2018/09/28

アメリカイギリスイタリアオランダオーストリアスペインデンマークフランスメキシコ中国   
   特集    

一度は行きたい 世界の有名美術館20選

海外旅行などで観光地の1つに紹介されることの多い美術館。

美術館は、絵画だけでなくその国、地域の歴史・文化を物語る美術品、工芸品が多く展示されています。

世界的に有名なルーブル美術館やプラド美術館、エルミタージュ美術館といった宮殿を利用した大型美術館から、上質な個人コレクションを公開する美術館までその形態は様々。

今回はそんな美術館の中でも特に、人生に一度は見ておきたいおすすめの美術館20選をご紹介します。

 

 

1.ルーブル美術館

フランス

世界一有名な美の殿堂
ルーブル美術館

言わずと知れた美の殿堂、ルーブル美術館。
世界にこの美術館の名前を知らない人はいないのではないでしょうか。

美術館の観客動員数はなんと世界1位。芸術の都パリの観光地としても高い人気を誇ります。

広い館内に所蔵されているコレクションの数はなんと3万5000点以上。

『モナ・リザ』をはじめとする世界の名画、名作が展示されています。

ルーブル美術館(Musée du Louvre

住所 Place du Carrousel, 75001 Paris, France

開館時間 (月、木、土、日)9:00〜18:00(水、金)9:00〜21:45

休日 火曜日、1/1、5/1、12/25

料金 €15

公式HP http://www.louvre.fr/jp

 

 

2.メトロポリタン美術館

アメリカ

世界三大美術館の一つ
メトロポリタン美術館

ルーブル美術館と並んで世界三大美術館の一つに数えられる、メトロポリタン美術館。

ニューヨーカーからは「MET」の愛称で親しまれています。

そのコレクションの数はなんと、37万5000点以上!

ジャンルは多岐に渡り、古代文明の美術品・遺跡から現代アートまで、1日ではとても全ての展示を見ることができません。

メトロポリタン美術館(The MET)

住所 1000 Fifth Avenue at 82nd Street New York, New York 10028-0198

電話番号 +33(0)1-4049-4814

開館時間 (日〜木)10:00〜17:30(金・土)10:00〜21:00

休館日 感謝祭、12月25日、元旦および5月第1月曜日

料金 $25

公式HP http://www.metmuseum.org

 

 

3.バチカン美術館

イタリア

ローマ・カトリックの至宝
バチカン美術館

ローマ・カトリックの総本山、バチカン市国。

代々ローマ法王が居住としたバチカン宮殿では、イタリア・ルネサンスの至宝を見ることができます。

何と言っても素晴らしいのはミケランジェロ作「システィーナ礼拝堂」。

ミケランジェロが4年の歳月を費やしたこの天井画は、死ぬまでに見たい名画の一つです。

バチカン美術館 (Musei Vaticani)

住所 Viale Vaticano, 00165 Roma RM, 

開館時間 9:00〜16:00(木〜21:00)

休日 日曜日(毎月最終日曜は無休)

料金 €16

公式HP http://www.museivaticani.va/content/museivaticani/en.html

 

 

4.エルミタージュ美術館

ロシア

1764年にまで歴史を遡るエルミタージュ美術館。

ロマノフ朝の財宝とソ連誕生後に国有化されたコレクション約300万点を所蔵する、世界に類を見ない超大型の美術館です。

ダヴィンチをはじめとするルネサンスの巨匠作品から、印象派を中心とする近現代絵画まで、幅広いジャンルの名作を展示しており、人生に一度は訪れたい美術館の1つです。

エルミタージュ美術館(Hermitage Museum)

住所 38 Palace Embankment, Dvortsovy Municipal Okrug , Cental District, Saint Petersburg

開館時間 10:30〜18:00(水、金10:30〜21:00)

休日 月曜日

料金 700RUB

公式HP http://www.hermitagemuseum.org/wps/portal/hermitage/?lng=ja

 

 

5.プラド美術館

スペイン

フランス美術の名品が揃う
プラド美術館

スペイン王家のコレクションを公開するプラド美術館。

そのコレクション数は2万1600点。ディエゴ・ベラスケス、フランシスコ・デ・ゴヤといったスペインゆかりの画家の作品を多く所蔵しています。

ヒエロニムス・ボス作『快楽の園』を所蔵していることでも有名な美術館です。

プラド美術館(Paseo del Prado)

