2018/09/11

アジアンインテリアガーリーシンプルナチュラルハワイアンモダンモノトーンヴィンテージ一人暮らし北欧実例西海岸   
   インテリア    

一人暮らしのインテリア実例50選【テイスト別】


ソース

ワンルームの一人暮らし、狭くてもお洒落に快適に暮らしたいですよね。

ワンルームのインテリアを成功させるコツは、ひとつには暮らしやすいレイアウトの工夫、そしてもうひとつはテーマを決めて統一したテイストでコーディネートすることです。

コンパクトな分統一感を出しやすいのがワンルームのいいところ。ご紹介するコーディネートの実例を参考に、あなただけの素敵な部屋を実現させてくださいね。

 

目次

北欧

1.王道な北欧コーディネート


ソース

大人気の北欧風インテリア、こちらはその王道を行く正統的なコーディネート。

白、グレー、ウッディカラーのナチュラルな色合いをベースに、青とグリーンの差し色が効いています。

差し色もアースカラーで統一するのがポイントです。

 

2.ナチュラル風の北欧インテリア


ソース

ナチュラルな温かみを全面に出した北欧風のインテリア。

ポイントは色遣いです。ホワイトベースにナチュラルなアースカラーをプラスしますが、寒色系に寄せず木や土の温かみを感じさせる深い緑やブラウンをメインにします。

ラグの毛足の風合いやクッションの素材もほっこりとした気持ちになりますね。

 

3.ホワイト×グレー×ブラックでシックな印象に


ソース

色数をぐっと抑えてシックな印象にまとめたインテリアです。

ほとんどのアイテムを白で揃えたインテリア、差し色として加えたソファやクッションをグレーと黒の無彩色にすることでカラーレスな部屋に。

それでも冷たい雰囲気にならないのは、フロアのナチュラルなウッディカラーと布素材の柔らかな質感のためでしょう。

 

4.ヴィンテージ風の北欧インテリア


ソース

レトロなほっこりとした感じが可愛い部屋です。

北欧のおばあちゃん世代の家はこんな感じだったのかも?と思わせますよね。

色数をたくさん使いながら派手な印象にならないのは、グレイッシュなややくすんだトーンとアンティークな生地の質感のおかげでしょう。ヴィンテージ家具も素敵な味わいです。

 

5.マリメッコを取り入れた北欧コーディネート


ソース

モダンで大胆なコーディネート。

ホワイト×ブラック×イエローというはっきりした色遣いをしているので、明るく斬新な印象を受けます。

マリメッコの人気柄、けしの花の「ウニッコ」をパネルカーテンに堂々と取り入れているのが効果的なアクセントになっていますね。

 

ナチュラル

1.王道なナチュラルコーディネート


ソース

自然体のリラックス感と爽やかさを感じさせる、王道のナチュラルコーディネートです。

白いコットンシャツを無造作に着こなしたような魅力がありますね。

色はホワイトと木肌を感じられる淡いウッディカラーのみ。観葉植物をさりげなくアクセントに使っています。

 

2.ホワイトベースで優しい印象に


ソース

ホワイトベースのナチュラルな部屋、ちょっとしたさじ加減でこういった優しく柔らかい印象を作るのは、ファブリックの手触りと色のニュアンスです。

色味をほんの少しだけ暖色系に寄せて、淡いベージュや生成りのカラーを加えてみましょう。

色を多用しなくても、部屋の印象を変えられますよ。

 

3.大きな窓で明るいお部屋に


ソース

大きな窓があって日光を豊富に取り入れられる間取りなら、インテリアのベースカラーをホワイトにしてみましょう。

白は色の中では最も光を反射させ拡散させる色。

日の光に溢れる明るい部屋にしてくれます。その明るさを生かしたナチュラルテイストのインテリアにすると、健康的で気持ちのよい印象になりますね。

 

4.自然な色合いでナチュラルに


ソース

ベッドカバーの差し色の印象が強いですが、ナチュラルな雰囲気を失わないのは、フォークロアな味の感じられるざっくりした風合いと自然な色合いのためでしょう。

その他の色を白とグレー、濃淡のあるウッディカラーに絞っているのもポイントです。

 

