2019/09/04

アート旅箱根美術館観光   
   News    

箱根の美術館・アートスポット7選


ソース

自然豊かな箱根へ
アートの旅に出かけよう

東京から1時間半で行ける人気の観光地「箱根」。

最近では美しい自然や、温泉、グルメなどを求め、国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れています。

しかし、箱根の魅力はそれだけではありません。

箱根は芸術の地と呼ばれるほど、美術館が充実しているんです!

そこで今回は箱根の美術館の見どころついてグルメやショップ情報も合わせてご紹介いたします。

1.ポーラ美術館


ソース

自然とアートが織り成す
印象派の宝庫

ポーラ化粧品で有名なポーラ・オルビスグループの元オーナーが収集したコレクションを展示している「ポーラ美術館」。

モネやルノワールなど印象派の作品を中心に、国内外の名作を数多く保有しています。


ソース 

ポーラ美術館に訪れた際にまず見ていただきたいのが、ガラス張りの入り口です。

自然と建物が見事に調和しており、日本建築学会賞など多くの建築賞も受賞しています。

ポーラ美術館ではモネやルノワール、ピカソなど著名な芸術家の作品が鑑賞できます。

特に、日本風の太鼓橋が幻想的な味わい作り出しているモネの名作「睡蓮の池」は必見です。


ソース

ポーラ美術館の中にはおしゃれなカフェやレストランもあるので、作品を楽しんだ後でお食事も楽しめます。

一面ガラス張りの壁から見える美しい自然は、箱根旅の素敵な思い出に残ること間違いなしです。

ポーラ美術館

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
2019年12月2日(月)-12月14日(土)
アクセス
観光施設めぐりバス「ポーラ美術館」下車すぐ

料金

大人 ¥1,800
シニア割引(65歳以上) ¥1,600
大学・高校生 ¥1,300
中学生以下 無料
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで) ¥1,000

 

2.彫刻の森美術館


ソース

肌で感じる
自然と彫刻の圧倒的な存在感

自然と芸術の調和を目指して箱根に造られた「彫刻の森美術館」。

国内最初の野外技術館として、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。

 
ソース

彫刻の森美術館の魅力は何と言っても、野外彫刻の迫力です。

屋内ではなかなか見られない高さと重量感のある彫刻を間近で見ることができます。


ソース

また、写真映え間違いなしの「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」も、彫刻の森美術館では見逃せないアートスポットです。

自然光が差し込み、きらきらと輝く幻想的な光景をぜひ生でお楽しみください。

彫刻の森美術館では子供たちが楽しめるアスレチックのような作品も展示しています。

遊びながらアートを体感できるようになっているため、家族みんなで楽しめます。

ソース

素敵な彫刻の雰囲気を感じながら楽しめるカフェやレストランも人気です。

カフェでは季節限定の可愛いスイーツも楽しめるので、ホームページなどをチェックして見てくださいね。

彫刻の森美術館

開館時間
9:00〜17:00 年中無休 
*入館は閉館の30分前まで
休館日
年中無休
アクセス
箱根登山鉄道「彫刻の森駅」下車 徒歩2分
料金

一般 1600円
大学生・高校生 1200円
中学生・小学生 800円

 

3.岡田美術館


ソース

箱根最大級となる
美の殿堂

「岡田美術館」は岡田和生氏が蒐集した日本・東洋の美術品を展示する私設美術館です。

岡田美術館の中には国の重要文化財に指定された作品なども含まれており、箱根では最大規模の美術館となっています。


ソース

特に有名なのは、有名作品を揃えた日本画のコレクションです。

尾形光琳の「雪松群禽図屏風」や、伊藤若冲「傘に鶏図」など、16世紀の桃山時代・江戸時代から、現代までの作品を中心に数々の名作が展示されています。


ソース

岡田美術館の中にある風流な飲食施設「開化亭」ではお食事や甘味が楽しめます。

古民家を改装した店内は落ち着いた和の雰囲気で、つい長居してしまいたくなる居心地です。

甘さひかえめなおしるこや、一口大福など上品なスイーツをぜひ味わってみてください。

お土産には岡田美術館限定のチョコレートがおすすめです。

ドラマ「失恋ショコラティエ」のチョコレート監修を務めた三浦直樹氏による贅沢なチョコレートは見た目も味も一級品です。

その他にも、美術館には足湯カフェなども併設されているので、一日楽しめる美術館となっています。

岡田美術館

開館時間
9:00〜17:00 年中無休 *入館は閉館の30分前まで
休館日
12月31日、1月1日
アクセス
伊豆箱根バス・箱根登山バス・施設めぐりバス「小涌園」停留所からすぐ
料金

