2021/07/26

サブスク
MAGAZINE

サブスクとは?メリットやデメリット・おすすめのサブスクサービスを解説!

「サブスクリプション」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

最近広まり始めていますが、新しいサービスだけになかなか使いこなせないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「サブスクリプション」の意味やメリットとデメリット、おすすめのサブスクサービスについて紹介します。

 

目次

今話題のサブスクとは? 

「サブスクリプションサービス」の意味

「サブスクリプション」とは英語で「subscription」と表記し、「予約購読」や「定期購読」といった意味があります。

つまり「サブスクリプションサービス」とは、お金を払って商品やサービスを一定期間利用できるサービスです。

インターネットを通して利用できるサービスというイメージが強いかもしれませんが、昔からある新聞や雑誌の定期購読もサブスクのひとつ。

知らない間にサブスクを利用している人も多いのです。

 

「所有」ではなく「必要な時に必要なだけ求める」スタイル

サブスクで購入するのは、商品そのものではなく商品を利用する権利ですから、物を「所有」するわけではありません。

必要なものを必要な時に必要なだけ利用するサービスと理解しておくと分かりやすいでしょう。

サブスクを上手に利用すると、部屋に物が増えないのですっきりと暮らせますし、わざわざ欲しいものを買いに行かなくても定期的に配達されるので時間の節約になります。

「ものを所有しない」生き方に注目が集まっている今、サブスクは人々の注目を集めているのかもしれません。

 

サブスクが増えてきた背景 

2000年以降、ネットやITなどの分野が急速に発展したのに伴って、私たちの生活はアナログ中心からデジタル中心へと変化してきつつあります。

あらゆることが効率よく、自宅にいながら簡単にできるようになった環境の変化はさまざまなことに対する価値観も変え、物をより多く所有することに重きを置く考えは薄れてきました。

人々の価値観が多様化する中、企業も従来のビジネスモデルの型を破ることを求められた結果、サブスクが注目を集めるのは必至と言えるでしょう。

 

サブスクサービスを使うメリット 

常に新しい商品やサービスを利用できる 

話題になっているものや流行りのものは欲しいけど、流行りが終わって使わなくなるともったいない…と商品の購入をためらったことはありませんか?

サブスクは、最新の商品や流行りの商品を常にラインナップしていることが多いので、試す感覚で新商品を手にすることが可能です。

購入するとなるとある程度まとまった出費になる商品ほど、サブスクを利用することで出費を抑えつつ気になる商品をすぐ利用できるのは大きなメリット。

新しいものに目が無い人や、買い物に慎重な人にはもってこいのサービスです。

 

良質な商品を手ごろな値段で長く使い続けられる

サブスクを利用すると、良い商品やサービスを、継続的にお得な値段で続けられることができます。

例えば、自家用車を購入して車検代や駐車場代・車税を払い続けるよりも、レンタルカーサービスを利用すると固定費がかかrAず、節約になります。

服やカバンなども、毎回新品を購入するのではなく、レンタルして毎回違う気分を楽しみながら生活するのが楽しいと感じる人も多くいます。

また、近頃増えているウォーターサーバーのサブスクも、家で天然水がいつでも飲めることからQOLを追い求める人に大人気のサービスです。

長期的な目で見たときに、サブスクサービスを使うことで生活の質が上がることも、サブスクを始める人が増えている理由の一つです。

 

トライアルもあるので気軽に始めやすい

サブスクは1ヶ月無料などのお試し期間があることが多いので、気軽に始めることができるのもメリット

少し気になっているサービスも、お試しキャンペーンを使ってお得に生活に取り入れることができます。

登録や解約がパソコンやスマホで簡単にできるのも嬉しいポイントです。

気になるサービスがあればその場で登録して継続的に利用できますし、満足できなければ解約も気軽にできます。

上手に利用すれば生活の充実度がぐんと上がるはずです。

 

