2018/09/18

キュビズム絵画美術史西洋美術   
   News    

キュビズムとは?西洋美術史入門

キュビズムとは?

キュビズムとは、20世紀初めのパリで、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって生み出された、新たな美術表現の試みのことです。

一つの対象を固定した単一の視点で描くのではなく、複数の視点から見たイメージを、一枚の絵の中に集約し表現しようとしました。

これは、それまでの西洋美術で当たり前とされていた遠近法や、単一の視点から描くというルールを覆した革新的な技法でした。

キュビズムは、ブラックが描いた風景画が「小さなキューブ(立方体)による絵のようだ」と、評されたことが語源といわれており、目指すものに共通性を感じたピカソとブラックは共同で作品を生み出し、キュビズムを造りあげていきました。

キュビズムは1911年のアンデパンダン展への出展により世に知れ渡りますが、第一次世界大戦前後に収束を迎えます。

しかしその後もデザインや建築、彫刻など、現代にも多くの影響を与え、20世紀美術の土台となった様式といっても過言ではありません。

活躍したアーティスト

ピカソ
ジョルジュ・ブラック

 

 

キュビズムの傑作3選

 

「アヴィニョンの娘たち」

パブロ・ピカソ

この絵は、スペイン・バルセロナのアヴィニョン通りにある売春宿で働く娼婦を描いた作品で、キュビズムの出発点になったといわれています。

ピカソはこの絵を描き上げた後、ごく一部の友人に公開するものの大変な不評を受けました。
しかし、その友人のうちの1人であったブラックはピカソの絵の偉大さに気づき、キュビズムに追随します。

そしてピカソとブラックは共同でキュビズムを追求していきました。

「アヴィニョンの娘たち」は、伝統的な遠近法を徹底的に廃し、写実的な要素が排除されています。

平面的で漫画のように描かれた女性たちの表情は、当時のピカソが影響を受けていたとされるアフリカの仮面彫刻や古代イベリア彫刻の特徴が強く表れています。

 

● 制作年
1907年

● 所蔵
ニューヨーク近代美術館

 

 

「ゲルニカ 」

パブロ・ピカソ

 

「ゲルニカ」は、美術史において最も力強い反戦絵画の一つと評価される作品です。

この絵は1937年にスペイン北部のバスク地方にある都市・ゲルニカが受けた無差別爆撃を主題に描かれました。

当時スペインは王制打倒を目指す左派と、保守派の右派が対立し内戦状態にありました。
そして右派を支持していたドイツ空軍により、ゲルニカは空爆を受けます。

ゲルニカが空爆を受けた時、ピカソは万国博覧会を控えパリに滞在していました。

博覧会のスペイン館で展示される予定の壁画を作成していたピカソはゲルニカの空爆(4月26日)を受け、当初予定していたテーマを変更して、6月4日には「ゲルニカ」を完成させました。

「ゲルニカ」は、右端にドアが描かれていることから、場面は部屋の中であるといわれており、左端から、死んだ子供を抱いて泣き叫ぶ女性、解体された兵士、馬の頭上には爆撃を象徴するかのような光を放つ電球、手にランプを持ち窓から惨状をのぞき込む女性、といった絵が描かれています。

動物と兵士以外の人物は全て女性であるといわれており、爆撃時のゲルニカが、おもに女性と子供たちによって占められていたことから、人口構成比を反映しているといわれています。

黒・白・グレーのみで表現された作品は、ピカソの憂鬱な気分や、苦しみ・混沌を表現し、あえて血の色を表現しないことで、作品に深みを与えています。

 

● 制作年
1937年

● 所蔵
ソフィア王妃芸術センター(スペイン・マドリード)

 

「ギターを持つ男」

ジョルジュ・ブラック

一見、何が描かれているのかわからないこの作品は、タイトルによって描かれているのがギターを持つ男性であることを教えてくれています。

画面中央の右上から左下へと伸びた細い線はギターを、右上から左下角へと伸びた大きな斜線は右腕を曲げギターに触っている様子を描いています。

そして一番上には人物の顔があるのがわかるように、ブラックは特定のヒントを与えて、観る人の理解を手助けとなるように描いています。

ジョルジュ・ブラックはもともと印象派やフォービズムといったスタイルで作品を描いていましたが、1907年にピカソの「アヴィニョンの娘」に衝撃を受けキュビズムへとスタイルを変化させていきました。
そして二人は共同制作を始め、キュビズムを発展させていきます。

ブラックは特に静止したオブジェを複数の視点から見つめることに関心を持ち、光の効果や視点、技術的方法に対する研究を深めていきました。

 