一般・大学生 2,800円
小中高生 1,800円

※ 館内は撮影禁止です。

 

4.箱根美術館


ソース

受け継がれる陶芸と
自然の神秘

「箱根美術館」は箱根にある美術館の中で最も古く、歴史が感じられる美術館です。

本館の展示室には焼き物が中心となっており、鎌倉・室町時代に製作された六古窯の壺や甕など、日本有数のコレクションが揃えられています。


ソース

箱根美術館に訪れたら絶対に訪れて頂きたいのが「神仙郷」です。

歴史的文化遺産として認められており、苔庭・萩の道・竹庭など四季折々で楽しむことができます。


ソース

その中でも苔庭は最も有名なスポットです。

庭園に生えている苔の種類の多さは日本一と言われており、しっとりとした独特な空気を感じることができます。

苔庭には200本のモミジも植えられているため、秋には真っ赤に色づいた紅葉を楽しむことも。


ソース

鑑賞に疲れてしまったら、「真和亭」という茶室がおすすめです。

箱根の大自然に囲まれながら、季節のお菓子とお抹茶が楽しめます。

四季折々の景色とともに頂くお抹茶は格別ですね。

箱根美術館

開館時間
4月~11月 9:30~16:30、12月~3月 9:30~16:00
(最終入館は閉館の30分前)、庭園は土日祝日と11月のみ
休館日
木曜日(祝日は開館)、年末年始
アクセス
小田急・小田急ロマンスカー→箱根湯本駅下車
料金

大人 900円
高校生 400円
中学生以下 無料

※ 館内は撮影禁止です。

 

5.星の王子さまミュージアム


ソース

世界中で愛され続ける
童話の世界へ

「星の王子さまミュージアム」は、世界中で多くの人に愛され続けている小説『星の王子さま』をテーマにしたミュージアムです。

園内は作者サン=テグジュペリが育ったフランスの町並みや、風景が丁寧に再現されており、当時のフランスにタイムスリップしたような気分が味わえます。


ソース

一番の見どころは、ミュージアムの中心に位置している展示ホール・映像シアターです。

写真や手紙、愛用品などによってサン=テグジュペリの生涯を振り返るとともに、星の王子さまの誕生についても触れられるスポットとなっています。


ソース

鑑賞後の休憩にはレストラン「ル プチ・フランス」がおすすめです。

まるで物語から飛び出てきたような世界観の中で、ランチのセットやコース料理など、気軽なフレンチがお楽しみいただけます。


ソース

お帰りの際は国内最大級のミュージアムショップ「五億の鈴」へ。

星の王子さまに登場する羊のぬいぐるみや、マグカップ、カレンダーなど、可愛らしいグッズがたくさん用意されています。

星の王子さまのファンもそうでない方も、不思議な世界観に引き込まれること間違いなしです。

星の王子さまミュージアム

開館時間
9:00~18:00(最終入園17:00) 

休館日
第2水曜日定休(3月と8月は無休)

アクセス
箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)約26分「川向・星の王子さまミュージアム前」バス停下車すぐ

料金

大人 1,600円
大・高校生 1,100円
中・小学生 700円

※ 館内は一部を除き撮影禁止です。

 

6.箱根ガラスの森美術館


ソース

ロマンティックな庭園と
きらめくガラスコレクション

15~19世紀にかけてヨーロッパ貴族の中で栄えたヴェネチアン・グラスなどを展示している「箱根ガラスの森美術館」。

約16万粒のクリスタルをあしらった「光の回廊」は全長10メートルにもおよび、圧巻の輝きを放っています。


ソース

館内は「ヴェネチアングラス美術館」「現代ガラス美術館」の2つのエリアに分けられており、それぞれ異なった美しさを味わうことができます。

作品だけでなく、煌びやかなシャンデリアや翼のあるライオンの絵画など、作り込まれた内装にも注目です。


ソース

ガラスの森美術館のレストラン「ラ・カンツォーネ」では、毎日本場イタリア人歌手のカンツォーネを聴くことができます。

公演時間などは公式ホームページにて掲載しているので、ぜひチェックして見てくださいね。

その他にも、ガラス作り体験やショッピングが楽しめるなど見どころ満載の美術館となっています。

箱根ガラスの森美術館

開館時間
9:00~17:30(最終入園17:00) 

