アート旅スペインプラド美術館海外
MAGAZINE

プラド美術館のチケット予約・購入方法を分かりやすく解説


ソース

プラド美術館は、ルーブル美術館やエルミタージュ美術館、メトロポリタン美術館にも肩を並べる世界的に名高い美術館です。

マドリードに旅行した際には一度は行ってみたい憧れのスポットですよね。

また閉館時間2時間前になると無料で入館できるのもプラド美術館の魅力です!

今回はそんなプラド美術館をスムーズに入場するためのチケットの予約・購入方法をご紹介します。

時間を有効に使って、思う存分美術館を味わってくださいね!

プラド美術館への行き方・無料で入場できる時間帯の詳細を知りたい方はこちら

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

チケットの予約・購入方法 

オフィシャルサイト(英語)で予約する

まずは公式サイトから予約する方法をご紹介します。

事前にネット予約すれば、当日混雑していても比較的スムーズに入場することができます。

しかし公式サイトでは日本語対応していないため、英語表記で予約をすることになります。

また日時指定が必要で、購入後の日時変更や払い戻しはできないので注意が必要です。

支払いは一人につき0.5ユーロの予約手数料がかかり、支払方法はクレジットカードのみです。

それでは詳しく解説していきます。

 

⑴言語選択


ソース

日本語選択はできませんので、英語を選択します。

右上のある「EN」をクリックすると英語とスペイン語を切り替えることができます。


ソース

一番下までスクロールすると「BUY TICKET」と書かれたボタンが表示されるのでクリックします。

ソース

人数が多い場合・ツアー希望の方は左の一覧から選択ができますが、ここは個人の方を想定していますのでこのまま進んで下のボタンをクリックします。

 

⑵日付選択


ソース

画像の通り日付を選択して、次の画面に進みます。

 

⑶人数選択


ソース

こちらでは参加人数や必要なガイドブックの冊数、特別展をみるか否かの記入をします。

いちばん上の「Entrada General」で人数を、その下の「Entrada General más ejemplar Guía del Prado」でガイドブックの必要な方は冊数を入力してください。

ガイドブックは厚さ3㎝程の分厚いものですが、日本語版がもらえます。
ガイドブックは当日美術館で購入するよりも予約した方がお得なのでオススメです。

特別展を希望の方は下の□にチェックしてください。

ソース

するとこのように時間を選択することができます。
特別展を見る場合は必ず時間の記入をする必要があります。
当日は、こちらで選択した時間にしか入場できませんので、注意が必要です。

 

⑷記入事項の確認

ソース

そして金額や人数の確認を行います。

 

⑶個人情報の入力


ソース

ここからは予約者の個人情報を入力していきます。

確認の同意欄にチェックも忘れないでくださいね。

 


ソース

そしてクレジットカードの情報を記入していきます。

上から「カード番号」「有効期限(月/年)」「セキュリティコード(カード裏の3桁の番号)」を入力して次へいきます。

最後に日本円で支払うか、ユーロで支払うのかを選択します。日本円の支払いでは手数料が割高になってしまうため、ユーロでの支払いがオススメです。

その後、途中で入力したメールアドレス宛にチケットが送られてくるので、それを印刷し、忘れずに持参してください。

当日、予約チケットを持っている方の入場は北側(裏手)のヘロニモス門となっています!

 

日本語対応サイトで予約する


ソース

ここまで公式サイトからの予約方法を解説しましたが、やっぱり日本語のサイトで登録したい…という方にオススメなのが「GetYourGuide」です。

最初から最後まで日本語で登録することができますが、手数料がかかってしまうので注意が必要です。

 

フリーパス(パセオ・デル・アルテ )を事前購入する

フリーパス(パセオ・デル・アルテ )とはマドリードの三大美術館と言われるプラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館、レイナ・ソフィア美術館に一度ずつ入場できるチケットのことです。

個別に入場した場合よりも20%ほどお得になるため、長期の旅行でたくさんの美術館を回りたい方のおすすめです。

価格:29.60ユーロ
有効期間:購入日から一年間
購入場所:各美術館のホームページもしくは各美術館のチケット売場

 

当日券を購入する


ソース

チケット売り場は建物の北側です。
エントランスはその裏側にあります。当日は混雑が予想されますのであらかじめ予約することをおすすめします。

また、入場無料の時間帯でもチケットは必要となりますのでこちらに立ち寄ってから入場してください。

 

関連記事

ベートーベンとは?難聴に苦しんだ生涯「第九」「運命」など代表曲について詳しく解説

数々の名曲を残している音楽家ベートーベン。 その名は世界中に知られています。 毎年年末になると耳にする機会が増える「第九」、最近では綾瀬はるかさんと高橋一生さんの入れ替わり設定が話題となった人気ドラマ「天国と地獄」でも使われてい

スクラッチアートのおすすめ20選!子供・大人に人気のデザインをご紹介

削るだけでカラフルな絵が描ける「スクラッチアート」。 新型コロナウイルスの影響により自宅で過ごす時間が増え、大人の間でも「ぬりえ」の人気が高まっていますが、それと同じようにスクラッチアートも、より初心者でも楽しめる趣味として人気が

ミケランジェロとは?代表作「ダビデ像」など西洋美術史に残る作品を解説!

ミケランジェロ・ブオナローティは、イタリアのルネサンス期の彫刻家。 彫刻家としての活動の他にも、画家や建築家、詩人など幅広い芸術活動を行っています。 ミケランジェロはどんな作品を生み出し、どのような人生を送っていたのでしょうか。

運慶 快慶とは?仏師の生涯と代表作品・2人の関係について分かりやすく解説

運慶と快慶といえば、東大寺南大門の「金剛力士立像」を造った人物として日本史上とても有名な仏師です。 日本の仏像彫刻に大きな功績を残した両者ですが、2人の作風には明らかな違いがあり、独自の様式を確立していたことが知られています。

「ムンク展」の特別チケット・前売券・当日券の購入方法

いよいよ10月27日(土)から上野の東京都美術館で開催する「ムンク展-共鳴する魂の叫び」 ムンクの代表作「叫び」の初来日とあって、開催前から大きな話題となっています。 開催期間は来年の1月20日まで。年越しを挟むので、12月〜1月の

TOP