住所 C/ Ruiz De Alarcon 23, Madrid

開館時間 10:00〜20:00/(日曜日・祝日~19時)

休日  1/1、5/1、12/25

料金 €15

公式HP www.museodelprado.es/en

 

 

6.オルセー美術館

フランス

フランス絵画の歴史を伝える
オルセー美術館

フランス絵画の歴史を知るにはやはり、オルセー美術館をおいて他にありません。

印象派の父マネから、セザンヌ、ゴッホ、モネ、ゴーギャンといった、その後の歴史を紡いでいった画家たちの軌跡をここで知ることができます。

美術好きには「ルーブルよりオルセー」と言う人もいるほど評価の高い美術館です。

かつての駅舎を利用した建物には、ガラスの天井から光が室内へ降り注ぎます。

オルセー美術館(Musée d’Orsay)

住所 62 rue de Lille 75343 Paris cedex 07 France

開館時間 (火、水、金〜日)9:30〜18:00(木)9:30〜21:45

休日 月曜日、5/1、12/25

料金 €12

公式HP http://www.musee-orsay.fr

 

 

7.ナショナル・ギャラリー

イギリス

イギリス随一の美の殿堂
ナショナル・ギャラリー

イギリス、ロンドン随一の美術館として有名なナショナル・ギャラリー。

ゴッホ作『ひまわり』を展示していることでも有名ですが、他にも歴史的価値の高い作品を多く所蔵しています。

しかも、その全てがなんと無料で見られるという素晴らしい待遇。

イギリスに来たらまず訪れるべき観光スポットの一つです。

ナショナル・ギャラリー(National Gallery)

住所 Greater London, WC2N 5DN

開館時間 (火~日) 10:00~20:00

休日  月曜日(7・8月は開館)1/1、12/25

料金 €13

公式HP Foursquare.com

 

 

8.美術史美術館

オーストリア

オーストリア・ウィーンにある美術史美術館は、ハプスブルク家が収集した、19世紀までのヨーロッパ絵画の名品を公開する美術館です。

コレクションは、オーストリア、ドイツ、スペイン、イタリア、ベルギー、オランダといったハプスブルク家の領内の有名画家の作品が中心で、ブリューゲル作『バベルの塔』を所蔵する美術館としても有名。

有名画家の、特に名画と呼ばれる作品を所蔵した質の高いコレクションが特徴です。

美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)

住所  Burgring 5 1010 Wien

開館時間 時期により異なる

休日 なし

料金 €15

公式HP http://www.khm.at/

 

 

9.国立故宮博物院

台北

中国の至宝がずらり
国立故宮博物院

台北にある国立故宮博物院は、中国最後の王朝、清朝の至宝を公開する美術館です。

69万7,000点以上の古代の中国の美術品を所蔵しています。

特に見ておきたい作品は、『翠玉白菜』や『肉形石』といった工芸品。現代の技術では成し得ない、超絶技巧の工芸品に感動することでしょう。

国立故宮博物院( 國立故宮博物院)

住所 中華民国(台湾)台北市士林区至善路2段221号嘉義県太保市故宮大道888号

開館時間 8:30〜18:30(金、土は夜間も開館 18:30~21:00)

休日 なし

料金 350元

公式HP https://www.npm.gov.tw/ja/

 

 

10.ウフィツィ美術館

イタリア

イタリア・ルネサンスの全てが分かる
ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館は、イタリア・ルネサンスを影で支えたと言われるイタリア随一のパトロン、メディチ家歴代のコレクションを公開しています。

ボッティチェッリ、ダヴィンチ、ミケランジェロをはじめとするルネサンス期の美の至宝を集めた美術館。

1580年から現在に残る、ルネサンス様式の建物も全てが芸術品です。

ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)

住所 Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI

 開館時間 8:15〜18:50(1/3~12/31)【5/31~9/27の火曜は~22時】

休日 月曜日、1/1、5/1、12/25

料金 €8

公式HP http://www.polomuseale.firenze.it/

 

 

11.アムステルダム国立美術館

オランダ

オランダ絵画の至宝が揃う
アムステルダム国立美術館

オランダを代表するアムステルダム国立美術館。

主にオランダ絵画を中心としたコレクションを公開しています。

この美術館で有名なのは、何と言ってもオランダ絵画の巨匠、フェルメールとレンブラントの作品。

レンブラント作『夜警』、フェルメール作『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む青衣の女』、この3作品は必見です。

アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)

住所 Museumstraat 1, Amsterdam, 

開館時間 9:00~17:00

休日 なし

入館料 €17.5

公式HP  http://www.rijksmuseum.nl

 

 

12.ニューヨーク近代美術館(MoMA)

アメリカ

世界随一の近代アート美術館
ニューヨーク近代美術館

現代アート好きなら一度は訪れたい、ニューヨーク近代美術館。

ニューヨーカーからは通称「MoMA」の名で親しまれています。

近現代絵画、アメリカのポップアート、そして世界の現代アート作品を展示するこの美術館は、ヨーロッパからアメリカへその拠点を移した美術史の一つの転換点を知る上で、欠かせない美術館と言えるでしょう。

ニューヨーク近代美術館(MoMA

住所 11 W 53rd St, New York, NY 10019

開館時間 10:30〜17:30(金曜~20:00まで)

休館日 11月の第4木曜日、12/25

料金 €25(毎週金曜日の夕方4時以降はユニクロの協賛で無料)

公式HP http://www.moma.org/

 

 

13.グッゲンハイム美術館

アメリカ

現代アート好きなら一度は訪れたい
グッゲンハイム美術館

ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営する、グッゲンハイム美術館。

そのユニークな見た目からニューヨーカーからは「かたつむり」の愛称で親しまれています。

美術館の内部は1階から6階まで続く巨大な螺旋状のスロープで構成されており、平衡感覚を保ちながらの美術鑑賞は、新しい体験を私たちに与えてくれます。

現代アートの挑戦的な企画展を多く開催しています。

グッゲンハイム美術館

住所 Avenida Abandoibarra 2, Bilbao

開館時間 (火~日)10:00~20:00

休館日 月曜日(7・8月は開館)、1/1、12/25

料金 $13

公式HP www.guggenheim.org

 

 

14.テート・モダン

イギリス

世界の美術館(ヨーロッパ~)_ページ_35_画像_0001
ソース

現代アートを発信するロンドンのシンボル
テート・モダン

イギリスの現代アートを代表するスポット、テート・モダン。

発電所を改装した巨大な美術館は、展望台やショップも併設した複合施設として観光客からも人気があります。

近現代美術の名作から、最先端の現代アートまで、美術界のトップを走るイギリスならではの展示をここで見ることができる、イギリスで最も熱いアートスポットです。

テート・モダン(Tate Modern)

住所 Bankside, London SE1 9TG,

開館時間 (火~日) 10:00~18:00(金・土~22:00)

休日  12/24~26

料金 無料

公式HP http://www.tate.org.uk/modern/

 

 

15.ポンピドゥー・センター 国立近代美術館

フランス

パリ随一の現代美術館
ポンピドゥーセンター国立近代美術館

ポンピドゥーセンター国立近代美術館はパリで現代アートを発信する美術館です。

ピカソ、カンディンスキー、マティスをはじめとするアーティストの作品を約10万点コレクションし、同じ近現代美術の作品所蔵数では、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に次いで世界第二位を誇ります。

美術館の最上階から眺めるパリの絶景も必見です。

ポンピドゥーセンター国立近代美術館Centre Pompidou

住所 Place Georges Pompidou | Place Georges Pompidou, 75004 Paris, France

開館時間 (月、水、金〜日)11:00〜22:00(木)11:00〜23:00休日:火曜日、5/1

料金 €12

公式HP https://www.centrepompidou.fr

 

 

16.ビルバオ・グッゲンハイム美術館

スペイン

美術館建築の頂点
ビルバオ・グッゲンハイム美術館

ニューヨークのグッゲンハイム美術館と同じく、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営する、ビルバオ・グッゲンハイム美術館。

世界的にも有名な建築家のフランク・ゲーリーが設計し、現代建築でもっとも称賛される作品として名高い美術館です。

かつてはスペイン屈指の工業都市だったビルバオは、この美術館の公開によって最初の3年間に400万人を集め、約5億ユーロの経済効果を得たと言われています。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
(Guggenheim Bilbao Museoa)

住所 Avenida Abandoibarra 2, Bilbao

開館時間  (火~日) 10:00~20:00

休日 月曜日(7・8月は開館)、1/1、12/25

料金 €13

公式HP http://www.guggenheim-bilbao.es

 

