2021/05/19

ペットロス
MAGAZINE

ペットロスを乗り越える方法12選!家族・周囲の人の接し方

ペットロスを乗り越える方法

大切な家族であるペット、現在「コンパニオンアニマル」という名称が広がっているほど、私たちの日常に癒しをくれる存在です。

でも生きとし生けるものはいつか必ずお別れの時が来てしまいます。

ペットの死や、ペットとやむを得ない生き別れを経験した場合、私たちはこのつらい経験をどうやって向き合っていくべきなのでしょうか。

 

目次

ペットロスとは?

ペットが亡くなったことによる精神的・身体的不調

ペットロスの有無

(2015年「ペットロス経験者のためのリーフレットの作成」18 歳~54 歳の男女への調査より)

上記のグラフからも分かるように、大切なペットを喪失した人の69.3%はペットロスになっているという統計が出ています。そのためペットロスは珍しいことではなく、大半の方が悲しみを覚える正常な反応であり、決して病気ではありません。

人は悲しみを感じるとき、悲しみの過程を「拒否・怒り・交渉・抑うつ・受容」の5段階で感じ、立ち直ると言われており、その悲しみがいつまで続くかは当然個人差があります。

そして約30%の方はペットロスを感じなかったとグラフでも出ています。ペットへの向き合い方は人それぞれのため、喪失への向き合い方も様々です。

 

2ヶ月以上続くならうつの可能性も

2ヶ月以上続くならうつの可能性も

大切なペットが自分のそばからいなくなってしまう、それは想像するのも辛い経験です。

ペットを失った孤独感や後悔、不安により、自分はダメな人間だと責めてしまったり、もっと何かが出来たのではないかという罪悪感から、心身ともに疲弊してしまい倦怠感、睡眠不足、食欲異常、めまい、難聴、頭痛などの症状が起こってしまう可能性があります。

もしこの症状が2か月以上続くようならば、うつ症状の可能性も考えられます。

 

ペットロスでよくある症状

ペットロスでよくある症状

ペットロスのよくある症状

1.涙が止まらない

2.胸が苦しい感じがする

3.何事に対しても無気力でやる気が湧かない

4.集中力が以前よりなくなった

5.うまく眠れない

6.食欲がなくなった

7.全身の倦怠感がある

8.今後の生活が不安でたまらない

9.すぐパニックに陥る

10.自分はダメな人間だと思い込む

11.悪夢を見る

12.ペットに対して罪悪感がある

ペットを失ってしまったショックから、自分がペットロスかどうかも分からないほど動揺して悲しみにくれることもあるでしょう。

涙も止まらず、動機も収まらず、やっと涙が止まったと思っても無気力で何もやりたいと思わない。寝る前は隣で一緒に寝てくれたペットがいないことに眠れず、やっと眠れても見るのは悪夢で睡眠不足の倦怠感から、やっと起きることが出来ても食欲もわかない。

またペットがいないことを思い出し、不安からパニックになり、もっと何か出来たのではないかと罪悪感により自分をダメな人間だと思ってしまう…。

もしそんな症状が出ていたら、それはペットロスが原因かもしれません。

 

もし罪悪感があるなら

もし罪悪感があるなら

ペットロスの症状が出たとき、ペットの臨終時を思い出す人も多いのではないでしょうか。

特にペットの治療の選択は飼い主に委ねられるので、もっと早く病院に連れて行ったら、闘病中は苦しかったのではないだろうか、もっとちゃんと見てあげていれば…などなど、後悔の念に駆られることもあるかもしれません。

しかし、ペットと一緒にいた時間は死の間際だけではありません。一緒にいて楽しかった時間や、ペットからもらった喜びも思い出してください。

 

症状がひどいなら専門家に相談を

症状がひどいなら専門家に相談を

悲しみを我慢することなく、泣きたいだけ泣いて、思いを存分に出すことも回復期には必要なことです。

ただ、もし心身のともに疲弊し、普段の生活に支障がきたす場合が続いた時は、専門家に相談しましょう

一人では乗り越えられないと感じたときは家族、友人に頼ることも大事ですが、体調まで支障がきた場合は専門家に相談することがペットロスの重症化を防ぐ手段です。

ペットロスカウンセリングなどありますので、喪失感で押しつぶれそうな気持ちや誰にも打ち明けられなかった思いを聞いてもらうことが出来ます。

 