休館日
無休

アクセス
箱根湯本駅から箱根登山バス「湖尻桃源台行」乗車、箱根ガラスの森下車すぐ

料金

大人 1,500円
大・高校生 1,100円
中・小学生 650円

 

7.箱根ラリック美術館


ソース

美しい装飾品で彩られた
上質空間

フランスの有名ガラス工芸作家ルネ・ラリックの作品を多く展示している「箱根ラリック美術館」。

ルネ・ラリックはオリエント急行のインテリアを手掛けた人物として著名な人気デザイナーです。


ソース

箱根ラリック美術館の魅力の一つは貯蔵作品の豊富さです。

箱根ラリック美術館では、1500点以上のルネ・ラリックの作品を収蔵しており、そのうちの230点が常設として展示されています。

香水瓶や花器、ジュエリーなど女性なら誰しも憧れるような魅力的な作品を堪能できます。


ソース

美術館1階のこだわり抜かれた美しい内装も要チェックポイントです。

有名な女優であるサラ・ベルナールに捧げられた部屋「サロン・ド・サラ」や、オリエント急行の「LE TRAIN」など有名な作品を見ることができます。

オリエント急行の車両では優雅なティータイムも楽しめるようになっています。


ソース

また、箱根ラリック美術館のショップは約30,000点もの豊富なラインナップです。

デザインフラワーやキッチン小物、アクセサリーなど他の美術館ではなかなか出会えないグッズが手に入るので、お土産にもぴったりです。

箱根ラリック美術館

開館時間
9:00~17:00

休館日
無休(展示替えのために臨時休館あり)

アクセス
JR小田原駅より箱根登山バス湖尻・桃源台行き乗車、箱根仙石案内所下車すぐ

料金

大人 1,500円
大・高校生 1,300円
中・小学生 800円

*館内は撮影禁止です。

 

「アート旅」のおすすめ記事

アートの島「直島」草間彌生のかぼちゃを見に行こう!

直島で見るべきアート作品は?観光ルートを解説

草間彌生作品が見れる!美術館・アートスポット11選

日本全国のおすすめ美術館25選

一度は行きたい 世界の有名美術館20選

 



関連記事

日本大学芸術学部出身の著名な卒業生・芸能人まとめ

今回は、日本大学芸術学部出身の有名アーティストをご紹介します。 俳優、アナウンサー、声優、落語家、小説家、写真家、映画監督、お笑い芸人...など。 日大芸術学部、通称「日芸」は、実に幅広い分野で活躍する有名人を輩出してい

豊田市美術館を100倍楽しむには?見どころ・グルメをご紹介

アート・建築好きは一度は訪れたい 豊田市美術館 いよいよ今年の夏から「あいちトリエンナーレ2019」が始まります! このタイミングで名古屋の美術館に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか? あいちトリエンナーレに向けて、

thisisgalleryのオーダーメイド絵画 注文方法と制作手順

”お部屋の雰囲気を変えるようなアートが欲しい”   そう思って探していても、 ・イメージ通りのアートが見つからない ・探し方がわからない ・理想のサイズと違う といった理由で購入を諦めてしまう方も多いのではないでし

ゴッホの作品を解説「ひまわり」を含む代表作14選

「炎の画家」ゴッホが残した 名画14選を徹底解説 「炎の画家」ゴッホ、彼の残した力強く色彩感のある絵画は、日本だけでなく世界中の人に愛されています。 現代の人気とは正反対に、その生涯に1枚しか絵が売れなかったというゴッホ。

フィキサチーフ(定着剤)の種類と使い方

ソース 「フィキサチーフ」という言葉をご存知でしょうか? 美大でアートを学んでいたり、デッサンをやったことがある方はご存知かもしれませんが、多くの方はフィキサチーフと言われてもなんのことか分からない方も多いと思います。 一見難しそ

 

TOP