サブスクサービスを使うデメリット

好みの商品だけを選ぶことはできない

多くのジャンルが揃えられているサブスクですが、興味の範囲を広げられる一方で、自分の好みではない商品がラインナップに含まれていることも珍しくありません。

サブスクの運営会社が提供している商品やサービスの中から選ばなければいけないのはデメリットと言えます。

自分の好みや希望にどれほど合っているか、希望の商品を利用するには追加料金が必要なのかなど、登録する前にサービス内容をよく確認しましょう。

 

利用しなくても月額料金の支払いが発生する

サブスクは定期利用が前提です。

忙しくて利用できない、解約するつもりが忘れていた、といったケースでも月額料金の支払いは発生しますから、利用頻度が少ないとむしろ高くつく可能性があるというデメリットがあることは覚えておきましょう。

登録する前に利用状況をシミュレーションしてみる、利用中であれば料金に見合うだけの利用ができているか確認する、といった姿勢で利用することが大切です。

 

商品が手元に残らない

サブスクは基本的に商品やサービスの所有はできないので、解約をすれば利用できなくなる点がデメリットです。

気に入っていたものが期間限定だと、サービス内容から無くなってしまうケースも。

好きな物を手元に残しておきたい人や、いつでも使える状態で所有しておきたい人には不便に感じる可能性が高く、デメリットが大きいかもしれません。

 

サブスクとレンタル、リースの違いとは 

商品やサービスを所有しないというサービス形態として、レンタルやリースがあります。

サブスクと仕組みは似ていますが、それぞれ異なった特徴があります。

サブスクは、解約するまで商品やサービスを定額利用できる仕組みで、運営会社が指定した範囲内で複数のジャンルの商品やサービスを利用できます。

レンタルは、基本的に企業が用意した固定の商品やサービスを利用者が借りる仕組みで、1回の利用につき借りられる商品やサービスは変えられません。

リースは、リース会社が購入した商品を有期で借りる仕組みで、個人より企業や団体がリース会社と契約して利用します。

サブスクが新しいサービスとして注目されていますが、利用する商品やサービスによってはレンタルやリースのほうがお得なこともありますので、利用前に条件を比較しておきましょう。

 

サブスクが導入されているサービス

本・雑誌のサブスク:kindleなど 

スマホやタブレットの普及に伴い、書籍も配信で読めるようになりました。

電子書籍なら重たい本を持ち歩く必要がなく、読みづらい文字を拡大して読めるなどのメリットがあります。

サブスクを取り入れている「kindle」や「ブックパス」では、人気の小説や雑誌などを幅広く読むことができます。

雑誌に特化しているものや漫画専門になっているものなど取り扱う書籍の対象がそれぞれ異なるので、自分の好みと照らし合わせて利用するといいですね。

 

音楽のサブスク:spitify・iTunes musicなど

これまでは、新曲や好きな曲を楽しむ方法というとCDの購入やレンタルが主流でしたが、今では配信された楽曲をパソコンやスマホで聞くスタイルが広がってきています。

音楽業界でのサブスク導入の先駆けとなったのは「Spotify」や「iTunes music」などです。

何曲聴いても利用料金は変わらず、アーティスト情報の提示や歌詞表示など便利な機能もたっぷり。

サブスクの登場により、音楽の選択肢が増えますます身近な存在になったと言えるでしょう。

 

映画・ドラマのサブスク:Netflix・U-NEXTなど 

音楽関連のサブスクが普及すると同時に、映像サービスもレンタルから動画配信へと形態を変えてきました。

「Netflix」 や「U-NEXT」、「Amazon Prime Video」などは人気作品からマイナーな作品までラインナップが豊富で、日本の映画館では上映されていない作品が観られることもあって利用者は増え続けています。

定額料金でさまざまなジャンルの作品を自宅で楽しめるのは便利ですね。

気になっていたけれど映画館に行く時間が取れず観逃してしまった作品を気軽に鑑賞できるといった楽しみ方もできます。 

 

家具のサブスク:スタイリクス・CLASなど

住宅関連のサブスクは、「スタイリクス」「CLAS」に代表されるような、指定された期間の定額料金を払うことで運営会社が取り扱う家具や家電を利用できるスタイルが基本です。