ペットロスからなかなか立ち直れない理由

心構えができていなかった

心構えができていなかった

不慮の事故、前触れの無い突然の死、意図しない生き別れ、ペットとの別れはどれも辛いものですが、突然の別れは心構えが出来ていないことが多いため、大きな喪失感からペットロスの症状が出やすいと言われています。

またこのような場合は、納得できない別れに、原因を飼い主である自分自身に向けることが多く、後悔の念に駆られて自分自身を責め続けてしまうことも、ペットロスに拍車をかけてしまいます。

 

相談できる人が周りにいない

相談できる人が周りにいない

ペットを亡くしたり別れてしまったことを、なかなか周りに言えない人もいらっしゃると思います。相談した相手によっては理解が得られず「たかだかペットでしょう」と、逆に傷つけられることもあるかもしれません。

今はインターネット社会ですので、SNSや掲示板などで匿名で打ち明けることも可能です。

同じ痛みや苦しみを味わった人たちと話すことによって、心が落ち着くこともありますので、相談できる人がいない場合にはインターネット上で共有できる場所を探してみてください。

 

ペットロスを克服する方法12選

1.無理に克服しようとせず自然な心の流れに任せる

無理に克服しようとせず自然な心の流れに任せる

ペットを失い、その悲しみに涙が出ることは当たり前のことです。

家族や友人と同じように、一緒に暮らしたペットに対しても同じように悲しみは襲ってくるでしょう。それは一緒に暮らした年月は関係なく、我が子のように伴侶として暮らしていればこその悲しみです。

その悲しみや喪失感を抑え込むのは並大抵ではありません。

そんなときは涙が枯れるまで泣き、別れを惜しみましょう。悲しみを押し殺して無理して元気になる必要はないのです。

 

2.ペットとの別れを前向きに受け入れる

ペットとの別れを前向きに受け入れる

喪失感は時間とともに薄れていくこともあります。最初は後悔や悲しみが襲ってくることもありますが、ペットと一緒に暮らした時間は悲しいことばかりではないはすでず。

悲しみよりも楽しかった思い出の方が多かったのではないでしょうか。

一緒に家族として暮らしていたペットは、あなたを悲しませるために生まれてきたのではありません

一緒に幸せになるために生まれてきたのです。無理に焦って立ち直る必要はなく、ゆっくり前向きに受け入れていきましょう。

 

3.似たような体験をした人と話す

似たような体験をした人と話す

ペットを失うことは、ペットを飼ったことのある人は皆経験していること。

その悲しみ方、立ち直り方は人それぞれです。ただ大切なペットを亡くした喪失感は共有できるものがあります。

1人で静かに悲しむ時間も必要ですが、誰かに話したいと思ったときにはその気持ちを抱え込む必要はありません。

同じようにペットを失った経験を持った方、SNS、インターネット上のコミュニティサイト、ペットカウンセリングなど、思いを聞いてくれる場所はいっぱいあります。

 

4.ペット葬をする

ペット葬をする

近年、ペットのお葬式をされる方も大勢いらっしゃいます。

これは人と同じように死を受け入れるための手助けにもなり、葬儀社によっては葬儀方法、埋葬方法、供養の仕方など様々なセレモニープランがあります。

葬儀をすることにより飼い主はペットとの思い出を振り返り、その思いを形にすることができます。

どのように弔ってあげたいのか考えたり準備をしていくうちに、色々なことが整理され、葬儀という儀礼によって気持ちが落ち着くため、ペット葬を行う方が増えています。

 

