2018/08/23

アートスポット太陽の塔岡本太郎青山   
   News    

岡本太郎のアトリエ「岡本太郎記念館」に行ってきた

青山のアートスポット
岡本太郎記念館

2018年3月に「太陽の塔」の内部が再生され、最近再び岡本太郎人気が高まっている今日この頃。

という事で今回は、thisismedia編集部が岡本太郎記念館を直撃!

岡本太郎記念館は、岡本太郎が50年間アトリエ兼住宅として使っていた建物です。

幸いにも、館内は写真撮影OK!という事でおすすめ作品もたくさんご紹介します。

まだ行った事がない方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

岡本太郎記念館の基本情報

 

開館時間
10:00~18:00(最終入館17:30)

 

休館日
火曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日

 

観覧料

一般 620円
小学生 310円

 

特別割引券
公式ホームページから特別割引券をダウンロードし、印刷して持って行くと
100円割引が受けられます。
携帯画面を見せるだけでは利用できません
ので注意してください。 

 

アクセス

東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線 表参道駅から徒歩8分

 

MAP

 

 

見どころとおすすめ作品

 

若い太陽」

 

太陽は無限のエネルギーを与えてくれることから、太郎の作品によく使われているモチーフです。

庭の中央に置かれていて、入口から入ってきた人を迎えています。

これとよく似た「太陽」が、そごう横浜店の屋上にある「太陽の広場」にあります。

3つの「太陽の顔」が合わさっていて、3方向からお顔を拝見できます。

それぞれに「朝のやさしさ」「昼の力強さ」「夜のおだやかさ」が表現されているんだとか。

 

 

庭にはオブジェ作品がずらり

 

ジャングルのように南国植物が生い茂っている庭には、無造作に作品の原型が置かれています。

実際に「坐る(すわる)ことを拒否する椅子」に座ってみたり、「梵鐘(ぼんしょう)・歓喜」を鳴らしてみたりと、作品に触れながら楽しむことができるスペースです。

 

岡本太郎になりきって梵鐘を叩けるのも岡本太郎記念館だけ

 

大きな葉の間から遠くのオブジェを見るために背伸びしたり、小さなオブジェを見るために、かがんで見ることになりますが、子供のように低い姿勢になると顔のある作品とちょうど目が合って嬉しくなります。

作品の解説は無く、自分自身の感性で自由に太郎の作品と向かい合うことができるので、ぜひ庭にある作品にも注目してみてください。

 

バルコニーから覗く怪しい影は一体…?

「上のほうから何か視線を感じる…」と思ったら、太陽の塔でした。

2階のバルコニーの手すりに、幼そうな手がちょこんとのっています。

 

作品の名前を知らない人でも、太郎のパワー溢れる作品たちは見ているだけで元気が出てきます。

「芸術は爆発だ!」に代表されるように、激しく生きる言葉が印象に残りがちな岡本太郎ですが、ユニークなオブジェと対面すると、悩める人も温かく見守ってくれるような印象を受けました。

 

 

実際に太郎が使っていたアトリエ

館内には、実際に太郎が作業場として使用しいていたアトリエが当時のままに展示されています。

吹き抜けのアトリエには、たくさんの絵が保管されている他、絵の他にも彫刻やオブジェがずらっと並んでおり、太郎の創作の源を垣間見ることができます。

 

応接間にも作品がたくさん

画面中央にある「手の椅子」には、岡本太郎とパートナー敏子さんの写真が飾られています。

この応接間は、太郎と敏子さんが一緒に過ごした思い出の場所であり、かの有名な画家パブロ・ピカソも訪れるなど、太郎にまつわる様々な人が交流をした場所でもあります。

その他にも所狭しと並んだ作品の数々…。

とても賑やかで、今でも誰かの笑い声が聞こえてくるようです。

 

