アンリ・マティスフォービズム展覧会
ART

「マティス展」約20年ぶりの大回顧展が2023年4月、東京都美術館で開催!

マティス展 

 

20世紀美術を代表するフランスの巨匠、アンリ・マティス(Henri Matisse、1869-1954年)。

日本で約20年ぶりとなる、マティスの大規模回顧展が2023年春、東京都美術館で開催されます。

本展は、世界最大規模のマティス・コレクションを誇る、パリのポンピドゥー・センターの協力を得て開催が実現。

会期は2023年4月27日から8月20日までとなっています。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

マティス展 – Henri Matisse: The Path to Color

マティス展 

独特な色使いと独創的なデッサン力で知られるフランスの画家、アンリ・マティス。

マティスは、20世紀初頭の絵画運動であり、色彩によって人間の内的感情や感覚を自由に表現することを追求した「フォーヴィスム(野獣派)」の中心的な存在として活動。

1954年に84歳で亡くなるまで、色彩とかたちの探求に生涯を捧げました。

 

今回、東京都美術館で開催される大回顧展では、絵画だけでなく、彫刻、素描、版画、切り紙絵、晩年の最高傑作と言われるヴァンスのロザリオ礼拝堂に関する資料も含めて、マティスの半世紀以上にわたる作品群が紹介されます。

マティスが残した革新的な仕事は、後世の芸術家たちにも大きな影響を与え続けています。

今なお私たちを魅了するマティスの世界を辿ることができる貴重な機会。ぜひお見逃しなく。

 

マティス展 Henri Matisse: The Path to Color

会期 2023年4月27日(木)~8月20日(日)

会場 東京都美術館(東京・上野公園)企画展示室

https://matisse2023.exhibit.jp/

 

 

関連記事

一度は見たい!世界の有名絵画20選

  あなたは「名画」と聞いて、どんな作品が思い浮かびますか? ダヴィンチの「モナリザ」、ピカソの「ゲルニカ」、モネの「睡蓮」など、世界には数多くの有名絵画が存在します。 しかし「なぜこれが名画なのか?」と疑問に思っている

ミレーの絵画「オフィーリア」を解説!川に浮かぶ王妃の悲話

英国の美術作品の中でも、最高傑作と言われる、ミレーの「オフィーリア」。 一度目にすると忘れられない、美しい描写が人々を魅了し、現在でも多くのファンがいます。 この作品に描かれている女性は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレ

藤田嗣治とは?レオナール・フジタの生涯と代表作品を分かりやすく解説!

藤田嗣治、あるいはレオナール・フジタという画家を皆さんはご存知ですか? 藤田はエコール・ド・パリを代表する画家として知られています。 猫や女性を多くモチーフに描き、その女性像は「乳白色の肌」と呼ばれフランスで大絶賛されました。

環境問題へのアート業界の取り組み、オンラインへの移行など近年の動向を詳しく解説

近年アート業界では、作品輸送や販売、資金源など、作品の制作から販売にかかわるすべての過程において環境問題の解決を促すために、サスティナブルな選択をすることが重要視されており、アーティストやギャラリーをはじめとする、アート業界にかかわ

菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」を解説!見どころはどこ?

赤い着物を着た女性がこちらを振り返っている「見返り美人図」。 浮世絵の中でも特に有名な一枚で、教科書や広告などで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 ユニークな構図や色合いなどがとても印象的な作品ですよね。 今回は「

TOP