2019/03/10

フィキサチーフ使い方文房具画材   
   News    

フィキサチーフ(定着剤)の種類と使い方


ソース

「フィキサチーフ」という言葉をご存知でしょうか?

美大でアートを学んでいたり、デッサンをやったことがある方はご存知かもしれませんが、多くの方はフィキサチーフと言われてもなんのことか分からない方も多いと思います。

一見難しそうな専門用語にも見えますが、保存が難しいデッサンやパステル画を綺麗な状態のまま保ってくれる便利グッズです。

どんなに簡単な絵でも描いてそのまま放置はもったいないですよね!

そこで今回は、フィキサチーフについての基本的な解説と、おすすめのフィキサチーフについて用途別にご紹介します。

こちらの記事を参考にして、作品作りを楽しんでくださいね。

フィキサチーフとは


ソース

フィキサチーフは一言で言うと、定着剤です。

鉛筆木炭パステルを使用して絵を描いた場合、長時間作品をそのままのしておくと色が褪せてしまったり、擦れてしまったりしてしまいますよね。

そのような時間による作品の劣化を防ぐための定着剤のことを「フィキサチーフ」と言います。

メーカーによってはフキサチーフ、フィキサチフなどと言われることもあります。

フィキサチーフは用途によって使い分けがあったり、使用する上で注意するべきことなどもあるので、しっかり理解しておくことが必要です。

 

フィキサチーフの種類


ソース

フィキサチーフは大きく分けて2種類に分類することができます。

パステル画に対応しているものと、その他の画材に対応しているものです。

違いはフィキサチーフに含まれる成分によって分けられます。

フィキサチーフは基本的に石油系の溶媒もしくはエタノールに溶いたものを合成樹脂に溶いたものであり

パステルには石油系、鉛筆・木炭といったその他の画材にはエタノール

を溶いたものが適しています。

 

フィキサチーフを使う際の注意点

フィキサチーフには合成樹脂という体に有害なものが含まれています。

そのためフィキサチーフは換気のできる、風通しの良い場所で使用することが必要です。

また、火気の近くや他の人がいるところでは使用しないようにするなど、管理には十分注意しましょう。

また、作品がフィキサチーフによって滲んでしまったり、歪んでしまうことを防ぐため、小さな紙に色を塗ったものにフィキサチーフを吹き付けるなどして、実験してから使用すると安心ですね。

 

フィキサチーフの使い方

1.作品から30〜40㎝距離を取る

離す程度は大まかで構いませんが、ある程度距離を離す必要があります。
フィキサチーフの形状がスプレータイプのものと霧吹きタイプのものがあり、スプレータイプのものは特に作品との距離に注意が必要です。

 

2.3~4回に分けて使用する

1度に大量のフィキサチーフを吹きかけると、作品が滲んでしまうことがあります。
なので、フィキサチーフは少量を数回に分けて吹き分けることが大切です。
その際、乾いていることをしっかり確認してください。
たとえ1回でまんべんなくスプレーできなくても、数回スプレーすることによって細部までかけ切ることができます。

 

3.終わったらそのまま放置する

前述した通り、フィキサチーフはしっかり乾かすことが大切です。
最後まで吹き付け終わったら、最低でも5分は放置しておきましょう。
画用紙を木製パネルなどに水張りをしている場合は、パネルから剥がす前にフィキサチーフをかけるようにしましょう。

 

用途別!おすすめのフィキサチーフ5選

ホルベイン 画用液 スプレー フィキサチーフ300ml


ソース

こちらは鉛筆・木炭・チョークに対応しているフィキサチーフです。

大きさも容量もスタンダードなものなので初めての人でも丁度いいサイズ感だと思います。

価格 ¥1,279 
内容量 300ml
対象 鉛筆・木炭・チョークなど

 

ホルベイン 画溶液 スプレーハンディフィキサチーフ100ml

ソース

今回しか使わないんだけど…という方にはこちらの小型タイプのハンディフィキサチーフがおすすめです。

小さくて持ち運びも楽なので、外出先でも簡単に使うことができます。

価格 ¥918 
内容量 100ml
対象 鉛筆・木炭・チョークなど

 

ホルベイン 画溶液 スプレーフィキサチーフストロング 300ml


ソース

普通のフィキサチーフでは強度が足りない!という方におすすめなのが、ストロングタイプのフィキサチーフです。

強度が他のものよりも強度が強いので絶対に固定したい場所に使うとしっかり固定してくれます。

価格 ¥1,458
内容量 100ml
対象 鉛筆・木炭・チョークなど

 

 ホルベイン画用液 300ml スプレー パステルフィキサチーフ


ソース

こちらのフィキサチーフはパステル画を仕上げる際に使用します。

多いすぎず、小さすぎないサイズ感なので、場所を問わず使えると思います。

価格 ¥1,295
内容量 300ml
対象 パステルなど

 

クサカベ 画用液 フィキサチーフ 280ml

ソース

こちらは霧吹きにして使う液体タイプのフィキサチーフ です。

液体のフィキサチーフはそのまま垂らすことによって垂らした場所だけを固定することも可能なので、新しい表現にチャレンジしたい方におすすめです。

価格 ¥1,166 
内容量 280ml
対象  鉛筆・木炭・チョークなど

 



関連記事

「岡本太郎記念館」に行く前に!行き方と見どころをご紹介

南青山の隠れたアートスポット 「岡本太郎記念館」の見どころをご紹介 2018年3月に「太陽の塔」の内部が公開され、最近再び岡本太郎人気が高まっている今日この頃。 岡本太郎ブームから月日は経ったものの、絶えず関連書籍や映画が発表

厳選!一人暮らし向けおしゃれな人気ソファ10選

ソース 念願の一人暮らしが始まる時、どんな家具を揃えますか? テーブルやベッドなど、必要な家具を揃える一方で、ソファに関しては、絶対に必要なわけではないので置くべきかどうか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 しかし、存在感

草間彌生の作品を解説「かぼちゃ」を含む代表作20選

フォトジェニックな草間彌生のアート作品を見に行こう このかぼちゃ、誰の作品かご存知ですか? 既に知っている方も多いはず、作品の作者は日本の現代アートを代表するアーティスト、草間彌生です。 草間彌生のアートはとにかくフォトジェニ

「シュルレアリスム」とは?代表的な画家と作品を解説

シュルレアリスムとは? シュルレアリスムは、日本語で「超現実主義」と訳される芸術の潮流の1つです。 1924年にフランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱したことでシュルレアリスムは始まり、ヨーロッパの絵画や文学などにおいて夢や空想

エルミタージュ美術館への行き方と見どころを徹底解説

ロシアに来たら必ず訪れたい エルミタージュ美術館 ロシアに行く際には必ず訪れたいのが、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館です。 美しい水色の外壁が印象的なバロック形式の宮殿は、1991年のソビエト破壊後に国立美術館

 

TOP