5.楽しかった時の思い出を整理する

似合っていた首輪、大好きだったおもちゃ、イベントごとには必ず着ていた洋服、遊んでいたボール、美味しそうに食べていたペットフード用の食器…。

遺品整理はペットとの思い出を呼び起こします。

無理にすぐ処分するのではなく、納得するまで手元に置いておき、楽しかった思い出を振り返ることも大事です

そして、その後は一緒に火葬する、メモリアルボックスを作り仕舞っておくなど、ゆっくり整理していきましょう。

 

6.部屋の模様替えをして気持ちを切り替える

ペットがいたお気に入りの場所、いつも眠っていたベッドなど、一緒に暮らしていた部屋の中には生前の愛用の品以外にも思い出が詰まっています。

深い悲しみの中にいるときには、こともあります。頭ではいないことが分かっているはずなのに心のどこかで愛するペットの姿を探してしまい、その姿がいないことにまた悲嘆してしまうでしょう。

ペットの遺品を整理しながら、部屋の掃除や模様替えをすることにより、物理的に区切りがつくことが出来き、気持ちを切り替えることが出来ます。

 

7.ボランティアなどに参加し動物と関わる

ボランティアなどに参加し動物と関わる

ペットと暮らしていた人の中で、そのペットのぬくもりに癒されたことがある人は多くいるでしょう。

喪失感に暮れている時に、新しいペットを飼おうと思うことは難しいかと思いますが、ボランティアやアルバイトなどで動物に触れあい、ペットロスを少しずつ癒す方法もあります。

保護施設などでお世話することにより、責任と動物のぬくもりを感じることができ、また家族のいない動物に里親を探すなど幸せを繋げることが出来ます。

 

8.新しい趣味や習い事を始める

新しい趣味や習い事を始める

喪失感は簡単に癒せるものではないかもしれませんが、時間が助けにもなってくれます。

時間があると思い出し、色々考えてしまうお別れしたペットのこと。

すぐに忘れる必要はありませんが、思い出すのが辛い場合は、新しい趣味や習い事を始めて別のことを考えるのも大切です

旅行をして気持ちを紛らわす、美術館で美しいものに触れてみる、ずっとやってみたかった習い事を始めるなど、ペットから意識を切り離し、精神的な辛さから切り離すことが出来ます。

 

9.運動して体を動かす

運動して体を動かす

家の中で悲しみに暮れ、外に出たいとも思わないかもしれません。

ただずっと家の中で泣き暮らすのは現実的でもありませんし、体にも不調をきたしてしまいます。

心が落ち着いた時には散歩をしたり、軽く運動するなどして体を動かし気分転換をすることにより、心身共にリフレッシュしましょう。

体を動かすことにより、交感神経が活発化し、物事を前向きにとらえやすくなると言われています。また適度な運動による心地よい疲れは、睡眠の向上にもつながります。

 

10.ペットとの思い出を他の形に変える

ペットとの思い出を他の形に変える

整理したペットとの思い出を処分することは、すぐには難しいかもしれません。

その思い出を別の形に変えて偲ぶ方法もあります。

形見として写真でアルバムを作る、着ていたお洋服や首輪、迷子札はリメイクしてキーホルダー、ストラップやパッチワークに、食器は小物入れに活用するなど、処分する以外にも選択肢は多くあります。

また毛や遺骨を中に入れたオーバーメイドジュエリーを制作すると、離れていてもペットとずっと一緒にいるような気持ちになり、心の支えになります。

 

11.新しいペットを迎える

新しいペットを迎える

家族の一員であるペットを失った悲しみの中にいる時、その寂しさから新しい仔をお迎えすることもペットロスの回復のための一つと言えます。

ただ新しく迎えたペットは、失ったペットの代わりではありません。

例えお顔が似ていたとしても、性格や個性は様々です。また新しいペットを迎えるにあたり、前のペットに対して罪悪感を持つ必要もありません。

気持ちをゆっくり整理して、ご縁があり、その仔を新しく家族として迎えたいという気持ちになった時、また素晴らしい愛情を得られることができるでしょう。

 

12.専門家のカウンセリングを受ける

専門家のカウンセリングを受ける

ペットを失った悲しみは深いものがあります。また相談した相手によっては「どうせペットでしょう」と理解を得られず、相談をしても逆に傷ついてしまうこともあるかもしれません。

