オークションバスキア美術投資
ART

前澤友作のバスキア作品が競売へ 落札価格は推定で約80億円

世界3大オークションハウスのフィリップス(Phillips)は、ZOZO創業者でアートコレクターとしても知られる前澤友作氏が所有するバスキア作品「Untitled」(1982年)をオークションに出品すると発表しました。

 

作品は2022年5月18日に開催予定の20世紀・コンテンポラリーアート部門のイブニングセールで取引されるとのこと。

落札価格は7000万ドル(約80億円)を超えると予想されており、バスキア作品の動向に注目が集まっています。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

5m超のバスキア大作「Untitled」(1982年)を出品

今回前澤氏が出品するのは、バスキア作品の中でも最大級となる横幅5メートルの大作。

バスキアの自画像が中央に描かれており、「激しい怒り」を赤い絵の具で表現しています。

バスキアが幼少期にニューヨーク近代美術館で見たパブロ・ピカソの「ゲルニカ」の印象を元に、天国と地獄、善と悪、聖と罪という二元論に対する強い関心を表しています。

 

フィリップスのグローバルチェアマン、シャイアン・ウェストファル氏は、

「バスキアのキャリアの中でも1982年は、彼が世界的に有名な作家になる転換期であったと考えられます。」

と述べており、当時21歳のバスキアは、アートディーラーのアニーナ・ノセイと初めて行なった個展を皮切りに、世界中で6回の個展を開催し、ジャン=ミッシェル・バスキアの名を一躍世に知らしめました。

 

また、この作品は1996年に出版されたバスキアのカタログレゾネの表紙も飾っており、彼の代表作の一つとして知られています。

 

カタログレゾネ

 

アーティストにおいての全集。

作品図版、タイトル、制作年、素材・技法、寸法、署名の有無、研究者による解題、作品記述、さらに所蔵歴(来歴)、展覧会歴、文献歴などの詳細データが収められている。

アートマーケットで出品された作品が、そのアーティストのカタログレゾネに掲載されていない場合、贋作とみなされ美術商やオークションハウスなどによる取り扱いが拒否されることになる。

 

落札価格は推定7,000万ドル(約80億円)以上

前澤友作氏は2016年5月、世界3大オークションハウスのクリスティーズ(Christie’s)から5,730万ドル(約62.4億円)でこの作品を落札。

この価格は当時、バスキア作品の取引において最高価格を記録し、その後バスキア作品の市場価値が再上昇しました。

 

5月18日に行われるオークションで、この作品が7,000万ドル(約80億円)以上の落札を達成すれば、およそ1,270万ドルの値上がりとなり、前澤氏は6年の所有期間を経て、14億以上の利益を得る事になります。

 

前澤氏が公式声明を発表

これまでバスキア作品のうち8点が4,000万ドル以上で落札されており、今回出品される「Untitled」は、過去3番目に高い落札額を記録しています。

前澤氏は、2017年5月にサザビーズ(Sotheby’s)で同じくバスキアの「Untitled」(1982年)(=青い背景に描かれた巨大な頭蓋骨の作品)を1億1,050万ドル(約123億円)で落札しており、この価格は現時点でバスキアの最高落札額となっています。

 

前澤氏は今回の出品経緯について、以下の公式声明を発表しました。

 

バスキアの「Untitled」を持っていたこの6年間は、幸せ以外の何物でもなく、私のコレクションの中でも特に思い出深い作品となりました。

 

アートコレクションは、常に所有者と共に成長し、進化し続けるべきものだと考えています。

また、すべての人の生活の一部となるように、共有されるべきものだとも思っています。

これからも「Untitled」が素晴らしい旅を続け、世界中の多くの人々を笑顔にしてくれることを願っています。

 

近い将来、現在計画中の私の美術館でアートコレクションを公開する予定です。

皆さんにお披露目できる日を楽しみにしています。

 

オークションに先立ち、「Untitled」は2022年2月28日からロンドンのフィリップスで公開。

その後はロサンゼルス、台北でのプレビューツアーを実施し、ニューヨークにあるフィリップス本社で公開される予定です。

 

今春のアート界はバスキアから目が離せない

27歳の若さで亡くなったアメリカの最も有名な黒人アーティスト、故ジャン=ミッシェル・バスキア。

2021年に行われたアートオークションでは、バスキアの作品が総額4億3,960万ドル(約506億円)の落札を記録し、パブロ・ピカソに次いで史上最高額となりました。

 

ニューヨークでは4月上旬からバスキアの回顧展「ジャン=ミッシェル・バスキア:キング・プレジャー(JEAN-MICHEL BASQUIAT:KING PLEASURE」展の開催を予定しており(2022年4月9日開催)、5月のオークションは特にエキサイティングな瞬間になると期待が寄せられています。

 

「Untitled」のオークションの行方、前澤氏の今後動向にも目が離せません。

 

関連記事

レンブラントとは?「夜警」などの代表作品と経歴を詳しく解説!

レンブラントという画家をご存知でしょうか? 彼は、17世紀のオランダ美術の黄金期に活躍した画家で、ヨーロッパ美術史を語るうえで欠かせない人物の一人と言われています。 今回は、「光と影の魔術師」とよばれた天才画家の華々しい功績と人

クロード・モネとは?代表作「睡蓮」などの有名絵画と生涯を分かりやすく解説!

「光の画家」クロード・モネ パリで生まれ、生涯を通して数多くの美しい絵画を多く残したモネ。 モネが生み出した風景画は、それまでの風景を描いた作品のあり方を根底から覆し、新しい時代の世界観とその詩情を伝達する手段を創造するものでした。

絵画・アートオークションの出品・落札方法は?国内海外の有名オークションハウスを紹介

歴史的に価値の高い、自分の好きなアート作品を手に入れること。それは昔から続く人々の夢の一つでもあります。 海外のアートオークションの中にはひと晩で数百億円の金額が動くものもあり、そのようなオークションに参加できるのは、身元のしっか

フリーダ・カーロとは?波瀾万丈な人生と代表作品・現在の評価について詳しく解説

みなさんは、フリーダ・カーロという画家を知っていますか? 鮮やかな自然や動物、濃く印象的な眉の自画像に見覚えのある方もいるのではないでしょうか。 フリーダは、メキシコの現代絵画を代表する画家の一人として知られています。 民

オディロン・ルドンとは?象徴主義を代表する画家の生涯と代表作品を解説

フランスの画家ルドンは、「孤高の画家」として知られています。 精神世界を芸術へと昇華させ見事に表現した彼の作品は多くの人々の心を惹きつけ、19世紀末には象徴主義と呼ばれる一大ムーブメントの代表的な存在となりました。 この記事では

TOP