イベント六本木六本木アートナイト東京現代アート音楽
ART

「六本木アートナイト 2023」4年ぶりのオールナイト開催!主要プログラムを紹介

六本木の街を舞台に開催されるアートの饗宴「六本木アートナイト」。

2023年4月14日、「六本木アートナイト 2023」の公式ホームページ上に、プログラムの全容が公開されました。

今年はメインプログラム・アーティストの栗林隆+Cinema Caravan、鴻池朋子を含め、約45組のアーティストによる約70のプログラムを展開。

4年ぶりにオールナイトでの開催が決定し、コロナ以前の盛り上がりが期待されます。

開催期間は 5月27日(土)〜5月28日(日) です。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

六本木アートナイト2023のテーマは「都市のいきもの図鑑」

六本木アートナイト2023のテーマは「都市のいきもの図鑑」。

アート作品やパフォーマンス作品を通して、人間だけでなく、動物や昆虫・植物などの生きものがどのような生態系で共生しているのかに意識を向け、持続可能な社会と地球の環境全体への気づきと熟考を促します。

 

メインプログラム・アーティスト|栗林隆+Cinema Caravan

メインプログラム・アーティストの1組目は、栗林隆+Cinema Caravan。

栗林隆は東西統合から間もない1993年よりドイツに滞在し、「境界」をテーマに大がかりなインスタレーションを発表。その後は日本とインドネシアを往復しながら活動し、2009年からCinema Caravanとのコラボを開始します。

「Cinema Caravan」は、2010年より神奈川県逗子市で開催されている「逗子海岸映画祭」のメンバーを中心に発足したアートコレクティブ。

栗林隆+Cinema Caravanは、2022年のドクメンタ15(ドイツ)で作品「元気炉四号機」を発表。同作品が高く評価され、栗林隆は芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しています。

六本木アートナイト2023では、六本木ヒルズアリーナに、アートエネルギーを船に載せ、世界中に届けるという「Tanker Project」を展示します。

 

メインプログラム・アーティスト|鴻池朋子

絵画・彫刻・パフォーマンスなど様々なメディア表現、旅によるサイトスペシフィックな表現で芸術の根源的な問い直しを続ける女性作家、鴻池朋子。

六本木アートナイト2023では、屋外展示で話題を呼んだ「皮トンビ」が東京ミッドタウンに出現。

国立新美術館では「狼ベンチ」など、動物をモチーフとした作品を展示します。

 

メインプログラム|志津野雷+Play with the Earth Orchestra

メインプログラムとして、志津野雷+Play with the Earth Orchestra、Otoji+Ray、OKI+MAREWREWといった3組のアーティストによる音楽ライブを開催。

Cinema Caravanの代表を務める志津野雷は、世界を旅して切り取った記録を紡いだ映像作品「Play with the Earth」にあわせてライブ公演を披露します。

 

Otoji+Ray

バルカン半島の旋律をアレンジした楽曲で知られるベース“Otoji”とバイオリン“Ray”によるデュオ「Otoji+Ray」。

弦の世界観とシンプルな編成を生かし、オールドジャズ・クラシック・ジプシー音楽・民謡・エレクトリック等の要素を取り入れたオリジナル曲による公演を行います。

 

OKI+MAREWREW

樺太アイヌの弦楽器トンコリをオリジナルで制作し、独自の音楽スタイルを追求する「OKI」と、北海道や樺太に伝わる新旧様々なアイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループ「MAREWREW」。

彼らのライブでは、「アイヌの伝統はアイヌ自身が発展させ楽しむ」をモットーに生み出される斬新なサウンドを楽しむことができます。

 

Close-Act Theatre

オランダを拠点に活動する国際的パフォーマンスカンパニー「Close-Act Theatre」。

彼らのパフォーマンス「White Wings」では、巨大な白い翼を纏った幻想的なキャラクターが音楽と光の演出とともに壮大なパレードを行い、鑑賞者を異次元へと誘います。

インタラクティブなストリートパフォーマンスで有名で、観客の間や頭上で上演されます。

 