しかし同じようにペットを失った経験をした人や、ペットカウンセラーに相談するなど、一人では抱え込まず、辛さを吐き出してください。

ペットカウンセラーやペット霊視などを行っている専門家もいるので、身近な人に相談できない悩みも聞いてもらうことが出来ます。

 

家族・周囲の人ができるペットロスの人への接し方

辛い気持ちに寄り添う

辛い気持ちに寄り添う

身近な人がペットロスで悲しんでいる時、そっと寄り添ってあげてください。

理解を得られないことも多いペットロスの悲しみを打ち明けられたということは、その人はあなたに心を許し、大切な家族を失った辛い気持ちを吐き出しています。

意見やアドバイスは相手が回復してからにして、ゆっくり話を聞く、一緒に思い出話をする、ただただ一緒に悲しむ、相手の言葉と気持ちを受け止め、受け入れることがペットロスからの回復を手助けする一歩です。

 

ペットの死後の手続き・片付けを手伝う

ペットの死後の手続き・片付けを手伝う

悲嘆に暮れている人にかける言葉は難しくとも、葬儀の手続きを手伝う、遺品整理を手伝いなど、細々した事務作業を手伝うだけでも飼い主の負担を軽くし、十分に悲しむ時間を作ってもらうことが出来ます。

ペット葬は人と同じようなセレモニーを行いますし、また亡くなったのが犬の場合は役所への手続きも必要な場合があります。

葬儀や片付けのお手伝いが難しい場合でも、お線香や祭壇に飾れるもの、生前大好きだったおやつやフードをお供えするなど、飼い主の悲しみに寄り添うことで、心の整理を手伝うことが出来ます。

 

何かできなくても責めない

何かできなくても責めない

ペットロスで落ち込んでいる人は、家事がいつも通りできなかったり仕事に集中できなかったりするかもしれません。

人間なので心が傷ついている時はそうなってしまうのは仕方ないこと。

周りの人も、それを受け入れて飼い主が何かできなくても責めたりせず温かく見守ることが必要です。

 

思い出を絵にして立ち直る手助けをする

思い出を絵に

飼い主の気持ちが少しでも癒せるように、少しでも悲しみが薄れ、前向きな気持ちになれるようなプレゼントを贈るのも飼い主の気持ちに心の整理がつくきっかけとなるかもしれません。

本物そっくりなぬいぐるみを作るサービスなどで、立ち直るための手助けをすることもできます。

ペットの肖像画やペットとの思い出を絵にするサービスもあります。ペットとの思い出をアート作品に昇華することで、ペットロスの苦しみが癒えると言う人も沢山いらっしゃいます。

 

ペットとの思い出を絵にする

おすすめのオーダーメイドサービス「Thisisoriginal」

オーダーメイド

Thisisoriginalは2020年にできた、完全オリジナルのアート制作サービス

オンラインギャラリー「Thisisgallery」のオーダーメイドサービスが、新しくグレードアップしたものになります。

オーダーメイドの制作実績やドラマへのアート作品提供も多くやっている会社が運営しているサイトで信頼度も抜群。

オーダーメイド依頼をすると、2万人以上のアーティストから自分に合った画風のアーティストを紹介し、相談・納品まで全ての行程を承ります。

さらに、合計3万円〜という低価格でオーダーメイド作品が作ることができます。LINEからも無料相談もできます。

\ LINE@での相談はこちらから/

 

オーダーメイド絵画の制作事例

オーダーメイド例

ご依頼内容

我が家の歴代の猫5匹をモデルに絵を描いていただきたいです。

アーティスト

CHI☆YO

感想

大変美しく家族皆が感激しました。 飾った絵を見て猫たちとの思い出に浸りたいと思います。 本当にありがとうございました。

オーダーメイド絵画

ご依頼内容

両親にプレゼントするため、実家で飼っている猫の油彩画を描いていただきたいです。右目が青色で、左目が黄色なので そのあたりも反映頂きたいです。

制作アーティスト

ペットペイント

感想

率直に素晴らしい出来栄えだと思いました! 両親もとても喜ぶと思います。

オーダーメイド絵画

ご依頼内容

ペットの写真を元に1×1mの絵画を制作して欲しいです。 背景はティファニーブルーを希望します。

制作アーティスト

ファーレイ恵梨

感想

とても可愛らしい絵で大満足です! ありがとうございました。大切にします!