 

17.ゴッホ美術館

オランダ

ゴッホファンなら一度は行きたい
ゴッホ美術館

ゴッホが生まれたオランダには、彼の作品を多く所蔵するゴッホ美術館があります。

『ひまわり』をはじめとするコレクションが約1,400点以上。同時代を生きた、モネやロートレックの作品も展示されています。

作品は年代順に並べられ、家族との関係や様々な画家との交流など、画家ゴッホについて深く知ることのできる美術館です。

ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)

住所 Van Gogh Museum Museumplein 61071 DJ Amsterdam

開館時間  10:00~18:00(木~20:00)

休日 無休

料金 €14

公式HP https://www.vangoghmuseum.nl/

 

 

18.オランジュリー美術館

フランス

ソース

モネの「睡蓮」の世界に包まれる
オランジュリー美術館

印象派の画家クロード・モネの大作「睡蓮」が部屋の壁一面に展示した特別展示室があることで有名な、オランジュリー美術館。

視界の360°を取り囲む「睡蓮」の世界にじっくりと浸ることのできる世界で唯一の場所です。

印象派好きなら一度は訪れたいスポットです。

オランジュリー美術館Musée de l’Orangerie

住所 Jardin des Tuileries Place de la Concorde

開館時間 9:00〜18:00

休日 火曜日、5/1、7/14、12/25料

料金 €9

公式HP http://www.musee-orangerie.fr

 

 

19.カンクン海底美術館(MUSA)

メキシコ

世界で唯一海底に沈む美術館
カンクン海底美術館(MUSA)

メキシコ最大のリゾート地、カンクンには、世界に唯一の海底美術館があります。

カンクン国立海洋公園が、珊瑚礁を守るプロジェクトの一環として始めました。

海底には、イギリス人の彫刻家ジェイソン・デカイレス・テイラーの作品が設置され、ダイビングしながら楽しむ新しいスタイルの美術館です。

カンクン海底美術館(MUSA)
(Underwater Museum of Art )

住所 Blvd. Kukulcan Km. 15.3、La Isla, Zona Hotelera、77500 Cancún, Q.R,Mexico

料金・開館時間 ツアーによって異なります。

公式HP http://musamexico.org/

 

 

20.ルイジアナ美術館

デンマーク

世界一美しい美術館
ルイジアナ現代美術館

 

 

ルイジアナ現代美術館
(Louisiana Museum of Modern Art)

住所 Gl. STRANDVEJ 13 3050 HUMLEBÆK

 開館時間  11:00~22:00(土・日・日~18:00)

休日  1/1, 12/24,25,31

料金 DKK115

公式HP  en.louisiana.dk

 

一度は行きたい 日本全国のおすすめ美術館はこちら

 

関連記事

フランスおすすめ美術館12選

”芸術の都”を堪能しよう フランスの美術館 芸術の都、パリ。フランスに行くなら、目的の一つに入れたいのが美術館ですよね。 街全体が芸術作品とも言えるような美しい国フランスには、ルーブル美術館やオルセー美術館、ポンピドゥー・セン

メキシコのおすすめ美術館7選

独自の文化と最先端のアートを楽しむ メキシコの美術館 長い植民地支配の歴史を持つメキシコは、独自の民族文化と芸術が発達した国です。 そんなメキシコの美術館では、日本や欧米諸国では見られない異色感の強い作品を見ることができます。

ファン必見!草間彌生美術館への行き方と見所をご紹介

草間美術館がついにOPEN! 2017年10月、新宿に待望の「草間彌生美術館」がOPENしました! 作品だけでなく、美術館の外観や内装もドット・水玉でデザインされ、草間彌生ファンにはたまらない、新宿の隠れたアートスポットです。

イギリスのおすすめ美術館6選

古典から現代アートまで 美術の最先端を行く ロンドンの美術館 ホテルの部屋に飾られた絵画や、街じゅうで見つけることができるギャラリーやアート。 イギリスでは日常生活の中でアートに親しむ文化が根づいているように感じます。 身近

【アート入門】今さら聞けない美術館での鑑賞マナー

  あなたはどんな時、 美術館に足を運びますか? 美術館に行く動機やモチベーションは人それぞれ。たくさんの人がそれぞれの動機で作品を見にやってきます。 年齢、性別、国籍、職業も違いますし、人数も個人、カップル、団体など