2階 企画展示室

2階には、2室の展示スペースがあり、定期的に展示内容が変わります。

私が行ったときの企画展は、「太陽の塔への道」で、1960年代の太郎の仕事が取り上げられています。

60年代は、太郎の作風が変化した年代。
作品にも梵字のような黒いモチーフが登場し、呪術性が感じられます。

これは、縄文文化の研究や、東北、沖縄などの原始日本を巡る旅の影響があったためと考えられています。

奥の展示スペースでは、父・岡本一平の七回忌に墓碑として設置された「顔」や、白くなめらかな曲線が優雅な「愛」が展示されていました。

企画展では、太郎自身の作品だけでなく、彼にまつわる作家や、太郎から次の時代の作家の作品を見ることでますます太郎への理解が深まります。

新たな岡本太郎の発見にぜひ記念館に足を運んでみではいかがでしょうか。

 

岡本太郎記念館をもっと楽しむ

 

ミュージアムショップでお土産を

記念館に行くのは、展示を見るだけではありませんよね。太郎グッズをお土産に買って帰りましょう。

ミュージアムショップ横に設置されているガチャガチャには、「岡本太郎アートピースコレクション」や「コップのフチの太陽の塔」があります。

「コップのフチの太陽の塔」は、「コップのフチ子」と同じ要領で、太陽の塔のミニフィギュアをコップのフチに引っ掛けておくことができます。
全6種+シークレット1種類があり、400円を投入して運試し。

 

 岡本太郎グッズについて知りたい方はこちら

 

 

おしゃれなカフェでひと休み 

カフェ 、ア・ピース・オブ・ケーク(a Piece of Cake)は記念館の庭が眺められる位置にありますが、記念館の入館料無しでも利用できます。

料理研究家の大川雅子さんがプロデュースしていて、美味しいパンケーキや焼き菓子のほか、丁寧な接客にも居心地の良さを感じます。

 

年間パスポート「Taro Passport 」

 

「毎回、企画展を見に行きたい」

「親戚の家に行くように、何度も通いたい」

という方には、1年間でたった3,000円の年間パスポートがおすすめです。

記念館に行って元気をもらいたいというだけでなく、Taro Passportメンバーになって太郎を支えるために利用するのも良いですよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

太郎が身近に感じられるパワースポット、岡本太郎記念館の楽しみ方をご紹介しました。

私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。
危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。

岡本太郎が暮らした家は、数々の刺激的な言葉を残した岡本太郎の生きるエネルギーにあふれる場所でした。

皆さんも青山を訪れる際にはぜひ岡本太郎記念館に足を運んでみてくださいね。

 



関連記事

知っておきたい世界の有名画家40人と代表作を徹底解説

  「ピカソって何が凄いの?」「抽象画ってどう見れば良いの?」と言った声をよく耳にします。 「絵を見るのは好きだけど、美術史はよく分からない」「何が凄いのか時々ピンとこない作品がある」など、アートは好きなのに、美術史に対し

ポンピドゥー・センターへの行き方と見どころを徹底解説

パリで現代アートを楽しむなら ポンピドゥー・センターがおすすめ ヨーロッパ最大の近現代美術コレクションをもつポンピドゥー・センター。 この総合文化センターは、色んな文化や国籍が交じり合うパリの真ん中、アートを楽しむのに絶好なマ

タオルを綺麗に見せる収納術!たたみ方実践集

ソース タオルは生活に欠かせない日用品ですが、毎日使うものだけに、その収納場所や上手な収納方法には頭を悩まされます。 かごなどにタオルをすき間なくきれいに詰めていると、詰めた瞬間はすっきりと片付いて見えたのに、2~3本タオルを抜いた

はらぺこあおむしだけじゃない!エリック・カールのおすすめ絵本

色彩の魔術師 エリック・カールのおすすめ絵本 手描きの紙を用いたコラージュ手法で有名なエリックカールの絵本。 「はらぺこあおむし」をはじめとする、カラフルな色彩の絵本は、子どもから大人まであらゆる人を魅了し続けています。 そ

ナチュラル風の玄関をつくる7つのポイントと実例10選

人気テイストNo.1! ナチュラルインテリアの玄関 ホワイトやウッド調をベースにしたナチュラル風のインテリア。 親しみやすく柔らかい雰囲気が人気のテイストですが、統一感を持たせながらおしゃれなインテリアにするのって、とても難し