オークションモネ印象派美術投資
ART

近年需要が伸びるモネ作品、2022年3月オークションに登場!

印象派の巨匠、クロード・モネ。

アート市場では近年、モネの作品の需要が伸びており、2022年3月2日にロンドンで開催される老舗オークションハウス、サザビーズの近・現代美術イブニングセールで、クロード・モネの作品5点が出品されることがわかりました。

アメリカの個人コレクターから出品される作品5点は、おおよそ総額70億円の値で落札されると予想されています。

今回出品される作品のポイントについて詳しくご紹介します。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

近年需要が伸びるモネ作品

クロード・モネは、印象派の哲学である「野外絵画」を提唱し、「干し草」「ルーアン大聖堂」「睡蓮」など、光の変化や季節の移り変わりの中で同じ光景をとらえた絵画で有名な画家です。

モネの代表作「睡蓮」シリーズは、1899年に制作が始まり、モネが20年にも渡って愛したモチーフです。

晩年のモネは視力を失いながらも、1926年、86歳で亡くなる直前まで睡蓮を描き続けました。

 

モネの作品は、パリのオランジュリー美術館、オルセー美術館、ニューヨーク近代美術館、ロンドンのナショナルギャラリーなど、世界の名だたる美術館で所蔵されています。

日本国内では、ポーラ美術館、ブリヂストン美術館、国立西洋美術館、地中美術館などが所蔵しています。

 

アート市場でもモネの人気は高く、老舗オークションハウス、サザビーズのヨーロッパ印象派部門の最高責任者によると、モネ作品に対する需要が近年著しく伸びているそうです。

2020年のパンデミック以降、市場に出回るモネ作品が減り始めたことから、より需要が高まったと推測されています。

モネ作品はアジアのアートコレクターからの需要が高く、価値上昇に拍車をかけているようです。

 

出品されるモネ作品5点

「Massif de chrysanthèmes」(菊の花畑)

今回出品される5点のうち、最も価値のある作品は、「Massif de chrysanthèmes」(菊の花畑)です。

この作品はモネが「睡蓮」シリーズの制作を開始した1897年に制作され、およそ22億円の落札価格がつくと予想されています。

モネは自宅の庭に日本風の太鼓橋(丸く反ったアーチ状の橋)を造るほどの日本愛好家であり、浮世絵の収集家として知られています。

この作品は葛飾北斎の作品にインスピレーションを受けて描いた可能性が高いとも言われています。

 

「Les Demoiselles de Giverny」(ジヴェルニーの妖精たち)

続いて注目すべきは、干し草の生い茂る風景を描いた「Les Demoiselles de Giverny」(ジヴェルニーの妖精たち)。

落札価格は20〜30億円と推定されています。

 

「Sur la falaise près de Dieppe, soleil couchant 」(ディエップ近郊の崖の上、夕暮れ時 )

ノルマンディーの海岸を描いた「Sur la falaise près de Dieppe, soleil couchant 」(ディエップ近郊の崖の上、夕暮れ時 )。

推定落札価格は5〜7億円です。

 

「Glaçons, environs de Bennecourt」(氷、ベヌクール近郊)

冬のセーヌ河を描いた「Glaçons, environs de Bennecourt」(氷、ベヌクール近郊)。

推定落札価格は7〜10億円です。

 

「Prunes et Abricots」(プラムとアプリコット)

果物を描いた静物画「Prunes et Abricots」(プラムとアプリコット)。

落札価格は1億8千万〜2億8千万と推定されています。

 

これら5作品は、ニューヨーク、香港、台北のサザビーズで一般公開された後、ロンドンでの展示を経て3月2日のオークションに出品される予定です。

 

日本国内のモネ作品を見に行こう「モネー光のなかに」

日本国内最多19点に及ぶモネ作品を所蔵するポーラ美術館では、2022年3月31日まで、コレクション展「モネー光のなかに」を開催中です。

「ルーアン大聖堂」(1892年)や「睡蓮の池」(1899年)など、ポーラ美術館のコレクションから名作の数々が紹介されており、建築家・中山英之が手がける斬新な空間で作品を鑑賞できます。

モネ作品の新たな魅力が発見しに、ぜひ足を運んでみてください。

モネ-光のなかに

開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)

会場:ポーラ美術館 展示室3
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山

1285https://www.polamuseum.or.jp/sp/monet_inthelight/

 

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

怖い絵21選!中野京子の本で紹介された世界の怖い絵画を詳しく解説

中野京子の著書「怖い絵」をきっかけに、国内で大きな話題となった怖い西洋絵画の数々。 なぜ人はこんなにも「怖い絵」に惹かれるのでしょうか? 絵の中には、ただ鑑賞しているだけでは気が付かない秘密が隠されていることも多くあります。

ミュシャとは?アルフォンス・ミュシャの代表的な絵画・イラスト作品を解説

「アール・ヌーヴォーの旗手」と呼ばれ時代の寵児として輝いた芸術家、アルフォン・マリア・ミュシャ。 優美で華やかな女性、風になびく豊な髪、流れるような衣装、装飾的なモチーフが特徴で、そのデザインは世紀末を輝かせ、当時の芸術家の模範とされ

マルセル・デュシャンとは?現代アートの父と呼ばれた芸術家の生涯と代表作品を分かりやすく解説

ピカソ、マティスと並び「20世紀美術に最も影響を与えた芸術家の一人」と言われる芸術家、マルセル・デュシャン。 彼の遺した作品の少なさと、その難解さから、ピカソやマティスに比べ日本での知名度は高くありませんが、「レディ・メイド」をは

「抽象画」とは?抽象画の歴史と有名な作品・画家について分かりやすく解説

  近代アートの中でも重要な位置にいる「抽象画」。 しかし、抽象画はどこか難しくてとっつきにくい...と思っている人も多いのではないでしょうか? 今回は抽象画の歴史から、知っておきたい代表的な作品・作家を徹底解説。 美術

バイオアートとは?有名な作品・アーティストを解説

ソース 生命、魂の在り処を問いかける 「バイオアート」の可能性 皆さんは「バイオアート」と聞いて、どんな作品、アーティストが思い浮かびますか? 化学とアートの融合に年々注目が集まる中、「実際の作品に触れたことがない」という方も多

TOP