2018/09/03

ハワイアン実例玄関   
   インテリア    

ハワイアン風の玄関をつくる6つのポイントと実例10選

お家でリゾート気分
ハワイアンテイストの玄関

カジュアルで明るく開放感のあるムードが人気のハワイアン風インテリア。

南の島国の海や緑にあふれた豊かな自然と、様々な民族の文化が混じり合って発展した多彩で多様性あるスタイルが、リラックスした親しみやすい雰囲気を醸し出すのでしょう。

ハワイアンインテリアを上手く取り入れて、ドアを開けただけでのびのびと開放的な気持ちになる、そんな家を目指したいですね。

今回は、「家の顔」でもある玄関をハワイアン風のスタイルにするための、コツと実例を写真とともにご紹介します。

 

ハワイアン風の玄関をつくる6つのポイント

 

1.カラーはブルー&ホワイトで統一

 

ハワイを感じさせるインテリア、基本のカラーはブルーとホワイトです。

青は抜けるように広がる空の色、太陽の光を受けて輝く海の色。
白はどこまでも続く砂浜の色。
爽やかなビーチの風が吹き抜けていきそうですね。

壁がもともと白い家は多いですが、そこに写真のように青色のアイテムをポイントで配置するだけでも、ハワイらしい雰囲気になります。

鮮やかなシアンブルーなら生き生きとした若さが、藍に近い濃いめの色なら落ち着いた大人っぽさが表現できますよ。

 

2.ダークブラウンのリゾート風家具

 

古いハワイの懐かしい魅力が感じられるオールドハワイアンスタイル、これは1950年代の「古き良き」と言われるアメリカの文化が色濃く反映されたものです。

自由で豊かで明るい雰囲気に満ち、なおかつどこか重厚で古めかしさの残るテイストが魅力。

ダークブラウンの落ち着いた色味と重厚感ある丁寧な造りのハワイアン家具で、オールドハワイの味わいを取り入れてみましょう。

 

3.ハワイアンモチーフのファブリック

 

 

ハワイらしさを象徴するハワイアンモチーフでは、波の動きやクジラの尾、ウミガメ、ヒトデや釣り針など海にまつわるモチーフ、ハイビスカスやプルメリア、ヤシの木などハワイの草花にまつわるモチーフが有名です。

これらハワイの自然や伝統にまつわるモチーフをインテリアに取り入れると、ぐっと南国のリラックスした雰囲気が生まれますよ。

ハワイでは独自の伝統として発達したハワイアンキルトも有名。
大胆で鮮やか、のびのびとしたおおらかさにあふれるファブリックアイテムを活用するのもおすすめです。

 

4.大きめの観葉植物

 

ハワイアン風インテリアに必須の要素が、ハワイの豊かな自然をそのまま室内に取り込んだかのような、存在感ある観葉植物です。

熱帯や亜熱帯で育つ植物は、日本の気候では見られない種類のため南国のゆったりムードが満載。

おすすめはテーブルヤシやココヤシなどのヤシ類、モンテスラやアンスリウム、クワズイモなど光沢ある大きな葉が特徴的なサトイモ科の植物など。
鉢カバーもナチュラルでなじむ素材にすると、素敵です。

 

5.ハワイ人形をさりげなく飾って

 

ハワイの伝統芸能フラを踊る女の子をかたどったスタイルが有名なハワイ人形。

小物や雑貨、人形やぬいぐるみなどを上手にディスプレイするのは、どんなテイストのインテリアでも、その雰囲気を簡単に取り入れ「らしく」してくれる効果的な方法です。

靴箱の上などに、センスよくディスプレイしてみましょう。

 

6.ヴィンテージ風のポスター

 

ポスターもまた、手軽でインテリアの雰囲気をぐっと好みのテイストに近づけてくれる、便利なアイテムです。
しかも嬉しいのは、手頃な価格で気軽に購入できること。

市販のポスターには写真やモダンアートなど様々な種類がありますが、ハワイ風の雰囲気を盛り上げるには、南国らしい風景や伝統の民族スタイル、古いアメリカンシネマのワンシーン風など、ヴィンテージ感があってレトロなテイストのものを取り入れてみましょう。

ナチュラルなベースカラーやオールドハワイの雰囲気によくなじみますよ。

 

ハワイアン風の玄関の実例10選

 

No.1

ヴィンテージ感溢れる使い込んだニュアンスの出た木肌の色が素敵ですね。

木の節や木目が不揃いなままあえてごつごつと剥き出しな感じで仕上げているのも、まるで流木を利用したような味わいがあります。

このスタイルは西海岸風のカリフォルニアスタイルとのミックス。
どちらもビーチの雰囲気を全面に出した開放感あるスタイルなので、ミックスさせても違和感なくなじみます。

木の質感を生かしたナチュラルな内装は日本の建築も共通なので、取り入れやすいですよね。

 

No.2

広々とした南国リゾートのコンドミニアムのようなエントランスホール。

これだけ空間的な余裕があって明るい日差しにあふれた玄関なら、思い切ってハワイアン風の抜けて明るく開放的なインテリアにすると、とてもマッチしますね。

もともとの造りが、天然石タイルを敷き詰めた石畳のような三和土だったりフラットで敷居をあまり感じさせない上がり框だったり、まるで海外の住宅のようであることも一因なのでしょう。

アートのディスプレイや正面ドアのステンドグラスも、南国の雰囲気を素敵に演出しています。

 

No.3

身近に手軽にミニマムに、ハワイアンのテイストを取り入れた好例です。こういう取り入れかたなら、一人暮らしや賃貸のアパートでもお手本にしやすいですよね。

利用しているアイテムもプチプライスかつその組み合わせ。
ニトリやダイソー、しまむらなどで揃えることができるのも、嬉しいポイントです。

また、立てかけているボードはその気になれば自分でも作れますよ。
すのこに水性塗料のペイントで完成します。自作の場合の材料もすべて100均ショップで揃いますので、興味があったら挑戦してみてくださいね。