家具や家電は単価が大きいので、引っ越し時の初期費用を抑えたい時には便利ですね。

違うテイストのインテリアに変えたくなった時は今利用してる家具を返却すればいいので処分する必要がなく、新しい家具に入れ替えれば部屋の模様替えも気軽にできます。

シンプルに暮らすという価値観が広がってきている現代のニーズに合ったサブスクと言えるでしょう。

 

美容関連のサブスク:美容室通い放題のSalt・RAXYなど

美容関連のサブスクとして人気があるのは、コスメや美容室のサブスクです。

美容室のサブスクでは、シャンプーやトリートメント、ヘッドスパなどのメニューを定額で一定期間何度でも受けられる「Salt.」や「MEZON」などが知られています。

また、化粧品のサブスクも最近需要が高まっています。

毎月コスメが詰まったBOXが届く「RAXY」「ブルームボックス by @cosme」などのサブスクは若い女性を中心に支持を集めています。

 

アパレルのサブスク:エアークローゼット・Laxusなど

サブスクの先発として知られている「エアークローゼット」は、登録時に服の好みなどを回答しておくとスタイリストがコーディネートした服が送られてきて、一定期間着て楽しめるというサービスが人気です。

コーディネートされた一式で届くので、毎日服を考えるのが面倒だという人にもおすすめです。

また、自宅で自分の持っている服と照らし合わせてコーディネートを試せる鞄レンタル「Laxus(ラクサス)」なども有名です。

ブランドバッグを気軽に試せるので、普段使いはもちろん結婚式などのイベント時に使いこなす人が多くいます。

 

話題の人気サブスクサービス10選

Kindleアンリミテッド:漫画や小説・雑誌などが読み放題

「キンドルアンリミテッド」は、アマゾンが提供している電子書籍のサブスクです。

小説や漫画、雑誌など200万冊以上の本が月980円で読み放題です。

好きな端末で読むことができるので、家ではタブレットで、外ではスマホで読むといった使い分けもできます。

 

U-NEXT:ドラマや映画・アニメなどの作品をいつでも視聴できる

アプリ一つで、ドラマや映画などのコンテンツを楽しめるサブスク。

スマホやタブレットにダウンロードすれば、飛行機や電車など自宅以外でも快適に観ることができてとても便利です。

漫画や雑誌も取り扱っており、毎月貰える1200円分のポイントを最新映画の視聴や漫画購入に使えます。

 

見逃し配信バナー

 

エアークローゼット:年代や好みに合わせてスタイリングしてくれる

ファッションのサブスクの代表格である「エアークローゼット」。

着用シーンや要望などを回答しておくと、現役で活躍しているスタイリストが自分に合った服を3着セレクトしてくれます。

返却時にクリーニングに出す必要もなく、気に入った服があれば購入可能。

30万着の中から試せるのでコーディネートの幅がぐんと広がります。

 

RAXY:人気ブランドのコスメをあれこれ試せる 

楽天が提供する「RAXY」は、人気ブランドのコスメを月に一回自宅に届けてくれるサービスです。

月ごとにテーマが変わり、登録時に行うカルテを参考におすすめのコスメがセレクトされます。

自分に合うコスメを見つけられる、いろんなコスメを試せるなどコスメ好きにはたまらないサブスクです。

 

subsclife:部屋に合わせて家具家電を選択可能

「subsclife」は一般的な家具レンタルサービスではなく、取り扱い商品をおしゃれで人気の高い家具ブランドに絞っています。

月額500円から利用できる気軽さと、新品の家具や家電をレンタルできるお得感が大きな魅力です。

家具にこだわっておしゃれなインテリアを楽しみたい、いけれど予算は抑えたいという人にぴったりです。

 