5.木材であたたかみをプラス


ソース

こちらも王道ナチュラルと同様、白と淡いウッディカラーで統一したシンプルナチュラルな部屋です。

印象的なのは家具に使われている塗装されない白木の木肌。

触れた時の柔らかな手触りと温かみが、見た目にも伝わってきそうですね。

 

シンプル

1.王道なシンプルコーディネート


ソース

色数、アイテム、ともにぐっと抑えた王道のシンプルコーディネートです。

ホワイトベースの部屋にアクセント的に置いたブラック。

家具はアンティーク調ですが、余分な装飾がなくすっきりと線の細いフォルムなので、簡素な空間を引き立てていますね。

 

2.海外風のシンプルコーデ


ソース

スウェーデンのワンルームコーディネートの事例です。

典型的な北欧風インテリア、というよりも、もっとシンプルかつ都会的な雰囲気で、この部屋で暮らすワーキングガールや女子学生の姿が見えてきそうですね。

ホワイトベースの簡素な清潔感とセンスの良さ、生活しやすそうな実用性の調和を見習いたい部屋です。

 

3.ホワイトベースのおしゃれコーデ


ソース

真っ白!と形容したいほど、徹底してホワイトに統一したコーディネートです。

ワンカラーでここまで潔くインテリアを作れるのは、まさにおしゃれ上級者の技。

ポイントは白のカラーニュアンスと素材の質感を揃えることと、淡いグレーでさりげなく差し色を加えることでしょう。

 

4.雑貨でオリジナル感を演出


ソース

特徴ある雑貨づかいが個性的なオリジナル感を演出していますね。

ベースの白にアクセントを加えるブラックの小物も印象的ですが、個性ある存在感を発揮しているのは何といっても中央のプフ。

プフはモロッコの伝統的な丸いクッションですが、周囲と似たカラーのニット素材のものを取り入れることで、違和感なくなじませています。

 

5.木材で優しい印象に


ソース

ナチュラルテイストのところでご紹介した部屋にも似た、木の温もりが優しい印象の部屋です。

この例では無印良品の家具を使っていますが、無印良品は無駄のないデザインとシンプルな素材づかいで、シンプルコーディネートには強い味方。

上手に木製家具を取り入れてみてくださいね。

 

モノトーン

1.王道なモノトーンコーディネート


ソース

モノトーンとは、黒・白・グレーなど無彩色の濃淡で表現したカラートーンのこと。

白をベースにグレーの濃淡で深みを加え、部分的に黒できりっと締めたこの部屋は、王道のモノトーンコーディネートと言えるでしょう。

クールでスタイリッシュな雰囲気が素敵です。

 

2.とにかくシンプルなモノトーンコーデ


ソース

とことんシンプル、ミニマルと言っていいほどアイテムを抑えた潔い部屋。

家具の高さを抑えたのも、すっきりと見えるポイントでしょう。モノトーンのカラーコーデもシンプルさを引き立てます。

暗めのカラーでコントラストを強調した配置にしているのも効果的ですね。

 

3.女性でも作りやすい優しい色合い


ソース

モノトーンには、同じ色の濃淡という意味もあります。

この部屋はどちらかというと、ベージュを基調としたモノトーンコーデと言えるでしょう。

ピンクベージュのグラデーションを濃いグレーで締めたようなカラーコーデは、同じモノトーンでも少し甘みのある優しい印象になります。

 

4.アートがクールさを演出


ソース

白と黒のみで構成したようなシンプルな部屋に、存在感のあるアートがクールな雰囲気を決定しています。

インテリアアートは部屋を印象づける重要なアイテム。

ブラックの強い画面構成のアートを使うことで、部屋が引き締まりますね。

 

5.グリーンを取り入れた大人なモノトーン


ソース

モノトーン基調の部屋にナチュラルで落ち着いた雰囲気が生まれるのは、自然のままの姿のグリーンがあるから。

無機的で人工的な雰囲気になりやすいモノトーンコーデですが、こうして植物をひとつレイアウトするだけで、大人の抜け感を加えることができます。

 

ガーリー

1.王道なガーリーコーディネート


ソース

ロマンチックな色遣いや繊細で優雅なフォルムなど、満載の女の子らしさが特徴のガーリーコーディネート。

白を基調としたヨーロッパ調の家具、たっぷりとフリルやレースをあしらったファブリックなど、ガーリーテイストの王道を行く部屋です。

 