● 制作年
1910年

● 所蔵
ニューヨーク近代美術館

 

おすすめ関連書籍3選

 

『ピカソは本当に偉いのか?』

 

ピカソの絵にはなぜあんなにも高い値段がつくのか?誰もが一度は抱いたことのあるこの疑問に答えてくれるのがこの一冊。

ピカソの人物像と作品を一般的な知見から紐解き、新しい芸術論を展開した本です。

この本を読めば、今まで難しいと思っていたピカソの芸術や現代美術のからくりをすっきり読み解くことができます。

 

価格¥734 新潮社

 

● 読者の感想

”「ピカソは本当に偉いのか?」というテーマを追求するだけにとどまらず、現代美術と画商、美術館の関係性や、絵画はどのようにあるべきか、という絵画の今後についてのピカソの理論についても言及されていて、とても読み応えのある本でした。”

”解説がとてもわかりやすく、読みやすくてあっという間に読了してしまいました。”

 

『ピカソ』

 

20世紀最大の芸術家であるピカソを、彼に影響を与えた女性たちを通して浮彫りにした本格的評伝。

ピカソは「人間」を創作の生涯のテーマとし、モデルとする女性がかわるごとに彼の芸術も大きく変化していきました。

ピカソにとって女性とは、モデル以上の精神的な存在でした。
そんな彼女たちとの関わりを通して、ピカソと親交のあった著者が、偉大なる巨匠の真実に迫ります。

 

価格¥734 集英社

 

● 読者の感想

”生前のピカソの直接かかわり、没後30年もの間ピカソについて考え続けた著者だからこそ書けた本だと思った。”

”今まではとてつもなく遠くに感じていたピカソのことを、少し身近に感じられる本でした。直に交流のあった人だからこそ知るエピソードがちりばめられていて、とても面白かったです。絵に興味のない人にもぜひおすすめしたいです。”

 

『現代アート、超入門!』

 

これがどうして作品といえるのか?アートとは一体何なのか?といった、現代アートに対する疑問や、アートとの付き合い方、鑑賞法について書かれた本。

発表当時は理解されなかった作品が、なぜ今現代を代表する作品といわれるのか?様々な作品を用いて解説していきます。

アートに詳しくない初心者はもちろん、アート鑑賞の方法について新たな学びが得られる内容になっています。

 

価格¥799 集英社

 

● 読者の感想

”この本を読み終わったあと、無性に現代アートが見たくなる本です。まさに現代アートの入門書といっていい本で、現代アートを勉強するきっかけになる本だと思いました。”

”なぜ現代アートがわからないと言われるのか、についてとても丁寧にわかりやすく解説されていました。どんなふうに鑑賞すればいいのか、歴史的にどんなところが評価されているのかなど、現代アートの全体像をつかむことができる本です。現代アートの見方が変わる本でした。”

 

● 知っておきたい!西洋美術史の基本知識

 



関連記事

おしゃれな部屋のインテリアに|モダン絵画・アート特集

おしゃれな部屋のインテリアに|モダン絵画・アート特集 草間彌生、奈良美智、村上隆といったアーティストの活躍により、最近益々国内での人気が高まる現代アート。 前衛的なアートを身近に感じられる、直島といったアートスポットや、日本

ゴッホのおすすめグッズ12選

ゴッホの絵を身近に持ち歩ける おすすめグッズ12選 壮絶な生涯と力強い絵から、「炎の画家」と呼ばれるゴッホ。 ゴッホは日本人から特に人気があり、オランダのゴッホ美術館には多くの日本人が訪れます。 美術館でゴッホの絵の画集やポ

タオルを綺麗に見せる収納術!たたみ方実践集

ソース タオルは生活に欠かせない日用品ですが、毎日使うものだけに、その収納場所や上手な収納方法には頭を悩まされます。 かごなどにタオルをすき間なくきれいに詰めていると、詰めた瞬間はすっきりと片付いて見えたのに、2~3本タオルを抜いた

夏を感じる!coolな絵画&アート特集

厳しい暑さが続くこの頃。 部屋の中に居ても、暑い!と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな中、少しでもインテリアに変化をつけて、見た目にも涼しい空間で生活したいですよね。 季節の変わり目は絵の模様替えの時期でもあります

美術投資!?本当のプライマリー・アートを探す方法!

美術投資!?本当のプライマリー・アートを探す方法! 美術投資への注目度が高まっている今日この頃、美術投資に興味をもちはじめた、という方も多いのではないでしょうか。 村上隆、奈良美智、草間彌生などの世界的に有名なアーティストが活躍し、