 

No.4

柔らかい色味がやさしいインテリア。

使っている基本カラーは青×白のハワイアンカラーなのですが、アクセントにビビッドな強い色を使わず、パステル調の淡い色を採用しているところがポイントです。

パステルカラーは「明るい色」と表現できますが、明度を上げるとともに彩度を落として、純粋な色に白を混ぜていったような淡いニュアンスが特徴の色です。

ハワイアン風インテリアはどちらかというと鮮やかなカラーを使いますが、少し色のトーンを変化させるだけで、マイルドな味わいになりますね。

 

No.5

ブルーの壁を最大限に活かしつつ、あくまでもシンプルにまとまったインテリア。
カリフォルニアテイストも加わったハワイアンになり過ぎない玄関です。

インテリアの基本は、テーマカラーを統一すること。

ブルー、ホワイト、ウッドカラーで統一しているので、物をたくさん置いていてもすっきりとした印象に見えます。

 

No.6

ハワイアンテイストの基本カラー白と青をベースに、少しヴィンテージでインダストリアルなニュアンスも混ざった、辛口で無骨な味わいが格好いいです。

ダークめの色遣いと木肌や節の感じを残しあえて粗く塗ったような塗装が、男前な印象の決め手でしょう。

立地が神戸のマンションのモデルルームとのこと、海街神戸の雰囲気とお洒落で上質なのに造り込みすぎない抜け感のあるライフスタイルが、体現されたようなインテリアです。

 

No.7

まさにハワイのビーチサイドで暮らしていて、ドアを開ければ表にハワイの海と砂浜が広がっているような、そんな気持ちをかきたててくれる玄関です。

真っ青に塗ったドアと、流木をそのまま無造作に打ち付けたようなハンドルが印象的。観葉植物の濃いグリーンとのコントラストも鮮やかです。

ナチュラルで飾らない印象を作るには、内装の塗装をマットに塗りつぶしてしまわず木肌のニュアンスの透け感を残して仕上げるのも、ひとつのポインでしょう。

 

No.8

すっきりとシンプルで過剰な装飾のない感じが心地いいですね。
通り抜ける海風のさわやかさも感じられそうです。

その潔さの秘訣は、白一色で統一した壁と天井。扉と玄関マットを黒や藍に近いダークな青にしているのも、清潔で凛とした印象を強めているのでしょう。

シェードを使わない剥き出しの吊り下げライト、アクセントアイテムはボリュームの多過ぎない観葉植物のみと、そこもシンプルを貫いています。

 

No.9

こちらもすっきりとした印象が居心地よく感じられるインテリアですね。

前の例よりナチュラルな温かみを感じられるのは、床の多彩さも感じられる暖色寄りのブラウンと、壁に飾られたアートや観葉植物の有機的な存在感でしょう。

子供のいる夫婦の暮らしも自然に想像できるような、生き生きとした生活感と温かい躍動感も感じられそうです。

 

No.10

どこからインテリアを変えて良いかわからない!
玄関が狭くてインテリアにこだわる余裕がない!

という方は、玄関マットから挑戦してみてはいかがでしょうか。

さりげなく「Aloha!」の文字が入ったマットを飾れば、それだけでも玄関インテリアのワンポイントとして引き立ちます。

 

まとめ

カジュアルなインテリアは格式ばったところがなく取り入れるのも気楽にできますが、テーマとなるテイストを決めると統一感が出て素敵なものになります。

今回はハワイアンテイストをご紹介しましたが、まだまだ素敵なテイストや参考になるアイディアはたくさんありますよ。

ポイントを押さえれば簡単にその雰囲気を楽しめるものです。他にも様々な記事から、参考になるヒントを得てくださいね。

 

「玄関 インテリア」のおすすめ関連記事

 

関連記事

女子力アップのインテリア!ピンクの絵画・アート特集

女子力アップのインテリア!ピンクの絵画・アート特集 女子力を上げたい、でも何から始めたら良いか分からない。。 そんな人には、まず自分の部屋のインテリアから変える事をおすすめします。 女子力の高い部屋の共通事項としては、 バラバラ

おしゃれな部屋のインテリアに|モダン絵画・アート特集

おしゃれな部屋のインテリアに|モダン絵画・アート特集 草間彌生、奈良美智、村上隆といったアーティストの活躍により、最近益々国内での人気が高まる現代アート。 前衛的なアートを身近に感じられる、直島といったアートスポットや、日本

一点物のアートを選ぶべき理由!|インテリアに絵を飾る

普段、あなたはどんな基準で絵を選びますか? 部屋のインテリア、もしくはお店の内装として絵を飾る、 といった場合、あなたはどんな基準で絵を選びますか? 第一に価格の事を考えてしまいますが、安さを重視してしまうと、 どうしてもポスタ

北斎・国芳の浮世絵が買える!東京都内のお店8選

  ソース インテリアやコレクションに 北斎・国芳の浮世絵を購入しよう 国籍を問わず、様々な国の人からも愛される「浮世絵」。 「北斎や国芳の浮世絵の展示があるときには必ず美術館に行く」という人も多いのでは?まさにクールジャパンの代

一人暮らしのインテリア実例50選【テイスト別】

ソース ワンルームの一人暮らし、狭くてもお洒落に快適に暮らしたいですよね。 ワンルームのインテリアを成功させるコツは、ひとつには暮らしやすいレイアウトの工夫、そしてもうひとつはテーマを決めて統一したテイストでコーディネートすることで