おかん:真心こもった手作り総菜で健康的な食生活を応援

毎日の献立に悩む、忙しくてご飯を作る暇がないという人におすすめなのが、手作り総菜のサブスク「おかん」。

冷凍保存できる食べきりサイズの手作り惣菜が毎月自宅に届くサービスです。

コースによって届く総菜の数を調節できますから、家族の人数に合わせて利用できるのがうれしいですね。

 

bloomeeLIFE:ミニサイズのアレンジフラワーで生活に彩りを

部屋にお花を飾りたいけど、お花の選び方がよく分からないしセンスもない…という人は多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解消できるサブスクが「bloomeeLIFE」です。

ポストに入るようなミニサイズのアレンジフラワーを定期配送してくれるので、受け取ったら花瓶などにそのまま飾るだけ。

季節のお花がそばにある生活を楽しめるサービスです。

 

Nintendo Switch Online:任天堂スイッチでさまざまなゲームを楽しめる

任天堂スイッチを持っている人ならメリットが大きいゲーム系サブスク、「Nintendo Switch Online」。

1か月306円という安さながら、オンラインプレができる上に、ファミコンなどの昔懐かしいゲームで遊べたり、加入者限定のソフトや商品を購入できたりと多彩な遊び方ができます。

親子で楽しく利用できそうですね。

 

ウォータースタンド:水道直結式のウォーターサーバーで美味しい水を飲める

タンク式のウォーターサーバーが多い中、水道直結式で美味しい水を自宅で作れるのが「ウォータースタンド」です。

ボトルを運ぶ手間が不要な上に、タンクやボトルの場所を確保する必要がありません。

定額料金で24時間美味しい水が飲める生活が送れますよ。

 

KINTO ONE:トヨタの新車でドライブ生活を満喫 

一般的なレンタカーやカーシェアは、利用する際に事前予約し、店舗やカーポートまで足を運ぶ必要がありますが、「KINTO ONE」は自分の車のようにいつでも乗れるのが便利なサブスク

月額料金にメンテナンス費や自動車税などが含まれているため、まとまった出費に頭を悩ませることもありません。

途中での解約や違う車種への乗り換えも可能なので、車の使用頻度は高いものの購入に迷っている人におすすめです。

 

まとめ 

サブスク まとめ

物や消費に対する考え方が変化するとともに、新しいサービスの形として誕生したサブスク。

消費者のニーズに応えるために、さまざまな業界で取り入れられるようになってきました。

自分のライフスタイルに合ったサブスクを活用して、新しい発見のある生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

関連記事

サブカルチャーとは?日本のサブカルチャーの歴史を解説!

日本はサブカルチャーの国として世界的によく知られています。 現在では大衆的文化としても多くの人に親しまれているサブカルチャーですが、厳密にはいったいどのようなムーブメントなのでしょうか。 この記事では、戦後における日本のサブカル

森山大道とは?代表的な写真集や作風の特徴、最新映画について徹底解説!

'' より明確で綺麗な写真を '' という写真の歴史の中、あえて「荒れた、ブレた、ボケた」写真を撮った作品で有名な日本を代表する写真家、森山大道。 1960年代に独自の手法を使った写真が世の中に放たれた時、写真界に大きな衝撃を与え

岡本太郎のおすすめ本15選!岡本太郎の人生・作品について学べる著書をご紹介

「太陽の塔」や渋谷駅構内の大きな壁画「明日の神話」の作者として知られる岡本太郎。 奇抜な色彩で抽象的でメッセージ性のある唯一無二の芸術を生み出した傍ら、自身の人生や作品、芸術論に関する数々の著書を残しています。 軽快かつ痛烈な言

映画「バンクシーを盗んだ男」あらすじ・見どころを詳しく解説

  DATA   原題  『The Man Who Stole Banksy』   監督  マルコ・プロゼルピオ   製作  2014,アメリカ  日本公開 2018年8月4日  上映時間 93分 &nb

映画「ゴッホ ~最期の手紙~」6万枚の油絵で描かれたアニメーション制作の裏側

  DATA   原題  『Loving Vincent』   監督  ドロタ・コビエラ       ヒュー・ウェルチマン   制作   2017,イギリス・ポーランド合作  日本公開 2017年11月3日

TOP