとき (2018)

バスキアの没後30年を記念して制作されたドキュメンタリー。

バスキアが20世紀を代表するアーティストになるまでの生い立ちや、70・80年代のニューヨークカルチャーに触れることのできる作品です。

\ ここがおすすめ /

バスキアの作品を、当時の音楽や詩といった文化を通じて知ることができる作品。バスキアと同じ時代を生きた人々によって語られるニューヨークカルチャーは刺激的です。

 

「バスキア、10代最後のとき(字幕版)」を視聴する

 

太陽の塔 (2018)

日本の芸術家 岡本太郎の代表作「太陽の塔」を描いたドキュメンタリー。

「人類の進歩と調和」をテーマに開催された大阪万博でひときわ異質だった「太陽の塔」。

「太陽の塔」を取り囲む人々の語りを通して、高度経済成長期の日本について知ることができます。

\ ここがおすすめ /

高度経済成長期の日本の進歩を象徴する万博の中で、仏像のような異質な存在感を放っていた「太陽の塔」。その異質さを当時の社会情勢と一緒に感じることができるドキュメンタリーです。人類の進歩とは何か?ということを作品のコンセプトを通じて考えるととても面白いかも。

 

「太陽の塔」を視聴する

 

草間彌生∞INFINITY (2019)

世界的に活躍する芸術家 草間彌生の半生を追ったドキュメンタリー。

第二次世界大戦下の日本で過ごした過去からニューヨークでの制作活動まで、草間彌生について知ることのできる重要な一作です。

\ ここがおすすめ /

草間彌生の人生を余すことなく知ることのできる作品。女性として、日本人として様々な苦悩を乗り越えながら不屈の精神で作品制作に挑む姿に勇気を貰えます。

 

「草間彌生∞INFINITY(字幕版)」を視聴する

 

エッシャー 視覚の魔術師 (2019)

トリックアートで知られるオランダの版画家・画家マウリッツ・コルネリス・エッシャーの生涯に迫ったドキュメンタリー。

エッシャーの作品を、CGアニメーションを用いて立体的に描き出す。

\ ここがおすすめ /

エッシャーの作品が動き出す迫力のある映像が見どころ。数学や科学、音楽、様々な視点からエッシャーの制作について深く掘り下げられています。

 

「エッシャー 視覚の魔術師(字幕版)」を視聴する

 

ヨーゼフ・ボイスは挑発する (2019)

ドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイスの生涯を追ったドキュメンタリー。

芸術を社会変革まで拡張したボイスの制作と、作品の裏に潜む戦闘機墜落の経験について描かれています。

\ ここがおすすめ /

挑発的な作品で、彫刻の概念を社会変革や教育にまで押し広げたボイスの作品。「芸術とは飾りでなく武器である」という彼の考えから、アートの役割について考えさせられる作品です。

 

 

世界で一番ゴッホを描いた男 (2019)

ゴッホの複製画を描き続けている男性が「本物のゴッホの絵を見る」という夢を実現するため、

アムステルダムを訪れるまでを描いたドキュメンタリー。

\ ここがおすすめ /

20年間もの間ゴッホの複製画を描き続けた男性。夢だったゴッホの作品を間近に見た後、「比べるものではない」と自分自身の作品に挑戦していく過程が魅力的です。

 

「世界で一番ゴッホを描いた男(字幕版)」を視聴する

 

アートのお値段 (2019)

オークションを前ににわかに騒がしくなるアート市場の裏側を、ギャラリスト、コレクター、アーティストなど様々な立場から映し出すドキュメンタリー。

ラリー・プーンズ、ジェフ・クーンズ、ジョージ・コンド、ゲルハルト・リヒターなど著名なアーティストも多数登場します。

\ ここがおすすめ /

オークションの現場を映し出した作品。アートの世界を形作っている様々な視点に触れることができます。存命の巨匠たちのアトリエや制作シーンは見どころ。

 

「アートのお値段(字幕版)」を視聴する

 

クリスト ウォーキング・オン・ウォーター (2020)

夫婦で協働してランド・アート作品を作り上げたクリストとジャンヌ=クロード。

妻ジャンヌ=クロード亡き後、クリストが手掛けた生前最後のプロジェクトを記録したドキュメンタリー。

イタリア イゼオ湖の上を人々が歩く「フローティング・ピアーズ (浮かぶ桟橋) 」実現までの道のりを知ることができます。

\ ここがおすすめ /

クリストの壮大なプロジェクトの過程を映したシンプルなドキュメンタリー。作品が実現し、実際に人々が作品の上を歩いている姿を見ると、自然と感動してしまうはず。

 

「クリスト ウォーキング・オン・ウォーター(DVD)」を視聴する

 

まとめ

ここまでアートについて取り上げた映画をご紹介しました。

これまで知らなかった画家も、映画を通して知るとより身近に感じるのではないでしょうか。

この記事が、作品に秘められた物語について知り、アートを楽しむきっかけになれば幸いです。

 

\ おすすめ記事 /

 

関連記事

ゴッホの浮世絵コレクション500枚をゴッホ美術館が無料公開!見どころを詳しく解説

500枚の浮世絵から紐解く 浮世絵がゴッホに与えた影響とは? ジャポニズムの影響を受け、日本に傾倒したパリの画家たち。 ゴッホもその例外に漏れず、日本に深い憧れを持ち、日本に行きたいとさえ願った画家の一人です。 浮世絵にイン

「表現主義」とは?代表的な画家と作品を解説

「表現主義」とは? 表現主義(表現派)は、1900年代前半にドイツを中心に興った美術や建築の潮流です。 特に表現主義の美術については、画家自身の心の内部の世界を表現するという点において、外部の世界の印象を描き出すそれまでの美術と

現代アートとは?アートの歴史から見る現代美術の楽しみ方

同時代を生きるアーティストが現代社会の情勢や問題を反映し、批評性をもって表現する現代アート。 絵画以外にも彫刻などの立体、映像、インスタレーションなど、その手法は多岐にわたりますが、表現された問いと鑑賞者が対話することで作品は完成

ゴッホとは?「ひまわり」など代表的な絵画や、耳切り事件について分かりやすく解説!

「炎の画家」ゴッホ その人生といくつかの謎 世界で、日本で一番有名と言っても過言ではない印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。 壮絶な人生と、絵画に対する情熱から「炎の画家」とも呼ばれています。 美術館では、ほぼ毎年ゴッホ

「初期ルネサンス美術」とは?有名な画家と代表作品を分かりやすく解説

「初期ルネサンス」とは? 「ルネサンス」。 ヨーロッパの美術史を語る上でよく耳にする美術用語ですが、そもそもは、「再生」という意味を指しています。 では、何の再生なのかというと、古代ギリシャ・ローマ時代の華やかな芸術──今で言

TOP