Thisisoriginalの他の制作事例はこちら>

 

ペットロスを乗り越える手助けになる本3選

ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室

著者の横田晴正は動物が好きで、ペット用品販売会社や広告代理店を経て、27歳で出家し、2001年にペット霊園ソウルメイトを設立しました。

ペットの僧侶として葬儀や供養、火葬などに立ち会った著者だからこそ、喪失感に寄り添った内容で、2021年に復刊されました。

ペットロスの悲しみにいる人にも、今ペットを一緒に暮らしている人にもおすすめの一冊です。

ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室 増補改訂版

1,540円 (税込)

 

ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議

ペットライターだった著者・塩田妙玄は愛犬の介護、死、そして深い喪失感のペットロスから立ち直り仏門に入り、現在は高野山真言宗僧侶兼カウンセラーとして人々に寄り添っています。

ペットとの出会いは意味があるものと説く著者は、読者に後悔しない供養の方法や祈りを綴っている一冊です。

ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議

1,750円 (税込)

出版社 : ハート出版 (2012/12/7)

 

愛する人を失ったとき あなたに起こること

著者はグリーフカウンセラーで、カウンセリングルーム『青山フラワーキュア』を設立した松家かおりです。ペットだけではなく、家族や友人、身近な大切な人を亡くした時に、その悲しみから立ち直るためのグリーフケアについて書かれた一冊です。

グリーフケアの知識や実例も書かれており、身近な人がペットロスになった場合にも参考になる内容です。

愛する人を失ったとき あなたに起こること

1,650円 (税込)

 

まとめ

ペットとの別れを前向きに受け入れる

友人であり、我が子のように慈しんだ大切な家族の一員であるペット。

生前から準備をすることも大事ですが、それでも失ったときの喪失感を乗り越えることは簡単ではありません。

1人で立ち直れないときは身近な人や、専門家を頼って、心身共にゆっくり回復に努めて下さい。

あなたに愛されたペットとの思い出を胸に、いままで一緒にいてくれてありがとうという気持ちで送り出してあげましょう。

 

おすすめ記事

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

映画「ゴッホ ~最期の手紙~」6万枚の油絵で描かれたアニメーション制作の裏側

  DATA   原題  『Loving Vincent』   監督  ドロタ・コビエラ       ヒュー・ウェルチマン   制作   2017,イギリス・ポーランド合作  日本公開 2017年11月3日

大人の塗り絵のおすすめデザイン30選をテーマ別にご紹介

時間が経つのを忘れ 塗り絵の世界へ 塗り絵の魅力をひとことで表現するとしたら「無心になって没頭できること」。 また、塗り絵に集中する感覚は、お寺で写経をしているときの心境に近いものがあります。塗り絵を楽しむことでストレス解消に

バンクシーのおすすめグッズ10選

クールなグラフィティアート バンクシーのグッズを手にいれよう クールでミステリアスなバンクシーのアート作品をモチーフにしたグッズが、日本でも簡単に手に入ります。 バンクシーの作品は世界中で高い人気を誇り、高額で取引されています。原

世界の有名な写真家11選!巨匠の知っておきたい代表作を紹介

誰もがスマホを使って手軽に写真を撮れる時代。 とても身近になった”写真”という表現ですが、たった1枚の写真によって大きく心を揺さぶられることもありますよね。 今回はご紹介するのは1900年代以降に活躍した、世界の有名な写真家です。

海外のおすすめ小説ランキング22!名作ベストセラーを紹介

  「名作」と呼ばれる海外小説を読んだことはありますか? そもそも海外小説に興味があっても作品数が多すぎて、どれを読めば良いのかわからないですよね。 そこで今回はおすすめの海外小説を、22位からランキングで紹介。 どれ

TOP