2.女の子のためのガーリーコーデ


ソース

まるでおとぎ話に出てくるお姫様の部屋のよう。

女の子の憧れが一杯に詰まったインテリアですね。清楚なホワイトカラーに、家具のディティールは繊細なフォルムと優雅な曲線で一杯。

小花模様を添えるような植物のあしらい方もガーリーです。

 

3.ブルーベースでガーリーに


ソース

青はどちらかというとクールですっきりした印象になる色ですが、コーディネートの仕方によってはこんなにガーリーなテイストになります。

白にモーブトーンのニュアンスを持つ青を合わせているので、柔らかさが出るのでしょう。

家具の曲線フォルムやヘプバーンのポスターも女の子らしさを醸し出しますね。

 

4.レンガの壁紙で可愛さアップ


ソース

白を基調に丸みを帯びた家具のフォルムが可愛い部屋です。

カントリー風の少しのんきで温かい雰囲気が感じられるのは、小物づかいとレンガの壁紙の効果でしょう。

100均ショップでも売られているリメイクシートを利用することで、手軽に可愛さアップすることができますよ。

 

5.ふわふわのラグがとってもキュート


ソース

全体的にシンプルにまとめたコーディネートなのですが、ガーリーな可愛さを盛り上げているのは毛足の長いカーペットとムートンラグのダブル使い。

ふわふわの埋まるような質感と純真さを感じるホワイトカラーが、女の子らしくキュートです。

 

ヴィンテージ

1.王道なヴィンテージコーディネート


ソース

カジュアルで無骨な雰囲気のあるヴィンテージインテリアです。

古材風の壁やコンクリート打ちっぱなしのような内装が特徴的。

アンティークの風合いのある家具や開拓時代のアメリカを思わせるデニムファブリックなどを合わせて、王道のヴィンテージコーディネートに仕上げた例です。

 

2.柄を上手に使ったヴィンテージコーデ


ソース

レトロな雰囲気も兼ね備えたヴィンテージコーデ。

キリム柄のカーペットとボーイズライクなチェック柄を喧嘩しないように上手に合わせ、独特の個性的なヴィンテージインテリアに仕上げています。

 

3.ブラウンベースの雑貨でらしさアップ


ソース

古いアメリカ映画のワンシーンのような雰囲気の部屋。

このコーディネートは小物使いも素敵ですね。

ブラウンを基調色とした雑貨と使い込んだ味わいのある家具が、素朴で飾り気のないヴィンテージ感を盛り上げています。

 

4.洋服を飾る上級者コーデも


ソース

まるでおしゃれなセレクトショップのよう。

収納とディスプレイを兼ねた洋服の見せ方が素敵な上級者コーデです。

アメリカンカジュアルなテイストを全面に出し、男前なインテリアに仕上げています。古材っぽい壁のボードやアイアンシェルフもヴィンテージライクで素敵ですね。

 

5.オープンラックでお洒落に収納


ソース

ヴィンテージテイストにナチュラルでリラックスした開放感をミックスした部屋。

ヴィンテージ風のインテリアにはよく無骨な金属のシェルフが使われますが、こういった木のオープンラックを取り入れても素敵ですね。

アンティーク調の木肌の感じがお洒落にこなれています。

 

西海岸

1.王道な西海岸コーディネート


ソース

カリフォルニアのビーチサイドに建つサーファーハウスをそのまま持ってきたような、王道の西海岸コーディネートの部屋です。

明るく鮮やかなブルーをベースカラーに海のモチーフをふんだんにプラス。

大きめのヤシの木が素敵なアクセントになっています。

 

2.紺色多めで男前コーデ


ソース

黒に近いダークトーンの紺色を多用し、男前な印象に仕上げたコーディネートです。

西海岸風のインテリアの基調カラーは青ですが、インディゴデニムを思わせる濃いブルーは男っぽい辛口の気取らなさを演出してくれます。

 

3.デニム素材でクールにきめる


ソース

こちらも男前にきめたクールで渋い部屋ですが、テーマは海辺のサーファースタイルではなく、ロサンゼルスの路地裏のようなイメージ。

デニムリメイクのようなソファや星条旗モチーフが、雰囲気を盛り上げます。

 

