2019/03/10

フィキサチーフ使い方文房具画材   
   News    

フィキサチーフ(定着剤)の種類と使い方


ソース

「フィキサチーフ」という言葉をご存知でしょうか?

美大でアートを学んでいたり、デッサンをやったことがある方はご存知かもしれませんが、多くの方はフィキサチーフと言われてもなんのことか分からない方も多いと思います。

一見難しそうな専門用語にも見えますが、保存が難しいデッサンやパステル画を綺麗な状態のまま保ってくれる便利グッズです。

どんなに簡単な絵でも描いてそのまま放置はもったいないですよね!

そこで今回は、フィキサチーフについての基本的な解説と、おすすめのフィキサチーフについて用途別にご紹介します。

こちらの記事を参考にして、作品作りを楽しんでくださいね。

 

フィキサチーフとは


ソース

フィキサチーフは一言で言うと、定着剤です。

鉛筆木炭パステルを使用して絵を描いた場合、長時間作品をそのままのしておくと色が褪せてしまったり、擦れてしまったりしてしまいますよね。

そのような時間による作品の劣化を防ぐための定着剤のことを「フィキサチーフ」と言います。

メーカーによってはフキサチーフ、フィキサチフなどと言われることもあります。

フィキサチーフは用途によって使い分けがあったり、使用する上で注意するべきことなどもあるので、しっかり理解しておくことが必要です。

 

フィキサチーフの種類


ソース

フィキサチーフは大きく分けて2種類に分類することができます。

パステル画に対応しているものと、その他の画材に対応しているものです。

違いはフィキサチーフに含まれる成分によって分けられます。

フィキサチーフは基本的に石油系の溶媒もしくはエタノールに溶いたものを合成樹脂に溶いたものであり

パステルには石油系、鉛筆・木炭といったその他の画材にはエタノール

を溶いたものが適しています。

 

フィキサチーフを使う際の注意点

フィキサチーフには合成樹脂という体に有害なものが含まれています。

そのためフィキサチーフは換気のできる、風通しの良い場所で使用することが必要です。

また、火気の近くや他の人がいるところでは使用しないようにするなど、管理には十分注意しましょう。

また、作品がフィキサチーフによって滲んでしまったり、歪んでしまうことを防ぐため、小さな紙に色を塗ったものにフィキサチーフを吹き付けるなどして、実験してから使用すると安心です。

 

フィキサチーフの使い方

1.作品から30〜40㎝距離を取る

離す程度は大まかで構いませんが、ある程度距離を離す必要があります。
フィキサチーフの形状がスプレータイプのものと霧吹きタイプのものがあり、スプレータイプのものは特に作品との距離に注意が必要です。

 

2.3~4回に分けて使用する

1度に大量のフィキサチーフを吹きかけると、作品が滲んでしまうことがあります。
なので、フィキサチーフは少量を数回に分けて吹き分けることが大切です。
その際、乾いていることをしっかり確認してください。
たとえ1回でまんべんなくスプレーできなくても、数回スプレーすることによって細部までかけ切ることができます。

 

3.終わったらしばらく放置する

前述した通り、フィキサチーフはしっかり乾かすことが大切です。
最後まで吹き付け終わったら、最低でも5分は放置しておきましょう。
画用紙を木製パネルなどに水張りをしている場合は、パネルから剥がす前にフィキサチーフをかけるようにしましょう。

 

用途別!おすすめのフィキサチーフ5選

ホルベイン 画用液 ビッグスプレーフィキサチフ

1,760円 (税込)

こちらは鉛筆・木炭・チョークに対応しているフィキサチーフです。大きさも容量もスタンダードで初心者の方におすすめです。

ホルベイン 画用液 スプレーハンディフィキサチーフ

935円 (税込)

今回しか使わないんだけど…という方にはこちらの小型タイプのハンディフィキサチーフがおすすめです。
小さくて持ち運びも楽なので、外出先でも簡単に使うことができます。

ホルベイン 画用液 スプレーフィキサチフストロング

1,485円 (税込)

普通のフィキサチーフでは強度が足りない!という方におすすめなのが、ストロングタイプのフィキサチーフです。

強度が他のものよりも強度が強いので絶対に固定したい場所に使うとしっかり固定してくれます。

ホルベイン 画用液 スプレーパステルフィキサチーフ

1,485円 (税込)

今回しか使わないんだけど…という方にはこちらの小型タイプのハンディフィキサチーフがこちらのフィキサチーフはパステル画を仕上げる際に使用します。
多いすぎず、小さすぎないサイズ感なので、場所を問わず使えます。

クサカベ 画用液 フキサチーフ 280ml

2,310円 (税込)

こちらは霧吹きにして使う液体タイプのフィキサチーフ です。
液体のフィキサチーフはそのまま垂らすことによって垂らした場所だけを固定することも可能なので、新しい表現にチャレンジしたい方におすすめです。

 

あなたにおすすめの記事

「#アートのある暮らし」で
自由な発想を磨く

 

「クリエイティブで自由な発想を磨きたい」

自分で絵を描くためにも、芸術には日々触れていたいですよね。

毎日暮らす家の中にこそ、

自分のセンスを最大限に発揮し、独創性を磨くチャンスがあるのではないでしょうか。

ここ最近、そんな芸術家気質の人の間で

#アートのある暮らし」が注目を集めているのをご存知ですか?

 

 

他の人とはちょっと違う、「自分だけの感性」を大切にしながら暮らしたい。

そんなクリエイティブな人たちが、アートをインテリアに取り入れる生活を始めています。

ユニークで新しいライフスタイルを、あなたも始めてみませんか?

\ PICK UP WORKS /

 

thisismedia

関連記事

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の行き方と見どころ!ゴッホの「星月夜」など見るべき7作品を詳しく解説

ソース アンディ・ウォーホルなど近現代アートが楽しめる、MoMA 「Museum of Modern Art」の頭文字をとった「MoMA(モマ)」の名で親しまれるニューヨーク近代美術館は世界中の近代の名画が集結している世界屈指の美術

「キュビズム」とは?有名な画家と代表作品を分かりやすく解説

キュビズムとは? キュビズムとは、20世紀初めのパリで、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって生み出された、新たな美術表現の試みのことです。 一つの対象を固定した単一の視点で描くのではなく、複数の視点から見たイメージを、一

草間彌生とは?経歴・人生について分かりやすく解説

草間彌生ってどんな人? 日本を代表する現代アーティスト・作家・デザイナーとして知られる草間彌生。 彼女のトレードマークである、カボチャや水玉の作品を一度は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか? 海外でも

東京都内のおしゃれなブックカフェ・バー31選

ソース おしゃれなブックカフェで いつもと違う読書体験を 休日に欠かせないもの。それは「本とコーヒー」。 一冊の本と美味しいコーヒーがあれば、他には何も必要ありません。でも、せっかくの休日。たまにはいつもと違う場所で読書を楽しん

東京のおすすめ美術館11選!一度は行くべき美術館をご紹介

ソース 「興味はあるけど、なんとなく行きにくい…」 「知識がない人が行っても楽しめるのだろうか」 美術館に対して少し敷居が高いと思っている方は多いのではないでしょうか? 知識がない人にとって美術館は退屈な所…なんてそんなことは全

 

TOP