エマニュエル・ムホー、100色のレイヤーが織りなすインスタレーション作品

六本木アートナイト2023 ソース

巣鴨信用金庫の建築設計や、UNIQLOやISSEY MIYAKEでのアートインスタレーション、国立新美術館での作品展示など、これまでにも日本で多数の発表経験を持つフランス人建築家・アーティスト・デザイナー、エマニュエル・ムホー。

六本木ヒルズ66プラザにて、100色のレイヤーが織りなすインスタレーション作品を発表します。

 

大小島真木+Maquisのインスタレーション作品「SHUKU」

大小島真木、辻陽介、久山ドナルド宗成を中心とするメンバー不定のアーティストグループ「Maquis」。

今回、六本木ヒルズウエストウォーク北の展示スペースに、ミラー貼りの正十二面体オブジェを中心に、ガラス造形、鉄工、植物、LED照明、音響などを交えて展開するインスタレーション作品「SHUKU」を発表。

本作では、日本各地に伝わる謎の古神である“シュク”の現代的な憑座として、自然物と人工物、有機物と無機物、人間と他種が境なく混じり合った「サイボーグとしての御神体」が表現されています。

 

その他にも、六本木交差点エリアでは、長谷川仁の作品「六本木のカタガタ」や、岩崎貴宏のインスタレーション作品「雨の鏡」など、六本木という地域の歴史に目を向けた作品の展示や、林千歩の映像作品の上映が行われます。

 

西尾美也+東京藝術大学学生

美術家、西尾美也(東京藝術大学 先端芸術表現科 准教授)は、東京藝術大学の学生らとともに、三河台公園、六本木中学校、同校の向かいに開く西尾研究室の3ヶ所で、地域から学び、地域の方とともに生み出す「共有空間」を作品として提示予定。

装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目したプロジェクトを国内外で発表してきた西尾美也は、ファッションブランド「NISHINARI YOSHIO」を手がけ、近年は「学び合いとしてのアート」をテーマに、さまざまなアートプロジェクトやキュレトリアルワークを通して、アートが社会に果たす役割を実践的に探究しています。

 

 

4年ぶりにオールナイトで開催される六本木アートナイト。

六本木という大都市を舞台に、アーティストたちの作品がどのようなメッセージを放つのか。

ぜひ公式ホームページから、気になるプログラムをチェックしてみてください。

 

「六本木アートナイト 2023」プログラム

https://www.roppongiartnight.com/2023/programs

 

六本木アートナイト2023

会期:2023年5月27日(土)10:00〜5月28日(日)18:00 
※コアタイム:5月27日18:00〜28日6:00

会場:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、 六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

電話番号:050-5541-8600

料金:無料(ただし、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)

公式HP:https://www.roppongiartnight.com/

 

 

関連記事

バスキア作品がこの秋もオークションに登場!入札は46億円から

2021年の現代アート市場で最高額取引を記録したジャン=ミッシェル・バスキアの作品が、この秋もオークションに登場。 老舗オークションハウス、クリスティーズ・ニューヨークが11月9日に開催する21世紀美術イブニングセールに「The

「フェルメール展」アムステルダム国立美術館で開催、過去最多28作品がオランダに集結

「真珠の耳飾りの少女(1664-1667)」や「牛乳を注ぐ女(1658-1659)」などの作品で知られるオランダの巨匠、オランダの巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。 2022年2月10日より、フェルメールの現存す

遺族が企画したバスキアの回顧展「King Pleasure」がNYで開催中!初公開作品や遺品も多数

故ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の遺族が企画した回顧展「King Pleasure」が、現在ニューヨークで開催されています(〜2022年6月30日終了予定)。 遺族によって企画された初の回顧

六本木アートナイト2023、テーマは「都市のいきもの図鑑」鴻池朋子、栗林隆+Cinema Caravanが参加

六本木の街を舞台に毎年開催されているアートの饗宴「六本木アートナイト」。 2023年、12回目の開催となる六本木アートナイトは、5月27日(土)~28日(日)の2日間の開催が決定しました。 メインプログラム・アーティストには、国

シンガポールの国際アートフェア「ART SG」が2023年1月に開催!150以上の出展ギャラリーが決定

2023年1月にシンガポールで初開催される、東南アジア最大規模の国際アートフェア「ART SG」。 このフェアに出展する150以上のギャラリーが発表されました。   近年シンガポールでは、シンガポール美術館と現代美術

TOP