ロシアヴェネチア・ビエンナーレ
ART

ロシアパビリオンの参加アーティストらが辞退を表明|ヴェネチア・ビエンナーレ2022

ロシア連邦によるウクライナへの攻勢が続く中、今年4月に開幕される「第59回ヴェネツィア・ビエンナーレ」では、ロシアパビリオンの閉鎖が正式に決定しました。

ロシアパビリオンに参加を予定していたアーティストとキュレーターが揃って辞退を表明したのです。

 

ヴェネツィア・ビエンナーレ財団側も、参加辞退を表明したアーティストらに対し、支持する声明を発表。

ヴェネチア・ビエンナーレの参加国リストからロシアの名前が削除されました。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

2月27日、ロシアチームのアーティストらが参加辞退を表明

今年参加を予定していたロシアチームは、現代アーティストのアレクサンドラ・スハレワ(Alexandra Sukhareva)とキリル・サフチェンコフ(Kirill Savchenkov)、そしてパビリオンのキュレーターはソ連生まれのリトアニア人であるライムンダス・マラシャウスカス(Raimundas Malašauskas)の3人で構成されていました。

 

2月24日にロシアがウクライナ全土に侵攻を開始すると、3人はソーシャルメディア上でロシアパビリオンからの辞任を表明。

ロシアパビリオンを運営する委託団体もインスタグラム上で彼らの辞退を承認し、ロシアパビリオンの閉鎖が正式に決定しました。

 

モスクワを拠点に活動する現代アーティスト、キリル・サフチェンコフはインスタグラムに投稿した声明の中で、このようなコメントを残しています。

 

“ミサイルの攻撃で市民が死んでいるとき
ウクライナの市民が避難所に隠れているとき
そしてロシアの抗議者が沈黙しているとき

何も言うことはできない
芸術に居場所はない

ロシア生まれの身として、
私はヴェネツィア・ビエンナーレで作品を発表しません”

 

ロシアパビリオンのキュレーター、ライムンダス・マラシャウスカスは、

 

“この戦争は政治的にも感情的にも耐え難いものだ”

 

とこの声明の中で記述しており、さらに

 

“ロシアの人々は、祖国の抑圧的な政策を理由に、いじめられたり、見捨てられたりしてはならない”

 

と付け加えています。

 

3人の声明は、ウクライナパビリオンの参加アーティストたちが祖国防衛のためにヴェネチア・ビエンナーレでの展示作業をすべて中止し、撤退を発表した数日後に発表されました。

 

ウクライナ代表として参加を予定していたアーティスト、パブロ・マコフ(Pavlo Makov)は、ロシア側の発表を受け、「私も同じことをするだろう」とコメントしています。

 

ヴェネチア・ビエンナーレ財団は参加辞退のアーティストらを支持

ヴェネツィアビエンナーレ財団は報道陣に向けた声明の中で、ロシアチームの参加辞退を認めており、

 

“ビエンナーレは彼らの勇気ある行動に対し連帯を表明し、この決断に至った動機に寄り添います

ビエンナーレは、今後も芸術と文化の中で人々が出会う場所であり続け、対話と平和を妨げるために暴力を行使するすべての人々を非難します”

 

と述べています。

また、今年3月に発表した公式声明には以下のように追記しています。

 

“ウクライナの参加に協力し、ウクライナの人々とアーティストへの全面的な支援を表明し、ロシアの軍事侵攻に対し断固とした非難を表明する意向です。

(中略)

勇気を持って戦争に抗議しているすべての人々に、ビエンナーレは寄り添います。

この状況が続く限り、ヴェネチア・ビエンナーレ財団は、侵略行為を実行または支持している人々とのいかなる関係をも拒否します。

従って、公式代表団、機関、ロシア政府と関係を持つ人々のイベントへの出席は認めません”

 

ヴェネツィア・ビエンナーレ公式ホームページの参加国リストから、ロシアの名前は既に削除されています。

 

ロシアの攻撃に対し、動き出したアーティストたち

2022年2月24日、ロシア連邦が隣国ウクライナ全土に多方面から侵攻を開始しました。

この攻撃は難民問題に拍車をかけ、わずか4日間で50万人以上が国外に脱出する事態となりました。

国内に残る人々、特に主要都市は常に空爆の脅威にさらされています。

 

ヴェネツィア・ビエンナーレだけではなく、世界中のあらゆる機関、文化施設、アーティスト、キューレーターが現在この問題に対して動き出しています。

ウクライナで起きている悲劇が1日も早く終息することを望み、芸術文化の世界にも再び平和と自由が戻ることを祈るばかりです。

 

関連記事

ジャクソンポロックとは?壮絶な人生と代表作10選

抽象表現主義の代表格であり、戦後のアメリカ美術においてもっとも有名なアーティストの1人であるジャクソン・ポロック。 性格は気難しく、反骨精神に満ち溢れたその人生は、アルコールに溺れながら表現活動を続けるという壮絶なものでした。

「ポスト印象派」とは?有名な画家と代表作品を分かりやすく解説

「ポスト印象派」とは? 後期(ポスト)印象派は1886年から1905年までの約20年間に渡り、主にフランスで活躍した画家たちのスタイルを指します。 印象派と言われるとルノワールやモネのような画家の作品が思い浮かびますが、後期(ポ

ゴッホの新たな自画像がX線検査で見つかる、スコットランド国立美術館蔵「農婦の頭部」

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh、1853~1890)の絵画の一つから、新たなゴッホの自画像が見つかったことが明らかになりました。 作品を所蔵するスコットランド国立美術館(National Galle

曜変天目の「原寸大ぬいぐるみ」に予約殺到!静嘉堂@丸の内で販売

2022年10月1日に世田谷から丸の内へと移転オープンした静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)。 移転オープンに向けて新しく企画開発されたのは、国宝 曜変天目(稲葉天目)茶碗の「原寸大ぬいぐるみ」。 ぬいぐるみは美術館オープンの1

岡本太郎の代表作品20選!「太陽の塔」「明日の神話」など人気作品を詳しく解説

「芸術は爆発だ!」 岡本太郎の代表作20選 日本を代表する画家、岡本太郎。 その名を聞けば、誰しもまずは「太陽の塔」を思い浮かべるのではないでしょうか。   2018年の春には太陽の塔の内部公開が開始。岡本太郎ブームが

TOP