アンリ・マティスフォービズム展覧会
ART

「マティス展」東京都美術館で開幕 4/27〜

マティス展 

20世紀美術を代表するフランスの巨匠、アンリ・マティス(Henri Matisse、1869-1954年)。

日本で約20年ぶりとなる、マティスの大規模回顧展「マティス展(Henri Matisse: The Path to Color)」が2023年春、東京都美術館で開催されます。

本展は、世界最大規模のマティス・コレクションを誇る、パリのポンピドゥー・センターの協力を得て開催が実現。

日本初公開の作品を含む約150点の作品・関連資料が来日します。

会期は 2023年4月27日〜8月20日 です。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

マティス展 – Henri Matisse: The Path to Color

マティス展 

独特な色使いと独創的なデッサン力で知られるフランスの画家、アンリ・マティス。

マティスは、色彩によって人間の内的感情や感覚を自由に表現することを追求した「フォーヴィスム(野獣派)」の中心的な存在として活動し、1954年に84歳で亡くなるまで、色彩・造形の探求に生涯を捧げました。

 

本展の開催にあたり、世界有数のマティスコレクションを誇るパリのポンピドゥー・センターから、日本初公開作品を含む約150点の作品が来日。

ポンピドゥー・センター学芸員のオレリー・ヴェルディエ氏は「本展を通してマティスの現代性が発見されることを促したい」とコメントしています。

展示は8章に分けて構成され、マティスが革新的な絵画表現を求めて模索した人生と、年代ごとの代表作を紹介する内容となっています。

各章ごとのテーマと見どころを詳しくご紹介します。

 

第1章:フォーヴィスムに向かって

読書する女性 マティス

アンリ・マティス 《読書する女性》 1895年 油彩/板 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第1章「フォーヴィスムに向かって」では、マティスの最初期の作品群からフォービズムに移行するまでの20世紀初頭の活動を紹介します。

法律家になる道を捨て、画家になることを決心したマティスは、パリ国立美術学校で象徴主義の画家ギュスターヴ・モローに師事。その後、マティスはさらに革新的な画法を求め、大胆な色彩と荒々しい筆致が特徴的な「フォーヴィスム(野獣派)」のリーダーとして脚光を浴びることになります。

本章の見所は、当時のパートナーで長女マルグリットを出産したキャロリーヌ・ジョブローをモデルに描いた「読書する女性(1895)」。

 

マティス 作品 豪奢、静寂、逸楽

アンリ・マティス 《豪奢、静寂、逸楽》 1904年 油彩/カンヴァス ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

また日本初公開となる初期の傑作「豪奢、静寂、逸楽(1904)」にも注目です。

 

第2章:ラディカルな探求の時代

金魚鉢のある室内 マティス

アンリ・マティス 《金魚鉢のある室内》 1914年 油彩/カンヴァス ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第二章では、マティスがさらに新しい抽象表現を探求した1914〜1918年代の作品を紹介。

第一次世界大戦が始まり、息子2人をはじめ周囲の人々が次々と徴兵されていく中、マティスは革新的な表現を模索し続けました。

本章の見所は、マティスが長女マルグリットを描いた肖像画のうちの1点で、最もキュビスムの影響が色濃い作品「白とバラの頭部(1914)」。

また、マティスが生涯にわたって描き続けたモチーフ「アトリエ」と「窓」を描いた「金魚鉢のある室内(1914)」。第一次世界大戦勃発直後に描いた「コリウールのフランス窓(1914)」も必見です。

 

第3章:並行する探究─ 彫刻と絵画

マティス 彫刻

《背中I‒IV》 1909‒1930年 ブロンズ ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第3章では、マティスの彫刻を紹介。

マティスは絵画制作と同時に、彫刻作品も多く制作しています。

1910年代に制作した「ジャネット」シリーズから、1925年前後にマティスの重要なモデルとなった「アンリエット」の頭部のシリーズ、そして20年以上の月日をかけて探求した「背中」シリーズなど、主要な彫刻作品が展示されます。

代表作「ダンス」などと同じ頃に制作されたものも多く、これらの彫刻作品は、マティスの人生を振り返る上で重要な存在と言えます。

 

第4章:人物画と室内画 

赤いキュロットのオダリスク マティス

アンリ・マティス 《赤いキュロットのオダリスク》 1921年 油彩/カンヴァス ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第4章では、マティスがニースに移住した1920年代頃に制作された、肖像画や室内画や風景画、ドローイング群を紹介。

この頃のマティスは、イスラムのスルタンに仕える女性「オダリスク」をモチーフとして多く描いています。

異国情緒が漂う「赤いキュロットのオダリスク(1921)」は、豪華に飾り付けたアトリエを背景に、イスラム女性の衣装を着たフランス人モデルを描いた作品です。

 

第5章:広がりと実験

マティス 夢

アンリ・マティス 《夢》 1935年 油彩/カンヴァス ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第5章では、マティスがアメリカやオセアニアを旅した後、1930年代頃に描いた作品を紹介。