4.シックで落ち着きのあるおしゃれコーデ


ソース

西海岸のビーチサイドの屋根裏部屋のような、明るさに満ちた部屋ですね。

落ち着きあるシックな雰囲気は、湿度を感じさせないからりと乾いた清潔感から。

白と青、グレーの抑えめの配色、ざっくりとした足触りを感じさせるマットやファブリックが効いています。

 

5.流木雑貨で雰囲気をつくる


ソース

ビーチに流れ着いた流木をそのまま利用したような家具も、西海岸インテリアの特徴です。

この例では、流木ライトといった個性あるアイテムや古木を利用したテーブルやシェルフなどの家具が、西海岸風の自然で飾らない雰囲気を作り上げています。

 

モダン

1.王道なモダンコーディネート


ソース

現代日本の住宅にすっとなじむ、王道のモダンインテリアですね。

シンプルかつ機能的で余計な装飾のない家具に、シックで落ち着きのある配色をコーディネート。

一切のけれん味を排したスタイリッシュさが際立ちます。

 

2.グレーを取り入れたシンプルモダン


ソース

明るくモダンな北欧テイストの部屋。

北欧風のインテリアにもバリエーションがありますが、アースカラーを交えず白とグレーでシンプルにカラーコーデすると、すっきりと現代的なトーンにまとまりますね。

 

3.ホワイトベースのモダンコーデ


ソース

壁、天井、床、そして家具や照明まで、ほとんどを白で統一したコーディネートです。

無駄を削ぎ落したシンプルなスタイルがモダンインテリアの特徴ですが、この部屋がゴージャスで華やいだ雰囲気を持ちつつも現代的なスタイリッシュさを失わないのは、究極のシンプルである白をベースにしているからなのでしょう。

 

4.アートが映えるモダンコーデ


ソース

現代アートの展示室のような、ユニークで個性的な部屋ですね。

鮮やかな色を多用し賑やかな感じがするのにごちゃつかないのは、家具や小物のフォルムが幾何学的ですっきりしているからなのでしょう。

壁のアートも、長辺や短辺さまざまな長さのものを組み合わせて飾ることにより、面白い効果を出しています。

 

5.和モダンのインテリアコーデ


ソース

伝統的な和風の要素と現代的なスタイリッシュさの融合が特徴の和モダンインテリア。

こちらの例は、ふすまや畳の和室をベースに現代風の家具を取り入れた、少しレトロな雰囲気も残す部屋です。

背の低い家具や渋い色遣いが、和のテイストに違和感なくなじみますね。

 

ハワイアン

1.王道なハワイアンコーディネート


ソース

ぱっと明るいビーチサイド、海の青さと砂の白さが見えるような、気持ちのいい爽やかさ。

ホワイトとブルーの基本の配色に生き生きとした観葉植物の緑、ハワイアンテイストの魅力が一杯に詰まった王道コーディネートと言えるでしょう。

ヒトデなどのモチーフ小物やレトロな味わいの扇風機も可愛いですね。

 

2.ガーリーなハワイアンコーデ


ソース

ビーチの昼下りを思わせるような、サンドカラーを主体にしたコーディネート。

ベージュや生成り、渋いピンクなどでカラーコーデすると、柔らかいガーリーな味わいが出ます。

ラグのブルーや家具の素材使い、ディスプレイした小物の透明感などで、上手に海のニュアンスを滲ませていますね。

 

3.海を感じる小物でらしさを演出

ソース

全体的にカラートーンが抑えめで、味わい深いシャビーシックなテイストにまとめられていますが、そこに海の明るい開放的な要素を上手に取り込んでいますね。

魚やヒトデ、サンゴなどのモチーフ小物が可愛らしく、上品なミックステイストに仕上がっています。

 

4.観葉植物を上手に取り入れて


ソース

ハワイアンテイスト、というより、ハワイで実際に暮らす人の部屋はこんな感じなのでは、と思わせるようなこなれ感のある部屋。

リラックスした生活感と洗練された雰囲気の調和が素敵です。ふんだんに取り入れられた観葉植物が潤いをもたらしますね。

 

