アートオークション
ART

バスキア作品がこの秋もオークションに登場!入札は46億円から

2021年の現代アート市場で最高額取引を記録したジャン=ミッシェル・バスキアの作品が、この秋もオークションに登場。

老舗オークションハウス、クリスティーズ・ニューヨークが11月9日に開催する21世紀美術イブニングセールに「The Guilt of Gold Teeth」(1982年)が出品されることになりました。

 

作品の所有者は1998年にサザビーズで38万7,500ドル(4400万円)の価格で購入し、以後四半世紀近くにわたりコレクションとして収蔵していました。

 

入札はなんと、4000万ドル(46億円)からスタート。今回落札されれば当初の落札価格の100倍以上の価値が付くことになります。

 

作品「The Guilt of Gold Teeth」の注目すべきポイント

販売責任者アナ・マリア・セリスによると、この作品は1982年3月、当時バスキアがイタリア旅行中に制作したわずか8枚の絵画のうちの1枚で、「バスキアのアーティスト人生で重要な瞬間を表している」とのこと。

 

当時バスキアはイタリアのギャラリーで展示を控えており、国際的な舞台にデビューを目前にしていました。

しかし彼は巨大なキャンバスを異常な速さで制作しなければならないというプレッシャーを感じ、ギャラリーやアートディーラーとの関係を断ち切ってアメリカに帰国。イタリアでの展示は中止となりました。

 

キャンバスに描かれているのはハイチの民間宗教・ブードゥー教の死者の精霊で、亡き魂を「あの世」へと導く「バロン・サムディ」。サムディは死と復活を受け入れる役割を担っており、生と死の両方を表していると言われています。

ハイチ人であったバスキアの父親がブードゥー教を信仰ことがインスピレーションの源にあると考えられています。

 

画面にはグラフィティアーティスト出身ならではの表現とも言える、バスキア作品にはお馴染みの落書きのような数字や文字なども散りばめられています。

絵の正面の隅には「Modena/Jean Michel Basquiat 1982」とサインされていますが、バスキアが作品にサインを書くのは珍しいことです。

 

年々高騰を続けるバスキア作品

バスキアの作品に対する需要は年々かつてないほど高まっており、世界の現代アートオークション売上高の14%を占めています。

 

バスキアの作品で最も高価な作品は、日本の前澤友作氏が2017年にサザビーズ・ニューヨークで1億1,000万ドル(123億円)で購入した《Untitled》(1982年)。

 

2番目は2021年の5月にクリスティーズ・ニューヨークで9,300万ドル(101億円)を記録した、大きな赤いキャンバスの《In This Case》(1983年)です。

 

どちらもアメリカ人アーティストの作品としては最高額に当たり、今後も彼の作品がコレクターの注目を集めることは間違い無いでしょう。

 

オークションの開催に先立ち、同作はロサンゼルス(10月14日〜17日)と香港(10月25日〜26日)で巡回展示。

その後、ニューヨークに戻り、10月30日〜11月9日に展示される予定となっています。

 

コレクターを魅了して止まない早逝の画家


ソース

1980年代前半のアート界に彗星のごとく現れ、白人史上主義だった当時の現代アートにその独自性で旋風を巻き起こしたバスキア。

1988年に亡くなった彼のアーティストキャリアは非常に短いものですが、死後再び作品が再評価され、今やアートマーケット界に世界的な現象を起こしています。

さらに高騰が予想されるバスキア作品から今後も目が離せません。

 

 

\ おすすめ記事 /

関連記事

菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」を解説!見どころはどこ?

赤い着物を着た女性がこちらを振り返っている「見返り美人図」。 浮世絵の中でも特に有名な一枚で、教科書や広告などで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 ユニークな構図や色合いなどがとても印象的な作品ですよね。 今回は「

東京造形大学出身の有名人・アーティスト8選

東京造形大学の特徴は、ファインアートよりデザイン系の学科が豊富で、他大学よりも映画、アニメーションといった映像系の分野に長けているところから、映画監督やアニメーション作家が多く生まれているという印象を持っている方も多いかもしれません。

「初期ルネサンス美術」とは?有名な画家と代表作品を分かりやすく解説

「初期ルネサンス」とは? 「ルネサンス」。 ヨーロッパの美術史を語る上でよく耳にする美術用語ですが、そもそもは、「再生」という意味を指しています。 では、何の再生なのかというと、古代ギリシャ・ローマ時代の華やかな芸術──今で言

西洋美術史のおすすめ本ランキングTOP6!初心者にも分かりやすい入門書を厳選

あなたにぴったりの一冊を見つけよう 美術観賞は好きですか? アートは正しい知識を身につけることで、今まで以上に楽しむことができます。西洋美術史はそのために欠かせない知識のひとつ。 今回は、西洋美術史にまつわる、国内外の本を200冊

ミレーの絵画「オフィーリア」を解説!川に浮かぶ王妃の悲話

英国の美術作品の中でも、最高傑作と言われる、ミレーの「オフィーリア」。 一度目にすると忘れられない、美しい描写が人々を魅了し、現在でも多くのファンがいます。 この作品に描かれている女性は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレ

TOP