個展展覧会渋谷香取慎吾
ART

香取慎吾3年ぶりの個展「WHO AM IーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー」が渋谷ヒカリエで開催、12/7から

香取慎吾 個展

4月26日に開業10周年を迎えた渋谷ヒカリエにて、香取慎吾の国内3年ぶりとなる個展「WHO AM IーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー」が開催。

本展のために制作された100点の新作を含め、約200点が一同に会し、香取慎吾のこれまでのアーティスト活動を凝縮させた内容となっています。

会期は 2022年12月7日(水)~ 2023年1月22日(日) です。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

アーティスト 香取慎吾、3ぶりの個展開催

香取慎吾 個展

SMAP解散後も、お芝居、バラエティ、音楽、ファッションなど、エンターテイナーとして多方面で活躍を続けながらも、エネルギッシュに制作表現を続ける香取慎吾。

今回、国内では3年ぶりとなる大規模個展「WHO AM IーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー」が渋谷ヒカリエで開催されます。

 

国民的エンターティナーとして知られる香取慎吾は、近年アーティストとしても大きな注目を集めており、2018年には、パリ・ルーブル美術館にて自身初となる個展「NAKAMA des ARTS」を開催。

2019年には、IHIステージアラウンド東京(東京・豊洲)で開催された「BOUM!BOUM!BOUM!香取慎吾NIPPON初個展」は、18万人超を動員しました。

 

3年ぶりの個展となる本展では、「BOUM!BOUM!BOUM!」で展示された作品をはじめ、「JANTJE_ONTEMBAAR」、「週刊文春WOMAN」の表紙用に書き下ろした作品、そして本展のために制作された新作100点などを含めた約200点を一挙公開。

企画・演出も香取慎吾自身が手掛け、これまでのアーティスト活動を凝縮させた空間が出現します。

 

「渋谷ヒカリエ10周年記念ロゴマーク」のデザイン原画も

香取慎吾 個展

また、香取慎吾が制作した、「渋谷ヒカリエ10周年記念ロゴマーク」の原画も展示予定。

渋谷ヒカリエのネーミングコンセプトである「ヒカリ」をテーマに、香取慎吾は「光の三原色」である赤・緑・青と「色の三原色」であるシアン・マゼンダ・イエローを用い、渋谷ヒカリエが体現したいカラフルな世界を表現しました。

さらに、色彩の中心には渋谷ヒカリエに訪れる人々の心のトキメキを「10本のヒカリ」で表しています。

 

タイトル「WHO AM I」に込めた想い

香取慎吾 個展

11月2日に渋谷ヒカリエで行われた記者会見にて、香取慎吾は今回の個展タイトルについて、以下のようにコメントしています。

今回、自分は一体誰なんだろうという意味を込めて「WHO AM I」というタイトルにしています。

皆さんが知っている香取慎吾の絵、知らない香取慎吾の絵を見て、より僕の深い部分を知ることができる個展となっています。

3年ぶりの個展開催ですが、人生何度でも個展を開催できるわけではありません。

出し惜しみなく自分を曝け出していこうと思いますので、初めての僕を皆さんに見てほしいです。

 

小学生の時から絵を描くことが好きで、国民的ポップスターとして活躍しながら、自由に表現活動を続ける香取慎吾。

2019年より国内3年ぶりとなるアーティスト・香取慎吾の全貌に迫る個展開催に期待が集まります。

なお、同展は全国にも巡回予定です。

 

WHO AM I ーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー

会期:12月7日(水)~2023年1月22日(日)

会場:渋谷ヒカリエ ヒカリエホールA(渋谷ヒカリエ 9F)

開館時間:
平日:12:00-19:00(最終入場18:30)
※金曜日は20:00まで営業(最終入場19:30)
土曜日:11:00-20:00(最終入場19:30)
日曜日・祝日:11:00-18:00(最終入場17:30)

休館日:2023年1月1日(日)

料金:各プレイガイドにて11月3日より販売 ※前売券の販売は12月6日(火)まで

一般 平日 2300円(前売り 2100円)
土日祝 2500円(前売 2300円)
中学生・高校生 平日 1300円(前売り 1100円)
土日祝 1500円(前売 1300円)
小学生6年生まで 無料

公式HP:https://www.whoamitour.jp/

 

 

関連記事

草間彌生の回顧展「Yayoi Kusama: 1945 to Now」香港 M+ で開催!11/12から

2021年11月12日、香港西九龍文化区にオープンした美術館「M+」(エムプラス)。 同館の開館1周年を祝し、草間彌生の大規模個展「Yayoi Kusama: 1945 to Now」が開催されます。 日本国外ではアジア最大規模

アール・ヌーヴォーとは?様式・デザインの特徴「アール・デコ」との違いについて分かりやすく解説!

「アール・ヌーヴォー」という言葉はインテリアや装飾、美術の世界でよく耳にするのではないでしょうか。 ミュシャやガレなどの作品で知られるアール・ヌーヴォーの優雅な曲線デザインは、日本でも皇室など身分の高い人の邸宅で多く用いられおり、

Yuko Kimoto(@yuco150cm)さんインタビュー|モノクロで描く「夢」

こんにちは!thisismedia編集部の武田です。 アーティスト、クリエイターなど自分の「好きなこと」を仕事にしている作家たちの「想い」を伝える連載インタビュー。 今回は、モノクロイラストをメインに活動されている、Yuko Kim

フェルメールとは?画家の生涯と「真珠の耳飾りの少女」など代表作について分かりやすく解説!

17世紀を代表する画家の一人、ヨハネス・フェルメール。 「真珠の耳飾りの少女」や「牛乳を注ぐ女」などの作品が有名なフェルメールは、日本でも非常に高い知名度を誇ります。 しかし、その知名度に反してフェルメールの生涯はそれほど多く知られ

フリーダ・カーロとは?波瀾万丈な人生と代表作品・現在の評価について詳しく解説

みなさんは、フリーダ・カーロという画家を知っていますか? 鮮やかな自然や動物、濃く印象的な眉の自画像に見覚えのある方もいるのではないでしょうか。 フリーダは、メキシコの現代絵画を代表する画家の一人として知られています。 民

TOP