5.カリフォルニア風ハワイアンコーデ


ソース

古木っぽい味わいを持つ素材の使い方やダークな色遣いなど、男っぽい無骨な西海岸風の要素をミックスさせたハワイアンコーデ。

南国的な華やかさや色彩の鮮やかさを抑えめにして渋くまとめると、また違った味わいになりますね。

 

アジアン

1.王道なアジアンコーディネート


ソース

ノスタルジックな雰囲気を持つ、王道のアジアンコーディネートです。

ざっくりとした植物素材のマット、籠を上手く組み込んだ背の低い家具、アンティークの風格を持つバティック調のファブリックなどが深い味わいを醸し出します。

まるで東南アジアの昼下がり、吹き抜ける風を感じられそう。

 

2.ブルーテイストのアジアンコーデ


ソース

モロッコの有名な「青い街」を思わせるような、ブルーを基調にコーディネートした部屋。

アジアンテイストというとバリやインドネシアなど東南アジアをまず想像しますが、こういった中近東のテイストでまとめるのも素敵です。

モロッコ雑貨を上手に使い、床に近く低めのインテリアで構成すると雰囲気が出ます。

 

3.パープルをアクセントに


ソース

アジアンリゾートのホテルの一室のような、贅沢で洗練された雰囲気が素敵です。

ブラウンを基調に落ち着いた色彩でまとめていますが、中央のカーテンとクッションの紫がいいアクセントに。

紫は伝統的に精神性を持つ高貴な色。落ち着いた気持ちになれそうな部屋です。

 

4.ブラウンの家具でらしさを演出


ソース

バリのリゾートのような異国情緒に溢れたインテリアですね。

お香か精油の香りが漂ってきそうです。アジアン家具で構成したトータルコーディネートが効果的。

アンティークの趣を持つ深いブラウンとざっくりとしたナチュラルな質感が素敵です。

 

5.作りやすいホワイトベースの空間


ソース

この部屋はヨーロッパのスタンダードな住宅にちょっとだけアジア趣味を加えたような印象。

アジアを思わせる柄や色をカーペットやタペストリー、ファブリックなどに取り入れるだけで、品の良いミックステイストになります。

ホワイトベースにアジアン要素を足すこんなやり方なら、真似しやすいのでは?

 

インテリアについてもっと知ろう

ワンルームのインテリアは、テイストを統一して構成するとぐっと素敵なものになります。

一人暮らしの家は、自分の趣味をすみずみまで行き渡らせて家全体をトータルコーディネートできるところが魅力ですよね。

家族で暮らす一軒家やファミリーマンションも、その延長です。テイストを統一しても、家族の好みによってそれぞれの部屋ごとにコーディネートしても楽しいもの。様々な記事を参考に、工夫してみてくださいね。

 

関連記事

若手アーティストにオーダーメイド絵画を依頼しよう

・日本の若手アーティストを支援しよう   若手アーティストを支援したい。 thisisgalleryにはたまに、そういった動機からオーダーメイド絵画をご注文される方がいます。 アートコレクターには様々な形があり

1万人のアーティストから選べる!アート・絵画のオーダーメイドならthisisgallery

  自宅のインテリアや、特別な人へのプレゼントに、絵画・アート作品を贈りませんか?   せっかく絵を購入するなら、制作を直にアーティストに依頼できる、 thisisgalleryのオーダーメイドがおすすめ。

プレゼントにも喜ばれる|かわいい猫モチーフの絵画・アート特集

プレゼントにも喜ばれる|かわいい猫モチーフの絵画・アート特集 普段から私たちを魅了してやまないにゃんこ。 歌川国芳、藤田嗣治、竹内栖鳳、ピエール・ボナール、などの絵画で知られるように、猫は昔から多くの画家の絵のモチーフとなってきまし

動物アートをオーダーメイドしよう

  ペットブーム   そんな言葉を耳にしたことはないでしょうか。   犬や猫、鳥や魚などのメジャーな動物に加えて、 近年では、ヤモリやヘビなどの爬虫類といった、 少し変わった生き物もペットとし

バンクシー作品の購入方法と注意点

バンクシー作品を購入する 本物と偽物を見分ける方法は? 覆面芸術家として素性が一切不明のバンクシーは、現代のストリート・アーティストとして高い人気を誇り、作品はオンラインなどでも購入することが可能です。 モダンでアイロニー