本章の見所は、マティスの秘書兼モデルであった、リディア・デレクトルスカヤを描いた作品「座るバラ色の裸婦(1935–1936)」「夢(1935)」です。

 

第6章:ニースからヴァンスへ

赤の大きな室内 マティス

アンリ・マティス 《赤の大きな室内》 1948年 油彩/カンヴァス ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第二次世界大戦が始まり、高齢と病気のためにフランスを離れることを諦めたマティスは、療養を続けながらヴァンスで過ごします。

マティスは寝たきりの状態であっても、ドローイングや本の挿絵の制作などに没頭し、ドローイング集「主題と変奏」を発表しました。

第6章では、生涯モチーフとして描き続けたアトリエの集大成ともいえる「赤の大きな室内(1948)」や、マティスが装丁を手がけた美術文芸誌「ヴェルヴ」など、彼の絵画に対する尽きることのない探究心が感じられる作品を紹介します。

 

第7章:切り紙絵と最晩年の作品

オレンジのあるヌード マティス

アンリ・マティス 《オレンジのあるヌード》 1953年 墨/切り紙絵/カンヴァスで裏打ちした紙 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館 Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

第7章では、マティスが1930~50年代に制作した切り紙絵作品を紹介。

本章の見所は、グワッシュで彩色された鮮やかな切り紙絵による書籍「ジャズ」。

「ジャズ」と題されたのは、マティスがこの音楽の即興性と活気に、切り紙絵の制作との類似を感じていたからだと云われています。

切り紙絵を原画として制作した2枚組の大作「オセアニア」や、マティスが亡くなる前年に制作した大型の切り紙絵「オレンジのあるヌード(1953)」も必見です。

 

第8章:ヴァンス・ロザリオ礼拝堂

円形装飾 聖母子 マティス

アンリ・マティス 《円形装飾〈聖母子〉習作》 1951年 墨/カンヴァスで裏打ちした紙 カトー゠カンブレジ・マティス美術館 Photo musée départemental Matisse (DR)

第8章では、最晩年にあたる1948〜1951年にマティスが没頭した、ロザリオ礼拝堂(南仏・ヴァンス)のプロジェクトを紹介。

マティスはドローイング、彫刻、切り紙絵など、これまで探求してきた技法を駆使し、光と色と線が融合する空間の創出を目指しました。

制作中のマティスの様子を伝える豊富な資料と映像とともに、このマティスの最高傑作と言われる色と光にあふれた空間が展示されます。

 

 

生涯にわたって抽象表現を模索し続けたマティスは、後世の芸術家たちにも大きな影響を与え続けています。

今なお私たちを魅了するマティスの世界を辿ることができる貴重な機会。ぜひお見逃しなく。

 

マティス展 Henri Matisse: The Path to Color

会期 2023年4月27日(木)~8月20日(日)

会場 東京都美術館(東京・上野公園)企画展示室

https://matisse2023.exhibit.jp/

 

 

関連記事

アート・美術にまつわる映画まとめ!画家の人生や作品について学べる映画をご紹介

ゴッホやフェルメールなど有名画家たちの人生を、あなたはどれくらい知っていますか? 画家たちがどのような場所で、どんな人生を送っていたか、楽しく学べる映画が世界にはたくさんあります。 美術館に足を運べなくても、家で気軽に画家や作品

ミュシャとは?アルフォンス・ミュシャの代表的な絵画・イラスト作品を解説

「アール・ヌーヴォーの旗手」と呼ばれ時代の寵児として輝いた芸術家、アルフォン・マリア・ミュシャ。 優美で華やかな女性、風になびく豊な髪、流れるような衣装、装飾的なモチーフが特徴で、そのデザインは世紀末を輝かせ、当時の芸術家の模範とされ

知っておきたい世界の有名画家40人と代表作品を分かりやすく解説

  あなたは「画家」と聞いて、誰が思い浮かびますか? ピカソやゴッホなど画家の名前は知っていても、彼らがどんな作品を残し、作品のどこがすごいのか「実はよくわからない...」という人も多いのでは。 「作品の見方、感じ方は人

岡本太郎 パリ時代の油絵3枚が新たに見つかる、 回顧展で初公開

今なお世代を超えて人々を惹きつける芸術家、岡本太郎(1911〜1996)。 今回、岡本太郎がパリ留学中に描いたとみられる3枚の油絵が専門家の調査で新たに発見されました。 これまで、岡本太郎のパリ留学時代の初期

クリムトとは?代表作品「接吻」や画家の人生を分かりやすく解説

「愛と官能の画家」 クリムトを解説 クリムトの描く女性像は妖艶な美しさをまとい、現在も多くの人々を虜にしています。 クリムトは、日本でも圧倒的に人気を誇る画家です。作品を所蔵する美術館も多く、近年は大規模な展覧会も開催されまし

TOP